マグレットを購入されたお客様に・・・

| コメント(10) | トラックバック(0)

ichiblog_1827.jpg

最近マグレットを購入された方々へ
手違いによりメキシコで縫製したモノが日本に送られてしまいました。
出来が良ければよかったのですが、寸法に狂いがあり
プロダクションプトとは異なったものになっているようです。
すでに購入された方には急いで新しいマグレットを作らせて送りますので、
しばらくお待ちください。
そして手元にある「マチガイ品」は返却には及びません
ので遊んでやってください。(^o^)

タフプロ社としてはアメリカにおいては安く売る必要があり、
中国やメキシコに縫製を依頼するわけで、そうなると製造管理が
行き届かないこともあるわけです。
申し訳ありませんでした。


ところで、
このハイキャパ用8連マグパウチに1911マグを突っ込んでみました。
各パウチが大きいのでマグの出し入れにストレスがないんですよね〜
だどもイカンセンのシンカンセンのカンシンセン、、
横幅がかなりあるので後の方は手探りとなり「細胴組」には
すこし使いづらいですよん (^0^;)

今年の試合にはタクレットを持ってゆき、試合中それはステイジバッグ
に押し込む予定なので、専用マグパウチを使おうかと考えています。
やっぱ1911専用の8連パウチかな〜
でもラジマグにも慣れているので捨てがたいし・・・

あれれ? またフォトが横になってしまいました、どうしてですかね〜?
ヨシ、これ立ててくれへんかぁ〜 おおきになぁ〜 ほな頼むでぇ〜

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ichironagata.com/blog/mt/mt-tb.cgi/853

コメント(10)

修正しますたっ∠( ̄◇ ̄)

ハイキャパ用の8連マグはマダカマダカと催促されているので、早く欲すぃであります!
なによりXD-9用に8連マグは必要であります!!

いい画ですね。

私もそろそろシューティングの練習を始めます。

大それたことに=「市郎さん」に生意気な意見を言う田舎のおやじです・・・すいません(^_^;)

ステイジ バッグが届きました。
大変クオリティが高く、この価格なら安いと感じます。
鉄砲持っておでかけは、あまりありません(うちにシューティングレンジがありますので)が、キャリーしやすい大きさなので、カメラなんぞ入れてみます。
ありがとうございました。。。

懺悔です。m(__)m

ステイジバックとマグレットの入荷の案内を姫路の刃物屋さんから受け取った2月9日の2日前、2月7日に米国のタフプロダクツにマグレットを注文してしまってました。
それが今日届いたわけですが見事にイチローさんが書かれていた寸法違いのものが届きました。(T_T)

ステイジバックもいつ日本に届くか分からないし、マグレットもステイジバックと一緒に届くかどうか分からないからなぁと酔った勢いでポチッとしてしまったのです。しかも黒と茶と。
短気は損気とはよく言ったものです。

さんざんマグレットが手に入らないのかとさんざん催促してたのに、待ちきれずwebで注文してしまって寸法違いのものを手に入れてしまったなんて、がっくりきて立ち上がれません。(T_T)

イチおー、メールで交換のお願いだけは書きました。
ARタイプのマグが2本いっぺんに入いんないから、交換してもらえないかなぁと。
プロトタイプも持っていて、そっちにはちゃんと2本いっぺんにはいんだけどなぁって。

すんません。ちゃんとこれからは待つことにします。m(__)m

本当に申し訳ないです。
今回も姫路からの案内が先に来ていれば、姫路の刃物屋さんから購入してたはずです。刃物屋さんにもマグレットを催促してたのですから。といっても言い訳になってしまいますが。

リアル本屋が廃業していく理由の一つにネット本屋があるように、いいものを輸入してくれる対応のいいお店を続けてもらう為にも、個人輸入はできるだけ避けなければとは思ってます。

おっしゃるように、日本からの返品率は低いと思われているのか、ひどいものを送ってくる場合がありました。
最近は送料を含めると個人輸入をするよりも国内で買った方が値段が安いことも多くて、あまり個人輸入はやってません。

と、ゆーことで無事ステイジバックとM4マグポッケを姫路から手に入れたし、タクレットの到着をじっくり待つことにします。
そうそう、ドームポッケも出たら姫路から送ってもらいますよ〜ん。

 お初に書き込み致します
私も買いそびれて、ずっと待ってました念願のミニマグレットを
姫路の刃物屋さんにお願いし、待っていたところ・・・・
(;O;)カナシイオシラセが・・・

ですがとても丁寧な対応をヨシ様にしていただきました。
こういう接客ひとつとっても、その商品への目は変わる物です。
私も普段、旅館で接客していますから、痛いほど分かりまする・・。

市師匠殿! ヨシさんを褒めてあげて下さいね!(笑)

コメントする

このブログ記事について

このページは、Ichiroが2011年2月14日 23:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ヨシの読後感、及び・・・」です。

次のブログ記事は「魚錬庖丁」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。