2011年2月アーカイブ

鯛焼き2.jpg

骨さんからのメッセイジ:

ウローの得物は、世界一大きい鯛焼きと(普通の)アップルパイです。
ウローでは荷が重いです。
「包丁使え」と言えばその通りですが、出先での事で荷物を軽くしたかったので、
無理矢理ウローを使いました。
 ウローナイフを見た方から、手にとって
「これ良いね」
と言っていました。
 ウォーレンの包丁をお願いしていますが、小型の三徳包丁に拘るのは単に小さ
い方が
値段が安くなるからです。
ウローナイフの12000円の値段で普通の三徳包丁を買うと相当良い物が買えます。
三徳包丁の形は作業用に使うにしても使い易い形をしています。


市より、
どどっ! 大焼き!!
こんな鯛焼きってどこにあるんですかい?
あんこも入っているんですね?
どんな人が買うんですか?
骨さん独りで、まさかたべませんよね? 笑い

ウチで鯛焼きパーティーをやり鯛ので
ヨシは持ってくるべし。

ところで三徳ナイフの形状はどこで見ることができますか?

解放の予感

| コメント(2) | トラックバック(0)

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110227-OYT1T00620.htm?from=top
【北京=大木聖馬、ウルムチ=関泰晴】中国の胡錦濤政権は27日、中東や北アフリカの民衆抗議行動に倣い、中国各都市で2週連続で呼びかけられた民主化要求集会を、圧倒的な警察力による厳戒態勢で抑え込んだ。読売新聞より

「海外あるいは香港発とみられる呼びかけは、前回20日の13都市から27市に拡大した。「我々が欲しいのは、食べ物、仕事、住宅、公平、正義だ。一党独裁の終結、報道の自由を要求する」

おはばんで〜す!
今朝はゴキゲンなニュースで始まりました〜♪
こうなってくると共産党の危機は拡大の一途ではないかと、、

CIAあたりが香港の民主活動家と組んで中国にいる改革の志士たち
を支援しているという気がしますが、こういった戦術には共産党も
苦戦しますね〜

デモ隊に発砲したら西側の思うつぼなのが判っているし、
かといって強権発動しないと民衆は膨れあがるばかりですからね〜!
今となっては大量殺戮をやって覆い隠すことは難しすぎで・・・

独裁は永続が難しいことを毛沢東の子供たちは忘れており、
それが命取りとなりそうですね〜

小さなデモは年中行事だった中国ですが、これをきっかけに
国全体に波及するといいですね〜

中国の民主化で平和ボケ日本の寿命が延びるわけですから
日本政府もインターネットで中国の民衆を励ましてほしいですね〜
まあそんな政治家はいないでしょうがね〜

政権は銃口より生まれ
政権は民衆によって倒される
by 市タクトー

ステイジバッグ.jpg

テッポ以外の使い方なんて考えたこともなく、
そういう意味では不便だと想っていました。
でも自分としては旅行にいくときラーメンだの玄米だのを
仕込んで持っていくわけですが・・・

そして愛用者の方よりこんな画像が!・・・
このドクターは患者をヘリコプター搬送する際、
揺れて狭い機内でどうやって確実に素早くアンプルを探して取り 出して
投与できるのか悩んだことがあり、いろいろと自分で工夫している
のだそうです。

「我々のステイジは臨床現場」ですので、使用哲学としては
間違っていないと思います(笑)
という嬉しい文もいただきました。
 
この写真でバッグの下にあるのが救急カートで、これを運ぶ前に
ドクターはステイジバッグだけを掴んで現場に向かえばよいのだそうです。
そうすれば、救急カートがゴトゴトやって来るまでの時間を稼げるという
わけだそうです。

はっきしゆってテッポをステイジバッグに入れてワシが射場に向かうより
ドクターが患者に向かって早足で歩く姿の方が数倍カッコイイかと。
負けました〜m(__)m

ワシ、早く病気になってこんなドクターにかかりたいです〜(^◇^)
医師といっても「毒多ー」と呼びたいロクデナシも多いですからね〜

"さて、ステイジバッグですが手術室を通る人は必ず足を止めております"
なのだそうで、これを見た人はどう想うのですかね〜?


近未来、こういうことがすでに起こっていた・・・
ある個人医院の大病院の前に一台のクルマがスピードを
出したまま停まっていた。
車内からはAKをもった男達がもの凄い勢いでオモムロに這い出てきた。
彼らはあたりかまって撃ち始め、周囲には無傷の死体が累々と整然に
ならんだ。
警備室から市彦が飛び出してゆく、手には輪胴式のコルトガバーメント
が握られていた。
その姿を見送った看護婦はドクターにステイジバッグを渡しながら言った
「センセ、早く行ってください怪我人がでますっ!」
するとセンセはゆったりとした姿を崩さずに言った
「あいつが発砲したら必ず殺すので無駄だよ、それよりも
すぐに角膜を始めとする内臓類の保存準備をしなさい、市は脳だけを
撃つという契約で雇っているので、これでかなりの利益となるハズだから・・・」

嗚呼、諸君、ワシは68才になったらこんな馬鹿なことなどいっさい書かない
もんだと想っていたよ、、、
馬鹿〜は〜あ、死ななきゃ、なおら〜ないっ、、とね 

IMG_1942_1.jpg

刃の形状は日本人の市が、柄はウォーレンというディザインです。
なんかすっかり見慣れたモノのような、、ムカシから使ってるような
雰囲気を醸し出しています。
あっけなく出来ちゃったな〜という気がしています。

そうそう、刃長143 mm 厚さ2.7 mm 全長27.5 cmで〜す。

請う、ご意見!!

IMG_1941_1.jpg

日本の庖丁で多くの人が殺されるのは片刃だからであり、
片刃は殺人のためにあるので片刃は禁止すべきあります。
骨の間からでもすうっと体内に入って内臓を切断してしまう
危険な片刃を放置しておく日本人は野蛮としかいいようがない。

ははは、そんなムチャな〜!!
ただ動物を解体するのに効率が良いだけのことですよ、、ねっ?

机の上で撮ったので刃が青みがかっていますが、これは
銀色です、ちゅうかチタン特有の黄色がかった素材の色です。
知らない人にはアルマイトにしか見えなくてもチタンを識る
人だと、それはアルマイと・・・と言うでしょう(^o^)

そして、おっ! タイテイニアムだな・・・と低くつぶやくわけですね (^O^)/

IMG_1939_1.jpg

昼前に届きました。
さっそくキャベツを切り、トンカツも切りました。
まずは画像をどうぞ〜

おはば〜んっ!
このところ仕事は少しだけやって大半はホキマで撃っています。
ムーヴァー撃ちは三日目にして止め、ホキマで25ヤードから4インチの
黒丸を狙って撃ち続けているんです。
題して「静止ムーヴァー」(*^^)

これがうまくできないのでは動く標的など撃てるわけもないわけで、
ここで踏みとどまる決心をしました。
5秒間に3発、これを連続4回、計12発を10cmほどのターゲットに命中させる
というチャレンジなのですが、いやはや〜!・・・自分のダメさがモロ出し
でいやになりますよ〜
ガク引きをあぶり出すために半分はダミー弾を混ぜるのでスライドを
引く回数は一日で数百回におよび、三日目には左親指の指紋が消えて
しまいました。(@_@;)
終わりにはとうとう皮膚が破けて血が流れましたよ。痛いですよ〜!

ダミー弾混ぜ撃ちを納得できるまで続け、そこで検定試験の12発撃ち。
これで必ず外すので再びダミー撃ち、、、そして検定、そしてダミー、、
この繰り返しなんです。

そしてようやく昨夕に一勝できました。12発全弾がXに入ったのです。
このときだけは心身ともに充実した撃ち方ができました。
これが毎回できるようになれば素晴らしいのですが、あの「充実」が
身についたかといえば、ノーなんですね〜 自信ないです。

今朝は4時起き、
でも雨が降っています。風も強いです。寒いです。
なんと天気予報には雪マークが!!
マリポの雪は30年に一度と言われています。ワシも一度しか経験して
いません。しかし近隣の山は雪化粧なのでひょっとすると・・・

さて、今日のチャレンジは天気の悪さを言い訳にしてとり止めるのか
どうか・・・身も身体もちょっとカナリ疲労しており、暖房のかかった
部屋で仕事のマネなどしていたいものですよ〜

ところで、
http://www.yomiuri.co.jp/feature/20080115-899562/news/20110224-OYT1T00860.htm
【ソウル=竹腰雅彦】24日の韓国紙、朝鮮日報は、北朝鮮内部の消息筋の話として、中国との国境に位置する北朝鮮・新義州で18日ごろ住民の抗議行動が起き、数百人が治安部隊と衝突したと報じた。
今朝の読売新聞にはこんな記事が・・・。

いくら洗脳がうまくいっても、この寒空の下で食料がなく電気も切られては
独裁体制もあまり長くは続かないわけで、そろそろ韓国人が豊かに暮らして
いるという情報も人民の間には行き渡ってきているころで機は熟してきたの
ではないですかね〜

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110223-OYT1T00829.htm?from=top
この読売記事を読んでくださいな♪

【ソウル=仲川高志】
朝鮮日報は23日、北朝鮮西部・平安北道ピョンアンプクト
の複数の地域で今月14日、電力供給や食料を求める抗議行動が
起きたと報じた。
住民らが「もう生きていけない。明かりとコメをくれ」
などと叫び始め、最終的には各地で数十人規模に拡大した。
体制批判を取り締まる国家安全保衛部が調査を始めたという。

これが事実だったら嬉しいですね〜
北朝鮮に関しては20冊以上の本を読み、民衆蜂起でジョンイル一家を
やっつけてほしいとずっと願っていました。
ここで行動を起こした人々は殺されるのを覚悟のうえだと想い、
事実かなりの民衆が死ぬことになるかと・・・
しかし軍隊内にも当然ながら問題意識を秘めた兵士たちがいるわけで
彼らが立ち上がってくれるとうまくいくのですがね〜

ここから波及して中国の人民も立ち上がってくれたら、
こいつは日本にとって神風ですね〜

遅ればせながら飯柴氏の「日米同盟崩壊」に着手しました。「お・・・おぅ・・・」と悔しくも納得させられる内容の感じかたから察するに自分は日米同盟に堂々と乗っかってた人間の一人だったようです。 もし有事の際、米国が日本のために核兵器を使った場合その後の日本はどういう態度(考え)で米国と付き合えばいいのでしょうかね?素直に「米軍、さんきゅ~」ってわけにはいきませんよね。by チャップマン

市より、
米国が日本を守るという名目で核を使うとしたら今の状況だと相手は中国だと
いうことになるのでしょうね。

北朝鮮がいきなり核ミサイルを日本に撃ち込んだとしても米韓の通常兵器のみで
完膚無きまでに叩きつぶせると想われますよね。

中国に対して核使用というのはアメリカが重大な劣勢に立たされた場合であり、
その時はすでに日本には中国軍が上陸しており、日本を助けられる
状態ではなくなっており、アメリカ自身の危機から逃れるために中国本土に
向けて核攻撃するわけでしょうから「核の傘」に入っているから安全だと
いう考えは捨てたほうがよいのではないですかね〜

アメリカが核大国であることが抑止力となって中国共産党の世界制覇の
野望を抑制しているだけのことで、日本にとって核の傘なんて
ビーチパラソルよりも存在感の薄いものだとワシは想うんですよね〜

>米国が日本のために核兵器を使った場合その後の日本はどういう
態度(考え)で米国と付き合えばいいのでしょうかね?

実は日本のために核を使うのではなく、米国自身が生き延びるために
ギリギリの正当防衛として核を発射するわけで、そうなるとたがいの
衛星を破壊しあいながらワシントンも核攻撃を受け、人類史上における
未曾有の大戦争なるので日本は相手にもされないでしょうね。

今のうちに日本が核武装をしておけば、結局はアメリカ将来の安全確率
が高くなるので賢い選択だとワシは考えるんですがね〜

憲法を変えて自衛隊を軍隊にしたとしても、中国軍を相手では勝ち目など
なく、日本軍は10万の兵士を失うだけでも大打撃なのに
相手の共産党としては一億や二億の貧民を失うほうが国内的にも
都合がよいと考えているでしょうから勝負は決まっているかと。

日本の海には核武装した潜水艦が数十隻も潜んでおり、本土が
侵された場合は北京などの共産党そのものを直撃できるという後ろ盾
があれば軍隊の存在感もあるわけで・・・

でも、そのまえに世界はいよいよ「キリスト様対アラー様」による
超特大戦争に突入する可能性が色濃くなってきましたね〜

未来の地球で反目しあいながらも繁栄する国は「中国とロシア」で
彼らが、わがプラネットの主役となるかもしれませんね〜

こうして観るに、良心めいたものを持った国は気持ちが軟弱となり
滅びやすいという気がしますね〜

朝5:00を回りました。

今日も元気だテッポを撃つぞ!!

かくして秒針の早さで「返らぬ日々」が過ぎてゆきます。
皆さんも、今日という儚い一日を大切に味わって生きましょうね

どのような環境にあろうと
精神だけは自由に・・・そして心に唄を・・・

コント市号

| コメント(0) | トラックバック(0)

「持たず、作らず、持ち込ませずという非核三原則の我が国に
水爆が落とされました! いかがいたしましょう?!」

「ああ、それは持ち込みではなくてただの落下ですから
友愛の態度は変えるひつようはありませんね〜」
by 鳩

♪チャカチャンポンニーンジゴンボ♪

サンケイ新聞の世論調査では「核を保有した自主防衛」を支持する意見が
10・2%だったそうです。
ぜんぜん足りません、が、日本人も少しは賢くなり始めたような気がしますね〜

でもって、政府や国会が核問題の議論を行うことに賛成する人が
86・7%を占めたと・・・

ほんまですかね〜!!
これは良いサインですね〜

いちおー日本国民も危機感を持ってはいるんですね〜
少し安心しました〜

いや〜!
日本が核装備したら中国共産党もガラッと態度を変えますよ〜
その前に超騒ぎして開発を止めさせようとするでしょけどね〜

持たず、作らず、持ち込ませずという非核三原則など作りながら
敵が来たらアメリカさんに核抑攻撃してもらうというのでは依存症ですよね〜

ああ〜! 今日も仕事の合間によー撃ちました〜
たぶん500メガトンくらいの火薬を消費しましたよ〜 (^o^)
手が痛いで〜す、、まだ7:40pmなのに眠くて眠くてマブタがナマリ化して
いま〜す。

巧くなったかといえば、ダウンロードが10.2%進んだくらいですかね〜(=^x^=)

おはばんわ〜!
日曜日だった昨日は家族ピクニックにつぐ猛練習でクタクタになり
パソ子も開けられず、遊びつかれた子供のように眠り込んでしまいました。
猛練習といっても、カップガンを抜いて3秒以内に一発撃つ、距離25ヤード、
ターゲットサイズは4インチというもので、12発撃ったらターゲットを
ペイントしてまた撃つというものです。これを延々と繰り返すわけですが
毎回自分のスタンスを決めてキレイに「ビアンキドロウ」を決め
前傾姿勢と腕のロックアップを予定のカタチに持ち込み、指はこれまでよりも
深くトゥリガーに入れ、不動の心で引き金を引く、、というものです。

これがすごく難しく、自分は大切な基礎が出来てないことを
思い知らされ、自分は習得することにに対して
なんと頑固なんだろうとあきれてしまいます。
前回ムーヴァーをクリーンできたのはマグレかラッキーであり、
実力なんてまったく伴っていないんです。
ただ、今年は例年よりも真剣な気持ちで練習するという気持ちが
湧いているのが救いなだけなんです。
でも真剣だから実力がつくというものではなく、正しい訓練を
積まないかぎり向上はないわけで・・・。

さらに、同じ事を繰り返すことの苦手なワシにとってこれはゴーモンに近く、
しかしここを卒業できなかったら試合に出てムーヴァーを撃つ資格もないの
だと判っており、ここで踏みとどまることにしました。

今朝は5時に目覚め、明るくなるのを待ってホキマに行きます。
これからは毎日、仕事前の100回ドロウをやろうというわけです。
今までは時間を盗んではやっていたことを「正課」として毎朝やろうという
わけなんです。それでもあと3ヶ月しかなく足りるわけもないのですが、
ひょっとしたら見えかけているものが見えるかもしれないので
頑張りたいわけです。

そんなふうなので皆さんの書き込みに対してコメントする時間がなく、澄まない
気持ちでおります。お許しください。

6:30am 空は明るくなってきました。
コーフィーとベゴを飲み食いし、それでは行ってきま〜す。

これは読売の記事ですが、
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110220-OYT1T00215.htm?from=main1

ハイライトはここです、
嗚呼、日本人患者はここまで来たか・・・「美徳」は死語となりにけり・・・市

 ◆深刻化
「何で俺を先に診察せんのや」。先月初旬、ある病院の救急処置室。路上で倒れ、救急車で運ばれてきた男が声を荒らげ、男性医師に突っかかった。病院には当時、心肺停止状態の別の患者がおり、その処置を優先したことに激高した。

 職員や看護師6人が取り押さえようとしたが、男は医師の胸を数十回突き飛ばし、病院が警察に通報。男は暴行容疑で逮捕された。

 別の病院でもその数日後、「質問が気に入らない」と、職員の顔を殴った男が傷害容疑で逮捕された。

 「早く処置をしろと言って胸ぐらをつかんだり、備品を蹴ったりするのは日常茶飯事」「看護師の首を絞め、殺すぞとすごむ患者までいる」......。複数の病院の担当者がそんな現場の現状を明かす。ある病院が職員約100人を対象に院内で調査したところ、4割が「患者から、身体的暴力を受けた」との結果が出た。

mail_1maime.jpg

ステイジバッグのメッシュポケットのゴムが外れるという
クレイムが来ています。澄みませんっ!! (m_m)

イラスティックの縫い付けのアマイものが5個ほど発見されました。
もし、お使いの方はメッシュポケをクイクイと広げてみてくださいますか?
で、もしも外れたら至急ショップにご連絡ください。新しいものを送らせて
いただきます。壊れたバッグの回収に関しては月曜日にならないと
判らないので、まだ送り返さないでください。

タフプロにとって次々と出る新製品は過去になかった複雑なものなので
縫子さんや縫太君たちに不慣れ感があるようです。

これまでの製品は作りがおおざっぱでもよかったのに、市が関与しだしたら
「ジャパニーズ グレイド」を要求するため、工場ではケムタイようでした。

しかし、今回のショットショウではかなりの人気があり、多くの訪問者から
ほめられて、彼らも一段と真剣になって聞く耳をもちはじめました。

「どこででも売っているようなもの作っていては売れはしないし
作る方もつまんないだろ?」
という市は、典型的な日本人なんですね。しかし皆さん、よその国では
日本のようなスタンダードは「厳しい」と感じるんですよ。

なので、これを頼むと嫌われるな、想ったときは昼飯をおごってやり、
サンキューと言わせてから頼むんですよ〜

このゲージツ蚊がそんなに気をまわすなんて・・・とほほほ
日本人は辛いよ (-_^:)

暴力とは?

| コメント(8) | トラックバック(0)

今日は土曜日、断続的にホキマ射場に通い、セッセと練習しています。
ここんとこモウレツ真剣に撃っています。
今は、昼のカレーを食べにもどりました。

で、日頃から想っているんですが、
「暴力」という言葉を使わなくしたらどうですかね〜?
その代わりに「力」を使うんですよん。「パワー」ですね。
「暴」とは激しく荒々しいこと、不法なこと、無謀なこと、、
という意味ですが、これを頭にもってくるために混乱がおこるんではないかと。

「あの人が力をふるったので、この人は力をふるって対抗した」
といった考え方で始めたほうがよいのではないですかね。

だいたい、物事を善悪に分けてしか考えられない人は、自分のイーゴウを
反省すべきかと。
先に戦争を仕掛けたから悪いだとか、植民地を作ったから悪い国だとか、
赤十字が戦場で兵士を助けたから善良だとか、、
そげなこつゆうてたら、人間の姿がますます観えなくなるんではなかですかね。

アメリカに渡ってレストランで皿洗いをしていたら、仲間に韓国人がいて
「俺は日本人は嫌いだ、俺たちの国をヒドイ目にあわせたからな」
と言いました。そこで、
「そうか、じゃ君はワシを嫌いなんだな?」
と言うと、黙っていました。そこで、
「君はなんらかの理由で渡米し、なんらかの理由で日本からやってきた
ワシとここで会い、日本人だという理由で嫌いだというんだな? え?
ワシが日本人でなかったら嫌いじゃないのか? チャイニーズだったら
好きなんか? アンサーしろよ・・・ちなにみワシは君が韓国人だろうが中国人
だろうが、そういったことで君をジャッジすることはぜったいにないぞ、
君がワシの仕事仲間として有能なら好きになるし、サボってたら嫌いに
なるだけのことだよ。いったい君は韓国人なら皆が素晴らしいとでも
いいたいのか? だったらどうしてアメリカで皿洗いをやってるんだ?」

そんなことがあった翌日から彼はすごく親しく寄ってきました。
実は彼はワシを見たとき韓国人だと信じ好きになり、ところが日本人
だったのですごくがっかりしたんだそうです。でも目が覚めたと言いました。

他にも韓国人が入ってきたので「君も日本人が嫌いか?」
と聞きました。すると、
「なぁーに、どこの国も同じ人間だよ〜」
と言いました。解ってるなぁ〜!!
その後、日本人を好きな韓国人とたくさん会いました。
ランディーの親友も韓国人で父親はランクルに乗っていました。
日本車に乗る韓国人もいるんですよね。

ヴェトナム人夫婦と家を分け合って住んだこともあります、
中国人、香港人、台湾人、ハンガリー人、イラク人、イラン人、ロシア人
とも交際しました。
そして明確になったことは、いずれの国籍にせよ
交際したい人とそうでない人がいる、ということでした。
こういった体験から日本人を客観的に観ることができるように
なりました。

で、どこ人は何々だ、なんてえらそうに言う人は無知です。
それは、井の中のカワズの妄想です。

国籍とは無関係に、素晴らしい人と素晴らしくない人がいるだけなんです。
自分の思考力で個人個人を観るだけのチカラの無い人、これがカワズ君です。
自分の無知を識り、おとなしいカワズならいいんですが、
いいかげんな想像でものごとを唱えるカワズはイケズですねん。

ついでに言うなら、
無職の人はたいしたことなく、医者だと素晴らしい、、と考える人は
その心に人種差別の心が潜んでいます。あるいは短絡思考のカタマリかと。
素晴らしいの差は収入であって、性格も人格も無視しているわけですね〜
貧しい価値観というわけですね〜

だいたいに世の中にはこういった人だらけではないかと、、、

君の友人だと言える人が何人います?
ね? その少なさが物語ることは、人間世界はろくでもなしだらけだという
ことです。

優れた人とつきあえる資格とは、自分を磨く努力をする人です。
そういう自分を創れるのは、君自身ですよ。

「オレってたいしたことねえんだ! くそっ、磨くぞ〜!!」
ワシは、この心をいつも持っています。一生持っていこうと
想っています。君も、この心を忘れないで・・・

では独りでカレーを食べます。
子供たちは母親に連れられてテコンドーの試合見学です。

ウロー美人

| コメント(1) | トラックバック(0)

Image007.jpg

「必要ないもんやたらに買ってぇ〜、も〜!」
という奥方様の多い世の中で、この方のように
ウローナイフを使って楽しむ女性もおられます。
まあ確かにウローをやめて一家で寿司とか焼き肉をゴーセイに
楽しむことも大切でしょうね・・・
それはともかくですね皆さん、
ウォーレンナイフの好きな人は、こういう女性を探しましょうね〜
価値観が合わなすぎる人と一緒にいるのはタイヘーンですからね〜
ちなみにウチのナナ奥もウォーレン庖丁の模型写真を見て
「かぁっこいい!」とUてました。
やはり魚練には普通のナイフにはない個性と魅力があるようですね〜

えっ?
この女性は誰かって?
そ、それが、実は名前さえしらないんですよーん
今朝、日本のある人から送られてきたフォトなんです。
ふくよかで優しそうで佳い女性そうですね〜

G20362.jpg

これはちょっと前に家族で出かけたときのフォトですが、
いや〜! チタンナイフの独特の切れ味には血湧き肉躍りますね〜(^o^)
キリダシはちょっと手放せない生活のトゥールとなっていますよん♪

魚錬庖丁

| コメント(13) | トラックバック(0)

hocho 001.JPG

今週は忙しくて、ナマイキにもドタマの思考力を使ったので
疲れてしまい、金曜日になった今朝は10:00までベッドに寝そべって
いました。

昨夜、ウォーレンの手が空いたというのでムカシからほしいと
想っていたチタン庖丁をフォトショップ画像にしてメイルした
ところ、彼はG10素材を使って型紙を作りました。
刃の長さは6インチほどです。
これともっと小型なのもほしいのでやがて頼もうかと。
届いたらサバをサバいてリポートしますね。

どーしてこんなものがほしいかといえば、
ヨセミテのハーフドームに登ったとき、キャンプ用の
軽い庖丁が必要だと感じたからなんですね〜

それと「非常持ち出しグッズ」としてもいいだろうと
想うわけですよん。
魚だけでなくて「肉類」の料理もできますしね〜(^_-)-☆

ichiblog_1827.jpg

最近マグレットを購入された方々へ
手違いによりメキシコで縫製したモノが日本に送られてしまいました。
出来が良ければよかったのですが、寸法に狂いがあり
プロダクションプトとは異なったものになっているようです。
すでに購入された方には急いで新しいマグレットを作らせて送りますので、
しばらくお待ちください。
そして手元にある「マチガイ品」は返却には及びません
ので遊んでやってください。(^o^)

タフプロ社としてはアメリカにおいては安く売る必要があり、
中国やメキシコに縫製を依頼するわけで、そうなると製造管理が
行き届かないこともあるわけです。
申し訳ありませんでした。


ところで、
このハイキャパ用8連マグパウチに1911マグを突っ込んでみました。
各パウチが大きいのでマグの出し入れにストレスがないんですよね〜
だどもイカンセンのシンカンセンのカンシンセン、、
横幅がかなりあるので後の方は手探りとなり「細胴組」には
すこし使いづらいですよん (^0^;)

今年の試合にはタクレットを持ってゆき、試合中それはステイジバッグ
に押し込む予定なので、専用マグパウチを使おうかと考えています。
やっぱ1911専用の8連パウチかな〜
でもラジマグにも慣れているので捨てがたいし・・・

あれれ? またフォトが横になってしまいました、どうしてですかね〜?
ヨシ、これ立ててくれへんかぁ〜 おおきになぁ〜 ほな頼むでぇ〜

日曜日に一気に読んでしまいました。
で、いろいろ考えていたら寝られなくなってしまいました。なので、これ幸いと
コメントを投稿させていただきました。

読み進む内にどのような結論付けがなされるのか、想像しながら読み終えました

自衛隊の組織が云々、装備が云々・・・さらに国家戦略のない日本の政府と首脳
・・・
しかしその組織のままで良いと思っているのは国民。国家戦略のない政府首脳と
、政治、外交、そして軍事(自衛隊の運用)など総合的な最高指揮官としての認識
が全くない日本の総理大臣。しかしそれらを信任したのも国民。
なぜなら日本は「最低限の民主主義国家」。仮にも民主主義国家なので、この現
状は国民が許容している、と米国側にも映るはず。
制約の中で必死に良くしようとしている一部の隊員の方々と、良識ある幹部の方
々。しかしこの国の、いや、国民の意志に阻まれ身動きできない現状では、一方的
な自衛隊批判はあまりに不公平な気がします。
一つ一つを変えて行くにはまず国民が変わらないと駄目なのだ、と言うことを飯
柴氏は結んでいるのではないか・・・そう思えるんです。
最悪の事態を迎えないためには、バッサリと患部を取り去らないといけない・・
・しかし今の日本に、それこそエジプトの国民のような行動が起こせるのか・・・
そのための一助とすべくこの本を著したのだとすれば、これをまず読むべきは我々
国民、と言うことになると思います。

時々テレビで、テレビ局御用識者(要するに世論誘導するための便利屋)が楽観
論を唱えたりします。
中国は(と言うより中国共産党は)いずれ13億超の国民を養っていけず崩壊する
、と。つまりいずれ勝手に滅んでくれるので放っておけばよい、と言う論調です。
しかしあの一党独裁を維持するのが命題のような連中が、そんな簡単に滅ぶでし
ょうか?
いざとなれば徹底的に粛清を行い体制維持に努めるでしょう。
あるいは逆に増えすぎた人口を維持するために、ますます強引に版図拡大を行う
かもしれません。そんなに甘くはない、と言うことを思い知るときが来るかもしれ
ません。
現に日本単体の政治力、外交力では対処できないレヴェルに来ているわけですし

すでに現実となった危機を認識することは出来るかもしれない。しかしそのため
に何をすべきか、と言う具体的なことまではまだ私には文章に表すことが出来ない
のです。
幸いこのイチローさんのブログには「識者」とともとれる各方面で活躍される方
々が読み、コメントを寄せてくれています。
出来ればそのような方々からのご意見がいただけると嬉しいです。


市より、
一家にせよ、国家にせよ、カネモチが一番強い。
一家の場合、自分たちの勢力を維持し広げるために用心棒や突撃隊を組織でき
警察力が弱かったりすると私兵を雇って軍閥にまで発展させることができる。
 
学級において、先生の監視が弱いばあいは、暴力的に強い生徒や徒党には
どんなに成績の良い子でも逆らえない。
これらは動物界の弱肉強食の摂理にかなっているので賢明ぶった人間の
ヘリクツはどうあれ、未来永劫に自然であり不変だ。

さて、国家のばあい、
カネモチだと軍備に大金をかけられる。
そして独裁政権だと、国家のカネをいくらでも軍費に使え、兵隊の徴兵も
無制限にできる。これに異議を唱える者は殺したり監禁したりすれば
よいだけのこと。

中国のばあい、毛沢東一家という軍閥に上層部を握られている
というのが実情だ。
カネと人民の数と核装備があれば世界を牛耳られると毛沢東は考えた。
それはまさに当たっており、すでにアメリカでさえ中国には太刀打できない。

中国の独裁政党が危険ではない、という日本人はなんらかのカタチで
中国の恩恵に浴している人種かと想われる。
かなりな数の日本の政治屋は共産党からカネをもらっていると想像される。
共産党は賢く、戦術を心得ている。それは相手方の要人を買収するという
素晴らしい戦法なのだ。この方法で毛沢東は自分たちより大きな勢力を
誇った蒋介石軍を壊滅させた。つまり相手の将軍までも買収でき、それが
勝利につながったのだと想われる。
共産党は、そういった手を日本人捕虜にも使った。多くの日本人が
洗脳され、母国を中国化するために宗教人のように働いている。

もう遅い!
日本は大中国に呑み込まれる運命だ。
今の日本は大陸からの渡来人によって構成されているという説が
本当なのかも知れない、、そしてその日本はまた再び渡来人の
母国によって併合されようとしている。
これも歴史の偉大なる渦なのだろう。

この動きを阻むとしたら、日本人が平和ボケから目覚めて
核武装すること。あるいはアメリカが中国を仮想敵国と認定し
明確な態度で対峙し、これに日本が全面的に協力すること。
または中国で市民革命が起こり、共産党が解散させられること。
この3つがワシの想う「神風」だ。
今のところ可能性があるのはアメリカと一体となった共存だ。
小事に惑わされて大鉈をふるうことのできない日本は、
その小心ゆえに滅びることになる。

日本は過去に、朝鮮や中国を植民地化しようとして占領までした。
それは失敗した。その理由は他の列強を買収するだけのカネと
交渉術が無かったこと。兵隊も軍資金も足りなかったこと。
しかし、中国にはそれらすべてが揃っている。
おそらく彼らは台湾と韓国はもちろん、日本も併合できるだろう。

200年後の歴史教科書には「アジアの変動」として、
たいして大きくもなく記されることだろう。

我々は、この歴史の曲がり角に立ち、なにひとつできずに
日々の生活に追われているだけだ。
なるほど、これで大ローマが滅びた理由がよく解ったわい。

エジプトがイスラム化する不安はあるとしても、
あの民衆パワーがうらやましい。
ワシを含め、大半の日本人はブロイラーのように目の前のエサをつついて
いるだけ。明治維新の元気はどこに失せたのか・・・。

ひっ跳べ大和の民、、などと強く想うも虚しい。

IMG_1793.JPG

今日は射撃のための一日でした >^_^<
昼食は玄米にぎりめしを射場に持ってきてもらい
家族でムーヴァーレンジの日陰でピクニックです。

終日射撃とはいえ、雑用が大半なんですよね〜
まず一回48発を撃って射場に枯れ葉剤まき、、
これがタイヘ〜ンなんですよね〜

それとカップガンのバレルやスライドを交換して
ベストな組み合わせを見つけるために試射の連続、、、
どうもやはり自分でディザインしたコンペンセイターの効きが
市ちゃん良いようですよ〜 (^_-)

そして新しいスタンスを能無しな身体に覚え込ます訓練です。
低く構え、すりあげるように抜き、両手はかなり伸ばし、
トゥリガーの一番上に指をかけ、自分のトゥリガープルを
しっかり見ながら撃つ、、
これを延々とやりました。疲れた〜! (゜◇゜)
で、フルコースはイッパツ外しでクリーン無しです。

ムーヴァーはそう簡単にやっつけられるものではないのです。
自転車のように一度乗れたからもうずっと乗れるというものでは
ぜんぜんないんですよね〜

まあ巾5cmの平均台の上を48m歩くんだと考えてください、
けっこうできちゃいますよね〜
ところが、その高さ10mで歩くんですね〜
身体が萎縮してモノスゴク大変でしょうね〜
ムーヴァーってそんな感じなんですよ〜ん

なので身体と脳のコンディションが良くないとダメなんですよん。
心と技がピタリと協調しないといかんわけで、なかなかそうは
でけんのです〜

でも、600発ばかり撃ち、久しぶりに腹一杯の練習でした〜
ふわわぁ〜 眠〜〜い(=_=) 9:20pm


寒中お見舞〜い

| コメント(3) | トラックバック(0)

IMG_2796.jpg

日本は冷え込んでいるよーですね〜
こちらは朝9時になると室温12°cもあって太陽の下だと
ぽっかぽっかで汗ばむほどになっていま〜す
日本は晴れても日光が冷たいですが、
こっちの太陽は日焼けする熱さなんですよ〜

子供たちはモーターサイクルが大好きで
娘のやつは乗せないとブリブリ怒ります。
このヤマハ、古くなったとはいえパワフルで
加速が気持ちよいですよ〜
で、このフォトは秋に撮ったもので〜す
でも昨日もこのよーに乗ってました〜

もち、子供たちを乗せるときはチョー徐行ですから
自転車なみに安全でぇ〜す

山の生活は不便かもしれませんが、
買い物好きには耐えられないかもしれませんが、
都会では味わえない自由感があるんですよね〜

♪や〜まにぃーは や〜まのぉ〜 ひーびきぃあぁりぃ〜♪

本日土曜、休業にて終日射撃なりーっ!

元アメリカ陸軍大尉の飯柴さんが、日本人とアメリカ人の間に立ち、平和ぼけの空気にすっかり馴染んでしまった我々日本人に警鐘を鳴らす一冊。
ここんところ、ステイジバッグの出荷で大忙しだったので、まだじっくり読めてないんですが、冒頭からいきなり身の縮まる思いで読んでます。

ホントにまだ読み進んでないんですけど、もうなんて言うか・・・衝撃の事実だらけで戦慄しております・・・

いや、衝撃の事実と言っても殆どのことを我々は何となく感じているはずなんです。だけどそれを見ないふりしていたのか、考えないようにしていたのか・・・しかしぼんやりとした不安を明文化して突きつけられたのが衝撃的だったのかも・・・今の日本は、まるで砂上の楼閣のようなモノ。足下の砂がいつまで持つのか・・・そんな危機感をしっかり認識することは大事だと思いました。

実際、オイラもお会いしたこともある飯柴さんだけに、その強いメッセージがグサッときてですね・・・

明日はお店休みなので、じっくり読もうと思います。

既にもう読んだという方は、ぜひその感想などをイチローさんのブログに書き込んで下さい。

この本は、特にこれからの次代を担う若い世代にも読んで欲しいと思います。

なんとなく今日はマジメなネタ(-_-)イヤほんとに読んで欲しいんですってば。
ヨシブログからの河童笑い
http://pub.ne.jp/hamono/

タクミより

| コメント(11) | トラックバック(0)

DSC00763.jpg

東GOさん 激励のお言葉ありがとうございます。
えっ!まだ注文してないんですか?ボクは先週のマッチでどうしても使いたくて
仕事抜けだしてタフプロまで買いに行きました。しかも見本のドームパウチまでズ
ーズーしく売ってもらっちゃいました。
レンジでは他のシューターもこのバッグが気になるようで、みんな覗き込んでま
した。そこらのシューティングバッグとは仕上げと質感が違いますからね。
ボクが一番気に入ってるのは、パッドで囲われたガンを入れる所。きちんと底ま
で幅が取ってあるので、パテをもったグリップやProPoint4を載せて厚みがあるガ
ンでもゆとりを持って入る所です。付属の赤青小袋はこちらではアンモとケースを
入れてますが、保温性のある材質(ウエットスーツみたいな)なのでエアガンでは
ガスやマガジンの温度を保つ効果があるかと思いました。あと外側は初めはなにも
付けないでスッキリしたデザインもいいのですが、色々道具を入れて行くとドーム
パウチがあったほうが絶対便利です。小物は何でもここに入れておけ!って感じで
バッテリーやらイヤプラグやらメガネ拭きやら結構沢山入ります。 
東GOさんも銀ダンGetですか、ボクも子供用にと2丁持ってますが、子供達がマ
ッチごっこを始めると真剣に戦っちゃいます(笑) あー早く次のマッチ行きたい
なー お互い練習がんばりましょう!

皆さん、大丈夫だとは想いますが、市おーバッグを組み立てるにあたり
ヨシのブログを参考にしてくださいな〜
http://pub.ne.jp/hamono/

http://gunshop-joetsu.sblo.jp/

昨日入荷し、遠方組には早々発送!今朝「着いた〜(*^_^*)」の連絡が!!!

今日は"待ってました"とばかりに遠方より車を飛ばして。。。。御本人の喜び
の画像は"モリケン"日記をご覧下さい!!んで御本人(小隊陸曹さん)このステ
イジバッグを持って"イチロー"さんの所へ行くかも!?(●^o^●)
by モリケン

市より、
おお〜!!・・・うるるるる・・・嬉し涙ですがな (*^_^*)
ディザインをしたっちゅうよりですね
自分がビアンキカップとスティールに出るときや、その練習のときに
気持ちよ〜く撃ちたいという念願のようなものがあり、
それで作ってもらったわけなんですよね〜

したらミッキーファラも一目で気に入ってくれ、プロトを売れ〜と
言うのでシカタない差し上げましたよ、だって大家さんですからね〜
したら、拳銃ごとに分けたいから もヒトツくれ〜こんだ買うから
ちゅったんですよね〜、、しかし大家さんからカネもとれず、、
なんせこの大土地と家との家賃がわずか月800$だもんで
バッグの二つや三つで感情を害されるとまずいので貢ぎましたよ〜
ゆっときますがこれ冗談ですよ〜
800$はホントです。
この偉大なるシューターが欲しいといって二つ使ってくれるなんて
とっても名誉なことだと感じています。
ウーマンチャンプ8連続のベラさんも使い始めてくれました。

で、日本ではよほど真剣なエアガンシューターでないと
見向いてくれないだろうと考え、150個だけ送りました。
ほんとは70個にしようとしたのですがトモがそれでは足りないと
いうので・・・
そうなんです、ワシのなかではステイジバッグを
購入してくれる日本人は70人くらいしかいないだろうという想定
なんでよね〜
シューターといっても「メタボ喫煙シューター」が多く、彼らの
たいていは厳しく戒めるワシのこと嫌っているでしょうし、、、
2ちゃんねる信者も多いようですし(^o^)

だいたいですね、
ワシが厳しく接する場合は、君たちのことを大切だと想うからであって
大切でなかったら「美味いものたらふく食って運動なんてしないほうが
楽チンだよ〜」と書くわけで、これなら敵を沢山作らないですむわけで、、
でもそう書いて批判してくる人こそ真に手強いんですよね〜
そして手強い人とつきあうほうが向上できるんですがね〜

それはともかく、
母国日本で若いシューターたちがこの作品を使うことでワシの
射撃への熱い思い入れを感じてくれることは望外の幸せなんです。
ほんとは無料で配りたいくらいなんです(^ニ^)
でも、これ材料だけで25$かかり、米国から日本への送料が1個あたり
11$もかかるんです。そして税金だなんだと盗られます。
18,500円という価格は大勉強の結果なんですよ〜!

「勉強とはイヤなことをムリにすることなり」
自分の利益を減らすほどイヤなことなんて、他になにがあります?
彼女に逃げられること、病気にかかること、家族や友人がいなくなるとこ、
仕事がキツイこと、上司が痴れ者であること、自分の訓練ができないこと、、、
まあ、いろいろありますがね〜

なんだか仕事にかかれず、うだうだとこうして書いています。
うだうだの理由ですか?
それは射場に出たいからなんですよ〜ん (;O;)
仕事をうち捨てて彼女のところに突進したいことってあるでしょ〜??
アレのもっとひどい症状なんです。
三十郎医師に「射撃キラーウ」の薬を処方してもらわんといかんです(^o^)

実は、昨日の練習でムーヴァークリーンが出たんですよ〜!!!
それも危なげない満点なんです!
毎回、トゥリガーを引く自分を見つめられ
とても気をつけて撃つことができました。
わずか2日目でクリーンを出せるなんてここ
ン10年なかったことなんです。

とはいえまだ集中の持続が足りていないので、毎回クリーンなんて
とてもムリだし試合場の雰囲気の下ではトウテイ駄目なんです。

駄目そうだからこそなんとかしたいのです。
なんとかしたかったら訓練しかないんです。
訓練したかったら射場に行くしかないんです。
仕事だの稼ぎだのと考えていたらムーヴァーとの対決は
できないんです。

で、ムーヴァーをクリーンしたらどんな利益があるかと言えば
「無いんです」よね〜
人はほめてくれます、が、それは大した意味もありません。

自分で自分を見つめ「良くやったぞ!」と自分をほめる。

これが最大の褒美かと。

でも自分にほめられたくてやっているわけでもないし・・・
ただ、自分に対して恥ずかしくないだけのチャレンジ精神だけは
絶えず心に秘めていたいものですよね〜

「人生は暇つぶしなんだから何でも好きなことをやってれば良い」

というのがワシのテツガクなんですが、
それは今を刹那的に生きて後で苦しむか、
今で汗水たらして憂いを残さず力いっぱい生きるか、
といった意味でもあり、
酒池肉林に溺れるも、極悪非道に生きるも、切磋琢磨に生きるも
実はなんでもいいのではないかと・・・

おおう、こう書いてる間に30分が経過、、

なーに言ってるんだか・・・
ただムーヴァー撃ちたさにオゴソカなふりして仕事をさぼっている
だけなんではないかと・・・

で、ですね、
オイラこんな自分がカワユクて大好き〜!!!

ガクーンンン (@_@;) チョンッ! ハッ! アヨ〜〜〜ッ!!
と、歌舞伎ふうに終わるのであった。カンラカンラ〜


初のムーヴァー

| コメント(2) | トラックバック(0)

IMG_1790.JPG

とうとうムーヴァーを始めました〜
例年は12月から撃ち、1月は元旦からやるわけですが
ちょっと期するものがあって今まで腕を暖めていました。

というのはペンジュラムを撃つのがビアンキの練習にもなる
と想ったからなんですね〜
ペンジュはターゲットが小さいのにかなりのスピードで撃つわけで
トゥリガーを繊細にかつ大胆に引くというところがビアンキに似ており
これをこなせたらムーヴァーにゆとりが出るだろうと考えていたわけです。

はたして〜!、、御利益はありましたよん♪
移動標的の10と15ヤードはいきなりクリーン!
苦手の20&25ヤードはさすがに外しましたが、それでも5回撃って
2回は10点から1発外しという好成績なんですね〜
去年は練習でもクリーンできないという低調な年でしたが
今年はちょびっとたくさん違うという感触です。
逃げるターゲットをシツコク追えているんです。

ムカシ、8位を穫ったときはムーヴァーが巧くて強くて
年中クリーンしていたものですが、その翌年から急に弱くなって
そのままどんどん弱くなって、弱いままずぅ〜っと続いてコンニチに
いたりました。
ムーヴァーに対峙したときのあの強いマインドがもどって
来なかったんですよね〜

で、去年までは「当たるのが不思議・・・」と想っていたのが、今日は
「真剣に撃てば当たって当然だ」という気持ちなんですね〜

すくなくとも今日に限っていえば、攻めのスタンスでビビルことなく
撃てました。明日の練習結果が楽しみで〜す!!

IMG_2342.jpg

ステイジバッグを待ちかねていたタクミは、タフプロまで行って
タクマの分まで購入、早速に射撃場を襲撃したそうですよ

"射撃の合間にこれが見えるのが嬉しくって・・・" とタクマは言ってました。
シューターが喜んで使ってくれるとほんと嬉しいです。

で、ようやくステイジバッグは日本に届きました。
明日あたりから予約してくださった方々に発送が始まるはずで〜す

ドウムパウチなどは生産中なので、ほどなく入荷するかと、、、
まずは本体だけで使いながら、どのような組み合わせでいくかを
じっくりと考えてみてくださいな

 イチロー様、いつも心にぐさりと刺さる言葉の数々です。
 私も、医療従事者の端くれとして常に「実った稲穂」になるべくありたいと思
います。

 この業界も「先生と呼ばれるほどのバカでなし」というお歴々が鎮座しており
まして、不遜な態度の方はやはり・・・という感じであります。

 しかしながら、ベンツやBMWに乗って時計はロレックス。パソコンはバイオ(笑
)という「ミエンゲル係数」の高い「センセ」は扱いが容易いのす。とりあえず持
ち上げておけばよろしい、ということです(笑)。
 一方で、~今の病院の院長がそうなのですが~車はトヨタ、時計はSEIKO、き
ている物もブランドではありませんが隅々まで手入れが行き届いている方というの
は一筋縄ではいきません。
 見た目で判断するわけではないのですが、少々身構えてしまいます。

 実は、私は両親に
 「他人様に何かお願いをするときは自筆で手紙を書くように」
 と教育されてきました。
 私の業界は人の出入りが激しく、以前の同僚が何をやっているのかわからない
のです。しかしながら私はお世話になった方々には転職の際には
 「どこそこで働いております、元気でやっております」
 と報告の手紙を書くよう、勉めております。
 返事の有無は気にしていないのですが、やはり教授になる方やいずれなるであ
ろうと言う方々は私みたいな人間にも「頑張れ」と返事を頂けます。

 以前、イチロー様に不躾にお手紙をお出ししたことを思い出しました。また、
このブログでも丁寧にお返事をしていらっしゃるイチロー様を見るにつけ、自分も
かくありたいものだと常々思っております。

 私にも後輩がおりますが、彼らの手本になれるよう頑張りたいと思います。

 三十郎 拝

市より、
ワシかぁ?・・・うーん、ホキマ六十八郎、、いや、そろそろ七十郎かな・・・
えーい、赤でも白でもいい、どんどん流せぇい!
なっはっはっは (^o^)「 椿三十郎」は皆さんも毎年観てくださいね〜

ちなみに三十郎さんの直筆の手紙には持ってきたトモが負けてヒックリカエって
いました。立派の極みでした。ガラパゴスからの紳士かと想いましたよ(^o^)
希に観る日本人の鑑ですね〜、、ワシなんかおおざっぱなので
三十郎さんに逢うのがコワイです。

で、三十郎さんのように、ぐさりとくる人はモンダイなぁ〜い!
問題なのは、「てやんでぇ〜!」などとイー号まるだしのオッサンだすねん。

しかし、その院長さん、たしかに手強く嬉しいですね〜
オイラの兄も医師で、トヨタのパブリカを乗り継いで、いつも安いクルマでした。
リタイヤした今はアコードなんです。価値観が強力なのでオイラが
ランクルに乗っているという弱みは秘密にしています。

ところでですね、
今日はもうひとつ嬉しいメイルをいただきましたよ。

「ブログにより背骨が真っ直ぐになりました。ありがとうございます。
毎日の自分の点検は特に気を付けています」

中略ですが、という文です。
この方はエエ〜! というくらいの役職なので少し焦りました。

〝毎日の自分の点検は特に気を付けています〟

ね? 凄いですよね?
こういったリーダーが数人いれば日本は動くんですがね〜

みなさん、「自己点検」を定着させる運動をしませんかぁ〜!!!

表紙試作

| コメント(9) | トラックバック(0)

A_NAG1710coverWith Blet.jpg

これはベレッタを使った表紙の試作なんです。
表紙は雑誌の顔みたいなもので、見る人の興味を
そそる絵でないといけなく、けっこー責任重大なんですよね〜

でもコンマガは自分から観るとツマンナイ方の絵を表紙にしてましたが
日本ではあれがいいんですかね〜?
どうも日米では好みの差があるんですよね〜

B_NAG1722okA2.jpg

今日はセッセと働いて1枚の写真を仕上げました。
フォトショップでの合成って楽しいですよ〜
んで、今月号のコンマガ見たらこの写真が載ってましたよん。
ずいぶん前に作ったフォトです。
アタマに浮かぶ発射の瞬間のイメイジ映像というわけですが、
いかがなものですか?

タマはバレル内を通してライフリングも付けてあるんですよ〜
芸がこまかいんですから・・・ふふふ (^。^)

実るほど・・・

| コメント(3) | トラックバック(0)

実るほど頭を垂れる稲穂かな
みのるほど、こうべをたれるいなほかな

という名言があり、これは高校時代からいつもいつもワシの心に
ついてまわり、トシをとるほどに意味は重みを増し、
今は出逢う人たちを評価するときも、この句をその人に
重ねてジャッジしています。

稲が育って美味しい米がどんどん実り、その実りが
大きくなるほどに稲穂は頭をたれて御辞儀をする、、

人は、子供のころは頭が空っぽなので生意気であり、
身体が大きくなるにつけもっと自信過剰となり悪事もはたらき
排他的ともなり自分の空疎な思考力さえ観るこができず
とうとう無知である自分を無知だと認識すらできない状態となり
そのままオトナになってしまうわけですね。

ちょっと訓練を受けたからといって自分はすごくなったと妄想し
威張る隊員たち、佐官になったからといって他を見下す幹部たち、
自分は特別だと感じているオエライさん、、、
世の中は夏のプールのようにこんな人たちで芋の子のように
ゴッタガエシています。

この芋の子たちの一人一人がもうすこし自分のいたらなさを
見つめることができれば、日本人の格が全体的に向上すると
想うのですよね。

・・・と書きたくなった理由は東GO君の書き込みに出てくる
自衛官の記述を読んだからです。

>最後に彼は「よし、俺が自衛隊を変えて行く!」と語ったとき
「生きるという映画を観ました? 公務員って99%は
あなたのように言うんですよね?」
とワシなら言っちゃいます。

こんなワシなので嫌われます。敵も多いんです。
しかしこれで怒る人間は、頭をたれることを識らない
空疎な人間であり、つきあう価値すらないんです。

東GO君は良い体験をしましたね。
本当に優れた人間なら、鋭い切り込みにハッと目覚めるもので
そういった豹変のできる人たちと交わらないと自分の成長は
のぞめないんです。
いろいろな人たちを捕まえては話を聴きましょうね。

でもさ〜、頭を垂れているフリのうまい奴ってこれまた
多いんですよね〜! まあたいていは眼をみれば解りますがね〜
低姿勢でいれば好感持たれるって想ってる日本人は多いですからね〜
低姿勢人間に優越感ゆえの好感を抱くバカ人間が多い証拠ですよね〜

飾ることなく自分を素直に出す人が佳いですね〜

それと、若いうちは貧乏がいいです。
なんでも買える状態では人間がフヤケます。
金持ちの息子は、どうしても鼻持ちならないオトナになりやすく
それは苦労知らずで育つからなんです。ワシが32才のとき、
貯金総額175ドルで翌月のアパート代が心配で慄然とし、
頑張ってオカネを作ろうと決心しました。あのとき金銭に恵まれて
いたらすごいアマチャンになったという確信があります。

では東GOさんの書き込みを・・・
そ〜か〜、、ここんとこ音楽がゴブサタですね〜
これから仕事なので、どなたかベートーヴェンの
交響曲7番の2楽章を探してくださいな。

おはようございます。東GOです。
先日、会社の新年会があり2次会と称し一人で同級生の女の子がママさんをやっ
ている店に行きました。
あまり外で飲む事も無いのでその店の常連さん達との面識も無いのですが、ある
3人組が既に酔っ払い状態で現われました。ママさんを見ているとあまり良い客で
は無い様で、それでも、大人の対応をしているのをみて、(大変なんやなぁ~)と
、思っておりました。
3人組の時折聞こえてくる会話の内容・感じから、(こいつら自衛官か?)と、
思っていました。やがて、その3人組のリーダー格を残して他の2人は帰っていき
ました。
店の人間からすれば、(はよ帰ってちょうだい!)と、思っていたのでしょうが
、ボックス席から自分の座っているカウンター席に移ってきました。すこし、上か
ら目線でものを話す感じの人でした。個人的に少し話をしてみたかったので(自衛
官だったから)カウンターのほぼ端と端どうし声を掛けました。そして、「89式
ってのはどうなんですか?」とか「64式って暴発したりするんですか?」とか「
サイトのゼロゼロって事をするんですか?」とか、ココのブログで知りえた情報を
元に話しました。「89式とか64式とか良く知ってるね。予備のかた?良く勉強
してるねー」とか行ってました。「ゼロゼロは聞いたことないなぁ」て、言ってま
した。そして「君は日本の国防について、どう考える?」と来たので、それこそコ
コでイチローさんや皆さんから教えてもらった憂いや嘆きを含めた想いを話しまし
た。すると「そうなんだよねぇ、ほんとそうだよー。変えて行かなきゃ駄目なんだ
よー・・・・それにしても良く勉強してるねー。」と、周りの他のお客さんや店の
人が呆れる感じの眼差しの中、少し熱く語り合いました。
ある意味、だたの酔っ払い二人の戯事ですが、自分自身は(こんな想いの自衛官
も近くに居るじゃない)と想い、恐らくその自衛官は(こんな熱く語る民間人も居
るんじゃない。)と想ってくれたと思います。最後に彼は「よし、俺が自衛隊を変
えて行く!」と語り、自分は「万が一、有事が有れば共に闘いますよ」と自分も言
いました。(大口叩いてシマイマシタ)
お互い酔っ払いでしたので、周りは迷惑だったかもしれませんが少しいい体験が
出来たと想います。
イチローさんやココに来られる現役の方、あるいは現状に憂いを感じておられる
方のお話を聴かせて頂いておりますので、ほんとの所、どうすればいいんでしょう
ね。みんなで地下防衛組織を結成しましょうか。ほんとに不惜身命なお心をお持ち
の内部の方々の苦悩をお察しし、心が痛く成ります。
今、仕事中にバレない様にこの文を書いていますが、少し涙目になってます。バ
レそうです、仕事してないのが・・・。


それと、昨年晩秋頃から盛り上がった音楽ネタですが、会社の友人で(小中から
の先輩)アマチュアですがオーケストラのホルン奏者がいまして、彼にCDくれっ
て、メールしました。そのやり取りです。

  ひさしぶり~

  今、ふと思い出したんやけど。

  Classicのオリヂナルベスト作ってよ。CD。
  解説書付きで。

  たとえば、定番から、ある曲で指揮者が違うとか、楽団が違うとか。
  解説書付きやで。

  ええことやろ。Classicを要求するって。だって、君しか居ないから・・・

で、その返事。

  ひさしぶりです。

  なんか、めずらしいこと言うじゃない?
  どしたの?

  クラシックなら任せて!!て感じやね。

  クラシックにもいろいろジャンルがあってね、交響曲、協奏曲、管弦楽曲、
室内楽、オペラ、バレエといろいろ。
  ま、僕はオーケストラの中で自分で演奏するので、交響曲や協奏曲や管弦楽
がよく分かるけど。
  今年は夏にバレエの伴奏して面白かったわ。

  来年1月16日に○○の○○市民ホールで、○○○○オーケストラの演奏会
の中で
  ホルン協奏曲を演奏させてもらえることになり、今からどきどきです。

  ま、有名どころを並べてオケや指揮者による聴き比べも面白いし、時代の流
れに沿って聴くのも面白いし、
  後は、作曲家の国によっても違ったサウンドがして面白いよ。
  ドイツ音楽とフランス音楽どうちゃうの?みたいな。
  当然、その言語を話す人が作曲した音楽だから、節回しやニュアンスが違う
のよ。

  ま、時間のあるときになんかひとつ作ってみよか?

  今年と来年は、僕の大好きなマーラーの年です。
  今年は生誕150年で、来年は没後100年。
  僕の所属する○○フィルハーモニックオーケストラは、7月24日にマーラ
ー作曲 交響曲第9番を演奏します。
  超大作で長いけど、きっと感動できると思います。
  よかったら生も聴きにきて。

  そやって、その年の生誕○○年やとか没後○○年やとか、その作曲家を取り
上げて特集することも多いのでそういう聴き方もありです。

  今日は職場の忘年会。はあ~~、行って来ます。

と言う具合。なるほどなるほど・・・
1月16日は我が町も雪に見舞われノーマルタイヤの車ではちょっと・・と、い
う感じで行けずでしたが、その模様をYoutubeにアップしたそうで、それを拝見さ
して頂きました。早送りで。彼はアマチュアですがコレだけは真剣で自費でドイツ
まで行ったりしています。ベルリンフィルの追っかけだそうです。個人的な付き合
いもあるそうです。自分のUSPを見て、変な発音でH&Kを読んでいました。え
っ、長谷川工務店じゃないの?

自分は単純でイチロー信者、もといイチロー兄ぃ大好き少年なので、(ん?中年
か!)影響受けまくりです。少し前からClassicは聴きたいと想っていたので興味
津々です。必殺、Youtubeから音声だけ貰って聞いています。それと、だいぶ前に
百均で買ったClassicのCDを聴いています。意外といいです。それにマオちゃん
の本もオークションでゲットしました。まだ少ししか読んでませんけど。それと生
きるのDVDも買いました。韓国版ですけど。そのほうが安かったんです。手で回
すコーヒーミルも。渋めの味が好みなんですが、豆は何がいいんでしょうか?

あっ、そういえばディアゴスチーニから、隔週でNHK交響楽団のCDが解説書
付きで出たので買いました。初回の半額のだけですが・・。
また、音楽ネタもして下さいよ。まだまだ修行中ですが、バレルでしたっけ?の
ボレロとか意外と好きです。でも、メロディ口ずさむと忠臣蔵になったりしますが
・・・

あ、まだ、ヤツからCDは貰ってません。。。

なんか、支離滅裂で緊張感の無い文でスイマセン。

常に思うのですが、イチローさんは勿論、むうたさんの摩訶神秘的な文面、TROO
PERさんの誠実実直な文面、指宿M19さんの謹厳温厚な文面、KO-1さんの謹直
摯実な文面。その他の皆さんもすごく上手に己の想いを綴られており感服しており
ます。物凄く自分の力にさせて貰っております。感謝です。このTactical-Lifeと
いう心の鍛錬所を訪れる事が出来て良かったです。皆さんと一度お会いしたいです
。自分ももっとシリアスな話題で自分の気持ちや考えを書ければと思いますが、ま
だまだ人としてのExperienceもSkillもございません。強いて勉めなければと思い
ます。
なんか、遺書みたいになっちゃいました。笑

最後にKiridashiとStageBagとTaclletは欲しいです。ウロー2は我慢します。Sa
tuなんてとんでもない!どうしてか?貧乏だからです。泣

では、また。

訓練初め

| コメント(2) | トラックバック(0)

IMG_1785.JPG

ビアンキカップ出たいからオセーテーと二人がやってきました。
左の人はガンショップのオーナーで、すでにステイジバッグの愛用者です。
二人ともサクラメント界隈の試合に出ていてカオなんですよね。
訓練が始まると二人ともビックリ、「IPSCより難しいんだぁ!」とか
「カローラがレイスに出るようなもんだ」などと驚き喜んでいました。
この二人はリムキャットのカスタムを使っており、実はワシも注文して
待っているところなんですよん。
グループ訓練ちゅうのも緊張があって楽しかったです。

招待状きたる!!

| コメント(5) | トラックバック(0)

G20327.jpg

ドキッ!!
ビアンキカップからの招待が・・・!
練習、ラスト7月からじぇんぜんしとらん (^0^;)

ほんで昨日100発ばかりプレイトを25ヤードから撃って
みました。

ズドーン、カィーンンン!
うーむ、一発の重量感がスティールとは「段違い閉口棒」です(^_^;)

今年はスティールのような低い姿勢から撃つという作戦です。

しかしその難しさにガクゼンと (◎-◎;)

この挑戦に自分の生き甲斐を見つけているとはいえ、
あまりの難しさに今年もヨロメキそうです。

よっしゃ〜!!
老骨無知売って(;O;)
蛮勇ふりしぼって、頑張りますよぉ〜ぉぉぉおお〜!!

| コメント(5) | トラックバック(0)

市郎さん、とおりすがりさん、小心者さん、むうたさん、TK-Sさん、軍曹さん、匿名さん、アドバイスありがとうございます。みなさんの仰ることは理解したつもりでおります。 過去に何度も危機的な状況に陥りました。 どうしたものか上司にはあまり恵まれませんが、人との出会い、ご縁にはすごく恵まれその方々に支えて頂き今日まで何とかやってきました。今日は、私の置かれている状態について説明させて下さい。 大学卒業直後に私は海上自衛隊の練習員(2等海士)として20年前に入隊しました。実のところ能力不足で自分の希望の職に就くことがでず、就職浪人するほど余裕のない家庭でしたから・・・それでも自衛隊は「国を護る」崇高な任務に就く防人の集団だと思いました。教育隊班長からみっちりとしごかれました・・・その後、8か月程、艦艇勤務をし19年前に1等海士から海自一般幹部候補生として任用され、1年後に3等海尉任官、幹部自衛官の一人として勤務しています。 13年ほど前から某部隊での激務、ストレスで大きく体調を崩し、「慢性疲労症候群」、「めまい・耳鳴り症」、「メニエール病」と呼ばれる根本治療が無く対処療法しかない病と付き合うことになりました。ここ2年間は「身体表現性障害」なる病も抱えてしまいました。たくさんの薬を毎日飲んでも、酷い耳鳴り、吐き気、頭痛ときには過呼吸(過喚起症候群)まで起こす・・・職場で過呼吸を起こし倒れた・・・それでも勤務してきました・・・でも周囲にはその苦しみはわかりませんから、心無いことを言われています・・・何度も自殺を考えました・・・「どうして自分はしっかりと働くことができないのだろうか・・・」、「税金泥棒・・・か自分は?」、「自衛官がこんなんでいいのか・・・」等々。体調も精神状態も悪いながらも入院はすることなく何とか勤務し続けていましたが、抱える病気で同期よりも昇任が大幅に遅れ、通常の人事管理をされていれば、あるはずの勤務経験がないので何もできない3佐の烙印を押され・・・事実、何もできないんです・・・ かれこれ約6年前、某教育機関所属の時にで市郎さんにお会いする機会がありました。当時は基地警備に関する要員養成の調査、研究のチームにおりましたが、私の職種は航空機整備・・・色々と障害がありましたが、生きがいを感じてました。この職も取り上げられ・・・人生は思うように生きていけない・・・色々と悩むこと、精神を蝕まれることが多くなりましたが、それでも勤務し続けました。 今の所属になった2年ほど前に肉体的、精神的に決定的なダメージを受ける出来事がありました。自分の価値観(仕事はきっちりと、給料分以上のものをやる。後任者には極力迷惑を掛けない。)を根柢から崩す事案がありました。当時の上司、今の上司も「お前が悪い、俺は知らん」のスタンス。3佐なのにと言われ、「もう、退職するしか自分を維持する道は無いか」と思うようになった経緯です。 私が自衛官であり続けているのはお金のためではありません。でも家族があります。きれいごとを言っていても妻、子供たちを養うことはできません。「防人」と自らを奮い立たせて祖国防衛に身を投じたはずの自分ですが。自責念で一杯です。 今、ここで退職して思うように生きていけるという確証はありません。退職後の就職のあてもありません・・・確かに公務員は今の民間の方々よりも給料も退職金も格段の差があるんでしょう。福利厚生もしっかりしてます、けど休職になって無給になったら色々な掛け金や宿舎費等を自分の貯えから支払う必要が生じます。私は3か月間無給を経験しました・・・割り切って定年までの10数年を勤務できれば、どれだけ幸せか・・・肉体的な故障、精神的な苦痛は周囲にはわかりません・・・自分でまいた種で自らを苦しめていることにも気が付いています。割り切れない自分・・・自分自身にも疲れている。私自身、何か思い違いをしているのかもしれません・・・今、転職先を探しておりますが書類審査で終わっています。 実は、昨日からまた大きく揺れています。死んだと思って定年までの13年弱を自衛官の端くれとして勤務を続行するか、自分が自分で無くなる前に別の人生を選ぶか・・・どちらも賭けです。悩んでも何ら解決の道は見つかりません。行動あるのみなんでしょう。現在、定期通院、自宅療養中の身ですがそろそろ時間切れになります。それまでにどうするのか決めたい。しかし、容易に決めることができない現状。「背負うものの大きさ」を感じています。「完全な捩じれ状態」それが私です。

市より、
皆さん、このDelete-Ken さんについてちょっと説明しようと書いて
みました、が、本人が特定されやすいため書き直します。

ようするに彼はものすごく海自の未来に貢献したく、自ら一生懸命に
努力し頑張り、改革に燃えていました。ところが周囲の平和ボケ幹部連
が例によって足を引っ張り、八方ふさがりとなりました。
情熱があればあるほど、能力があればあるほど、それを阻む壁も厚くなり
それによって本人は鬱になってゆくということは普通に起こるものであり、
ワシとしては残念でたまりません。自衛隊には、あまりにもこういったことが
多く、イジメも自殺も多く、熱い心の陸士たちが失望して去ることも多く、
識れば識るほどに腹に据えかねることが増えるんです。
早く愚かなる憲法を修正し、自衛隊がまっとうな軍隊として認められ、
国民から大切な軍団として受け容れられることを切に願っています。

彼を「完全な捩じれ状態」に追い込んだのは、日本そのものが
「完全な捩じれ状態」そのものだからなのではないでしょうか。

平和ボケという言葉が出来てからもう何年経つのでしょう?
世界はどんどん険悪になりつつあるのに、その平和ボケは民主党によって
悪化の一途という気がします。

大和の国は、いったいどうなってしまうのでしょうね?

八海山を1合飲んでも今夜は酔えない市でした。

IMG_1775.jpg

本日の試合結果は100秒に0.53秒およばず〜・・・
四つのステイジで1秒ほどずつコロんでしまいましたよん。
惜しかったなぁ〜、、ざむね〜ん!
あらたまって全ステイジに挑戦するとなれば身体がカタクなって
しまうんですね〜、、、練習時のような気楽さでは撃てないですね〜
修行が足りませんな〜

そうそう、嬉しくってコーフンしてパンツ替えるの忘れて
これパジャマなんですよね〜 (^o^)

こーなったら毎週一回は試合にしよかな〜

さ〜て、タクマとタクミはどうだったかな〜?
おーい、成績はっぴょ待ってるど〜

IMG_1752.jpg

アレレという間はありましたが、一年が経ちました。
お祝いに家族三人でクッキーを焼いてくれました。

この一年、皆さんと語り合うことでワシも成長できたと
想っています。
もっと人間について識りたいのでバンバン書き込んでください。

市より、
これは重苦しい話題です、しかし誰にでも
のしかかってくるような困難ともいえます。
それだけに皆さんのコメントには真剣さがあります。
ここで、それぞれの書き込みをまとめてみます。
引くべきか、押すべきか?
とても難しい問題であり、いずれの案も間違いではなく、
しかしいずれにせよ不安と困難を残します。

で、ちなにみワシでしたらごまかしてでも居残って
仕事をするふりをして(ほぼ他もそうやっているし(^。^))
ぎりぎりまで家族を養い、雌伏しながら何かのチャンスを
探します。。でもあっさり辞めて雌伏することにも賛成ですよ。

「生きているかぎりはプラス、死んでゼロ、世界にマイナスは
存在しない」
この言葉は、市高校生が日記に書いたものです。
写真の道に進むことで不安があり、それを解消しようと想って
自分に向けた言葉でした。
我ながらすごい一文だと今更のように感心しています。
皆さん、そう想いません?
世の中にマイナスなんてあります?
ありませんよね?
マイナス思考は人生の敵なんです。

会社からデリートされても生きているかぎりは
プラスの世界にいるわけで、大空を見上げて大手をひろげ
空気を味わってください。
これで勇気が湧かなかったら、どうもやり方がわるいので
もういちど繰り返し、だめなら何度でも繰り返し、
これだという感触があるまでやってください。
大空は生きる勇気の宝庫です、、もし空から勇気をもらえないと
したら、君には「素直さが足りない」のです。
素直でない人は、どのように素晴らしい向上の機会があっても
キャッチできないまま通り過ぎるんですよ。

心を素直に、大空を眺める習慣を身につけましょう。
ワシはずっとこれをやってきました。
空の代わりに壁でもいいんですが、やはり空は美しいので・・・


by Delete-Ken
市郎さん、私のコメントを取り上げて頂きありがとうございます。
私は心身ともに疲弊し消耗しきっています。組織から追い出されるのも時間の問
題となっています。もう、職場から遠ざかって2年近く経過します。一旦は復帰し
たんですが・・・病気休暇、休職、復帰そして病気休暇・・・精神的にもダメージ
が大きい・・・真面目に働いているとおかしくなる我が社・・・

市郎さんの仰る、だいたいに、「国のために死ねるか?」と問う幹部の下心って
「おまえを突撃させて時間をかせぎ、その間に俺は物資をしこたまトラックに積ん
で逃げ、あとで大金持ちになってから人前でだけはオマエを死なせたのは俺が悪か
った~オマエは勇猛果敢な奴だった~」と言ってやるよ、というレヴェルの言葉な
んだと解釈する、こんなの考えすぎ?
とのお言葉・・・私が経験してきたことはこれ以下ですよ・・・「国のために死
ねるか?」と問いながらも、「君が死んだのは俺のせいじゃあない。」と逃げ回る
、だんまりを決め込む・・・亡くなった部下の遺族に対しても何もない・・・もっ
と憤りを感じるのはもし、国のために、部下や同僚のためになくなった自衛官の家
族を国が保護する制度がないといことです。いくらか見舞金は出ますが、何かあれ
ば自衛官が個人で掛けておいた保険からの保険金が出るだけ。こんなじゃあ、安心
して戦地には赴けません。
自衛隊は軍隊ではありませんから、国家防衛のために亡くなったとしても現行で
は戦没者として扱われます。戦死者ではないのです。この違いは非常に大きな隔た
りがあります。なぜならば戦没は不本意ながら戦禍に巻き込まれて亡くなったこと
を意味し、戦死は国家防衛のために自ら戦い亡くなったことを意味すると私は理解
しているからです。戦没=戦死の意味で扱われているようですが、私は違うと思う
のです。

「国のために死ねるか?」と問う将官、高級・上級幹部にはろくな人間はいない
と思います。なぜならば「部下のためなら何でもやる。」、「部下を誰一人として
置いて行かない。」そして「常に部下の先頭にいる。」といった指揮官として肝心
なことを考えず、態度で示すことができないおえらいさんが多すぎる・・・帝国陸
軍栗林中将や合衆国陸軍ハル・ムーア中佐(ベトナム戦争当時)のような指揮官は
自衛隊にはいない・・・と私は思います。
自衛官=軍人は日本国憲法上、あり得ない話。でも海外に出れば、軍人。私には
米陸海軍軍人、元米海兵隊員の親友がいます。彼らと話をするときには、Japan Ma
ritime Self-Defense Force(JMSDF)と言ってくれますが、階級はLCDR(海軍少
佐:Lieutenant Commander)と呼ばれます・・・職業の話を英語を話す外国の方に
する必要があるときには、JMSDFといっても理解してもらえないのでJapan Navy(
日本海軍)と言います。そうすれば一発で理解してもらえます。筆頭同盟国軍であ
るアメリカ合衆国軍人・軍属でも自衛隊(SDF:Self-Defense Force)が何か知ら
ない人もたくさんいます。でも、Japanese Army,Navy,Air Forceと言えば必ず理解
してくれます。ここで申し上げたいのは、自衛官は軍人であるはずなのに憲法上、
法律上、我が国においては特別職国家公務員であって軍人ではない。非常にねじれ
た立場に置かれているということです。我が国においては、各省庁や市町村役所等
で働く公務員と同じカテゴリーとして認知され、どうしたものか社会的地位は非常
に低い位置に自衛隊は置かれていると実感することが多くあります。防衛庁から防
衛省に格上げされ既に4年が経過するのにいまだに「防衛庁」と呼ばれる始末・・
・これからますます物騒になってくる世界情勢で今の自衛隊がどこまで戦えるのか
?「国のために死ねるのか?」と問う前に「いかに生き残るのか。」、「生き残る
ために何をするのか。」、「家族、親、兄弟、親友、恩師のためにどうやって国を
守るのか。」を精神論だけでなく物理的に、制度的に構築して「国のために生きる
。」という概念を基本として教育訓練、装備品の調達をしないと自衛隊が究極的な
最終局面を迎えた時に何もできないままに消滅してしまう危惧があります。
これらのことがわかっている自衛官はいる・・・しかし、わかっているが故に辛
く、悲しい人生を歩む・・・これでは本末転倒と思うところです。
長くネガティブな内容となってしまいすみません。
市郎さん、苦しい・・・自衛隊は。


by とおりすがり
佐官なら、定年までいれば最低3000万くらい退職金は
もらえるんじゃなかったっすか?40超えて自衛隊辞めても
民間は厳しいっすよ。ボーナスだって、自衛隊みたいに
年5か月分とかもらえるところは大企業だけだし、最悪は
会社ごと無くなっちゃうかもしれないし。オイラは去年は
無職で職業訓練校とか失業手当もらいながら通ってましたが、
再就職できたのは3割以下とかでしたよ。元自衛隊幹部とか、
民間の再就職では煙たがれるだけかもしれないですし。
退官後のあてがあるのなら別ですが、公務員と割り切って続けたほうが
ご家族のためにも良いのでは・・・。


by 小心者
自衛隊に固執し、無理に頑張る必用はありません。
今が辛くて苦しいなら、舞台から降りて観客の1人となる選択をするべきです。
辞めても病気がちで仕事ができないというなら、迷わず生活保護を受けるという
選択をするべきです。
どの職業・身分であれ、個人が考えるべき事は、生き抜く為の最善の選択をする
という事です。
そこにいて、自分が無駄死にしかねないと思うなら、迷わず他の居場所を探すべ
きです。
無駄死にするより、カッコ悪くても逃げて生き延びる選択をする方が正しい。
死ねばすべて終わりますが、生き延びれば何らかの次があるのです。
無駄死にほど愚かな事はありません。


by むーた
Delete-Ken様、お邪魔します。

現実を体験され、識り苦悩されている方の文章は、強い浸透力を持ちますね。

さる小説で、人が一人いるだけで何らかの作用があるという
言葉を目にしたのですが、体験され、感じられたことを綴られる行為は、これで
はいけないと思う方々の共感を呼びますし、目には見えなくても、何らかのきっか
けとなるものだと思います。

私の周りでも、こちらに書き込みされておられる方々について語ることが多いで
す。

これら現実が認知され、少しずつでも浸透して、それが拡がり変わって行く可能
性の糧となればという感じに思いました。実を結ぶかも不明、そして結んでも犠牲
は大きいですが・・・。

そして、不謹慎ですが、Delete-Ken様の様に苦悩されておられる方を識ることで
、辛い思いをされておられるのは自分だけではないという気持ちを頂けます。

こちらのブログは、このところより実感を伴う書き込みが増えてきていると思い
ました。


海自勤続20年

| コメント(14) | トラックバック(0)

市郎さん、EYさん失礼します。
海上自衛官・・・私は今年で勤続20年を迎えます。
ここ数年色々なことがあり、依願退職を真剣に考えている者です。とある教育課
程で「国のために死ねるか?」と問われたことがありました。しかし、そう問うえ
らい人の悪行を聞くとよくもそんなことを問うことができるもんだと感心しました

とある教育機関で基地警備の関連について研究をしていた時には、「我々に何が
できるのか?テロリストに遭遇したら即、警察へ連絡するべきと考える。」と言わ
れたことがありました。私もEYさんと同じく「お国のために」と思い入隊しました
。色々な出会いがありました・・・良い、悪いも縁・・・志を持って今まで勤務し
てきましたが・・・中央まで出向いてテロ対処や基地警備に関する研究について発
表してこともあります。その時の上層部の冷ややかなこと・・・これが「命をかけ
て」と思い勤めてきた我が社の実態かと随分と落胆しました・・・
妻も子供も持つ身ではありますが、自分の志と組織の実態が大きく乖離している
現状・・・脱線自衛官人生を送る私のひがみかもしれませんが・・・
しかし、EYさんのコメント拝読して我が社もまだまだ捨てたもんじゃあないと思
いました。組織から去ろうとしている私が言うのも失礼なことかと思いますが・・

ジプチに展開している海自航空部隊の隊員が少しでも危機管理の重要性を身を持
って体験し、その体験を帰国後に広げて欲しいと願うところです。そして真剣に危
機管理について考えて欲しいし、「命を掛けて戦うことが自分自身と家族の将来に
繋がるということ。」も気付いて欲しいです。
そして海自のために命がけで守ってくれている陸自隊員、調整業務で奔走する空
自隊員との交流と彼らに対する敬意を語って欲しいと思います。
あまりにもサラリーマン化した海自・・・特に陸上勤務は最たるものかもしれま
せん・・・
市郎さん、「滅私奉公」、「報国」、「防人」・・・愛国心・・・語られても心
なき四文字熟語、単語の羅列に終始する現状・・・さみしいですよ。
稚拙な内容で失礼しました。


市より、
・・・語られても心なき四文字熟語、
この言葉に全(志ある)自衛隊員の悲哀が凝結凝縮していますね〜
とても素晴らしい表現です! さすがです! 体験者ならではの一文ですね。

と、明るく笑っているわけにはいきません 苦笑

だいたいに、「国のために死ねるか?」と問う幹部の下心って
「おまえを突撃させて時間をかせぎ、その間に俺は物資をしこたまトラックに
積んで逃げ、あとで大金持ちになってから人前でだけはオマエを死なせたのは
俺が悪かった〜オマエは勇猛果敢な奴だった〜」と言ってやるよ、、
というレヴェルの言葉なんだと解釈する、、こんなの考えすぎ?
でも現実社会ってそーゆーものではないかと。

幹部の無知傲慢はもはや知れ渡っていますからね〜

でも、中には「俺が死ぬときには君も付いて来られるか? でも妻子の所に
戻ってもいいんだよ」と本気で言える指揮官もいて、そういう人にこそ
隊員はついていきたいのですよね〜。
たとえば特殊作戦軍の荒谷郡長は、そういう性格を備えた人でした。
しかし、今の自衛隊は「本物の軍人」がいては迷惑なんですね〜・・・

依願退職したいとのことですが、理由いかんに関わらず、こーなったら
オンダサレルまでいるのも一計かと・・・。

陸自だってテロリストとは戦えないのですから海自だとさらなるものが
あるんでしょうね。【注: 戦えるんですが訓練されてないため即殺される】


戦争とは?

| コメント(14) | トラックバック(0)

永田 市郎 様

早速のお返事感謝いたします。そしてTK-S様とEY様も、ご意見をお聞かせくださ
いまして、ありがとうございます。皆様と共に熟考させていただきたいと思います
ので、コメントは是非公開してください。
まずは自己紹介が不十分でありまして、大変失礼いたしました。
私が研究している藝術の分野は「デザイン」でありまして、主に日本の少年達に
対し、「戦争についてもっと真剣に興味を持って共に考えよう!」というメッセー
ジを込めて絵画や立体物の作品制作をしております。その研究を「修行」と表現し
ました。

「死」については、戦場に身を置くことを想定する時、常に頭をよぎります。も
ちろん死は怖いですし、もし本当に銃弾が擦ったとして、醜く取り乱さずに冷静で
いられるのかと言われれば、自信はありません。正直に申しますと、「死ぬ覚悟が
あるのか?」「死を受け入れ納得できるか?」というよりは、「死の危険や恐怖を
背負ってでも、やるべきことがあるのではないか?」という気持ちの方が強いです
。つまり「いつか誰かが死をもってしてでもやらなければならないことがあるとす
るなら、例え怖くても、今自分がやるべきなのではないか?」という気持ちです。
そう言った意味で、プロの兵士からは、まだ決意が甘い叱責されるかもしれません

自衛隊の現状に関しましては、私の調査不足でありまして、永田様、TK-S様、EY
様のお考えを読んで驚きました。ただお言葉を返すようで失礼ですが、仮にいきな
り紛争地域に飛び込んでも足手まといどころか、人質にされて大勢の人に迷惑をか
ける可能性が高く、もし実戦も経験するとしたら、地道に自衛隊→外人部隊→フリ
ーの傭兵と経験を積む以外に、日本でのルートはないと思っていたのですが、それ
は私の勘違いでしょうか?

「覚悟・真剣さ」については、まだ「死」や「人を殺す」決意ができたかと言わ
れれば、恥ずかしながら迷ってはおります。ただ、一生をかけてそのことを追求し
たいという志は固めております。
お忙しいところ長々と書き連ねてしまいましたが、いつでも構いませんので、ご
意見お待ちしております。
服部 勇一


市より、
「日本の少年達に対し、
「戦争についてもっと真剣に興味を持って共に考えよう!」というメッセー
ジを込めて絵画や立体物の作品制作をしております」ということですが、
どういう作品ができているのか観たいですね〜、、展示会などのあとにでも
写真を送ってくださると嬉しいですよん。

戦争とは何かということを若者や子供に伝えることは大切だとワシは
感じています。戦争はどうして起こるのか、戦いとはどういうものか、
どんな国と戦うという可能性があるのか、
敗戦によってどういう悲惨な目に遭うのか、ではどうすれば戦争を
防げるのか、自衛隊はどうして戦争をできないのか、憲法を書き換えられる
のは誰か、、、

そういった一国の民として常識かと想われることを
なるべく正確に伝えていきたいものですね〜

政治不在の日本。最高学府を出た秀才たちがその頭脳の良さを発揮し、
豊かでもない国民から集めた税金を巡って奪い合いをし、
蓄えた金を使って政党を組み、金で権力を構築するという「政治屋」が
横行する日本。
選挙という公平な手段がありながら自分の町に利をもたらす
政治屋に投票するというだらしない日本国民。

たとえば「最低でも基地を県外に移設」という断言した鳩山前総理にワシも
感心しました。とうぜんながら彼の意中には移設先があり下工作も
完結しているものとばかり想っていました。ところがそんなものなどなく
ただ「沖縄でそういえば票が集まるからさ」といった作戦にすぎなかった。

問題なのは、そういった政治屋をいまだに政界に置いとく国民パワーの無さ
ではないかと。

ああ、朝からドタマに血がのぼります (-_-;)

とにかくですね、
そういった日本の現状を認識し、国民が賢くなれば選挙によって日本を
改善できるわけで、、そこんとこから手をつけていけるといいのでは
ないかと想うんですよ。

国を守るということは、まず良い政治家をリーダーにするということでは
ないですかね〜。世界の現状を理解し、日本の立場を認識でき、未来を
観ることのできる人、、こういう政治家が集まれば、あとは自然に国は
強くなり、自衛隊も秘めたる力を発揮できるというものですよ。

そういった強い国家としての土台がないかぎり、自衛隊に入っても傭兵に
なっても最後は虚しく終わるばかりではないかと想うんですよ。

なので、服部さんのばあいは、今の研究をもすこし続けながら考えたら
よいのではないですかね〜、、意外な方向から突破口がみつかることって
よくあるものですし・・・。

人はどうしてイガミアウのか、まずこの戦争の原点から思考しましょうよ。
5:30am

ショウダウン!

| コメント(5) | トラックバック(0)

IMG_1747.JPG

ここんところテンジュラムをサンジュラムくらいにして
ショウダウンの訓練もやっています。
右側に5枚かたまっているのがそれで、
これ、遠いのは25ヤード(四角いの)もあって
けっこう、なっかなか難しいんですよね〜

だいたいに試合はコイツから始まるんですよ〜
んで、身体がコールドな状態なわけで、それをいきなり撃つって
スピードは出ないしほぐれてもいないしでよく外すわけで、、

コヤツを3秒以内で仕留めるのはワシの目的のひとつなんですね〜
総合で100秒を斬るには2.8秒代を出すべきで、
これまたシンドイですねん。
で、試合で2.8秒を狙うなら練習では2.6秒を斬れるんでないと
いかんと想うので、それには初弾1.06秒という目標があり
ここんとこを頑張っているわけです。いまんとこ3回に1回という
成功率なんですよね〜

ここんとこ家で落ち着いていられるので毎日2時間は練習できて
すごくシヤワセな気分です。

この土曜日にはタクミとタクマを相手に対戦することに
なっているので久しぶりに全ステイジを撃ちます。ドキドキ
彼らはワシがISIに行かないと想っていますが、実は行かないです(^。^)
同時刻にワシはマリポ射場にて撃ち、彼らと成績の見合わせを
しようというわけなんですね〜

なお、この遠隔試合についてはタクミもタクマも知りません、
なにしろさっき思いついたもので・・・

志をたてる

| コメント(1) | トラックバック(0)

はじめまして。今回のコメントに対する市郎さんの回答に大変共感いたしまして
、初めてコメントさせていただきます。

「志をたてる」という意味は「そのことに命をかけるという決心」
この事をいったい何人の自衛官が言えるでしょうか?
私も海上自衛隊に10年以上勤務し、たいへんに恵まれた出会いがあり、約4年
前にこの「命をかけるという決心」と同じ教えを説いてくれた先輩に出会えました

高校を卒業し「国の為に」と、たかだか18歳だった私は希望と理想をもって入隊
しました。しかし、市郎さんのコメントにもあるように「今の自衛隊は志のある人
が入ると精神的なダメイジをうける」とあるように、自衛隊は若かった私の心を徐
々に確実に蝕んでいきました。

自衛官であるのに「一生懸命はかっこ悪い」とか、「国の為に死ぬ気なんてない
」究極は「海自は弱い」といった防人として最低な考えに飲み込まれていきました

4年程前、私の心を救ってくれた先輩は「いつでも死ねる」覚悟のある方でした

必死でやることの大切さ、愛国心、すべて私が20代前半に蝕まれて忘れかけてい
た事を思い出させていただきました。

「醜くとも必死に戦い、そして勝つ」今はこれが私の考えです。

今の自衛隊は確かにオススメできる場所ではありません。

しかし、強い志をもった隊員も当然いますし、今後は増やしていかなければなら
ない課題だと思っています。
服部勇一さんのように悩みながらも日本を想う心を腐りきった上層部に感じてほ
しい。

しかしながら、日本の国益のためを考えるならば、それはまず国を愛する事。ま
ずはそこからだと思います。
軍人、傭兵、PMCのコントラクター、貴重な実戦経験、たしかに全て大切な事だ
と思います。
しかし、まずは過去に学び、未来へ活かす。先人に感謝し、子供達へ繋げる。
そこから日本を知ってみて下さい。そして国益について考えて見てください。

例えば「日本の〜」っと考えるのであればするべきことは多岐にあります。究極
、「基地の前で弁当屋を開く」この事ですら自衛官の食事になる訳ですから国益に
繋がっている・・・・そう考えられなくも無いでしょうか?

何事に対しても「自分の命を捧げる気持ちがなければ何事も成就できない」市郎
さんのこの言葉が全てを語っていると思います。

偉そうな事を書いてしまいましたが、私もまだまだ勉強中です。
国を思えば死ぬときまで手は抜けません。服部勇一さんもゆっくりと、そして未
来を見据えていって下さい。

市郎様。
コメントへのコメントお許し下さい。
また、長文・駄文・失礼致しました。不適切な場合なコメントでしたら削除お願
いいたします。by EY

市より、
EYさん、ようこそ!、、 駄文だなんてとんでもない、ここは人生や日本のありかた
を語り合う真面目なブログです、今後もバシバシと書いてくださいな。

EYさんも、この血潮煮えたぎるような若者に感動し、自衛隊の現状を想えば
残念でならないという方なんですね?
自衛隊にかぎらず、警察組織も似たようなものであり、こうなった原因は
日本人全体に昔からある「井の中のカワズ的性格」ではないかと想うんです。

見栄を張りまくり、ええかっこをし、観念的で、排他的で、迷信や占いが
好きで、自分なりの思考ができず、自主的な行動もできず、
おっかなびっくりしながらオドオドと生きているくせに下の者
には居丈高になり、聞く耳ももたず、失敗を怖れるあまり
マニュアルがないと動くことができず、マニュアルそのものが
間違っているのに看破できず、疑問をもちながら周囲もそうだからと
盲従を続け、それに異論をはさむ人の足を引っ張り・・・以下略
と、そんな「典型的な日本人の人格」を若き頃のイチローナガタも
備えていたわけですよ。

人間としての「人格」を磨くかどうか、これは我々個人の責任なわけで、
磨きたかったら思考力が必要となり、固定観念を捨てる必要もあり、
なによりも自分の弱点を太陽光の下にならべたてて見つめて殺菌し、
冷静に組み立て直す必要があるわけなんですよね。

えー、もっと書きたいのですが、今日はこれから忙しくなるので、
いずれまた・・・。

で、「自分は井の中のカワズではない」と想っている人って
ほぼ確実に立派なカワズ紳士さんなんですよね〜 (^0^;)

永田 市郎 様

はじめまして。永田様の記事は、いつも熟読させていただいております。
私は、日本の藝術大学に通う学生でして、東京で現代戦をテーマに藝術の修行を
行っているものです。しかし、この度永田様の紹介された本や、あなたのお考えを
拝見いたしまして、私達20代の若者が、日本の国益のために奉仕できることがあ
るとすれば、自衛隊に入り、その後傭兵やPMCのコントラクターとなって、貴重な
実戦経験を積むことなのではないかと考えるようになりまして、悩んでおります。
本来なら、自分で決断すべきことですが、もし差し支えなければ、我々20代の若
者のすべきことについて、永田様のご意見といいますか、ヒントだけでも伺いたい
と思いコメントさせていただきました。
初の投稿で不躾ではありますが、よろしくお願いいたします。
服部 勇一

市より、
服部 勇一さん、これは簡単に答えられる問題ではないので、
これを機会にゆっくりと話し合いをしましょうよ。
まず「現代戦をテーマに」ということに関してもっと説明して
いただけますか?
その昔、武術の出来る侍を「芸者」と呼び、彼らの技を「芸術」と
呼んだという記述を読んだことがありますが、
そういった意味での藝術の修行なのですか?

同じ問いにしても、どのような精神レヴェルの人が問うたのかで
答えも変わるものだと想うんですよね。
いずれにせよ、少なくとも「いつでも死ねる」という覚悟は必要ですが、
そこらについてはどのように考えていますか?
自分の命を捧げる気持ちがなければ何事も成就できないということは
考えたことがありますか?

君の問いかけは、このブログが始まって以来、初めての難問だと感じており、
ちょっとワシも姿勢を正して考える必要があるわけです。本当に真剣でしたら
もっと君の心を書いてください。待っています。

まず言えることは、今の自衛隊は志のある人が入ると精神的なダメイジを
受けるのでお薦めできないということです。
そして「志をたてる」という意味は「そのことに命をかけるという決心」
という意味だと解釈してください。

もしもブログで公開されると話しにくいというのでしたらメイルに
切り替えることもできます。
これは、なるべくは多くの人と共有したい問題ですが、
書きにくいようでしたらご遠慮なくどうぞ・・・。


早速、僕も読ませていただきました。(まだ途中ですが) 私は現職の自衛官(陸曹)です。私自身、頭が痛くなるくらいの指摘がたくさんあります。いかに僕自身が平和ボケしてたのがわかります。とても反省しています。 私は国際平和協力活動への参加を熱望していますが、中々順番がきません。 普段、やれ銃剣道だ、持続走競技会だと、そんな訓練する暇があるなら、コンパス行進の訓練や、射撃予習訓練してた方が百倍マシだと考えてます。 でも、僕一人だけ言ってるので何も変わらない現状が、悔しくてたまりません。 イイシバ元大尉が本の中で何度も言っていましたが、自衛隊には実戦の経験がありません。僕自身も実戦だけでなく、色々なことの経験がないのは致命的です。 あと15,6年したら僕は定年ですがもっと、沢山の経験を積みたいです。 そのためにもぜひ、海外で活躍したいです。

市より、
自衛隊には銃剣道だのかけっこだので優勝すれば隊の名誉みたいなところがあるみたいで、ラグビーばかりやってた隊もあったみたいですね〜、、それでいて10年ほど前にはテッポのハンドリングを知っている隊員は皆無でしたからね〜。。それを見かねたアメリカのテッポジジイがガンハンドリングを紹介したら陸幕の自称インテリあたりから「あのジジイを自衛隊に入れるな、テッポは俺たちの十八番なんだから」と圧力なんかかかって、しかし現場のやる気ある指揮官たちは「技術ある人なら誰からでも学ぶ」という態度を通したわけなんですよね〜。。。で、ジジイを追い出す理由をよくよく調べてみると、ジジイが自分への付け届けをしなかったとか、女を入れたパーティーを開いてくれなかったといった情報も入ってくるんですよね〜。。。それと、実戦経験がないことを残念がる必要はないですよ、、ようするに「実戦で役立つ訓練」をしておけば良いわけです。銃剣道で強い人よりは実戦を想定してエアガンを撃っている隊員のほうが実戦では役立つわけで、やる気のある隊員は黙々とエアガンで練習したり、民間のエアガン試合に出ているという事実もあるんですね〜。。そういった仲間を作ってはいかがですか?

このアーカイブについて

このページには、2011年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年1月です。

次のアーカイブは2011年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。