待ちに待った動きのひとつが・・・

| コメント(3) | トラックバック(0)

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110223-OYT1T00829.htm?from=top
この読売記事を読んでくださいな♪

【ソウル=仲川高志】
朝鮮日報は23日、北朝鮮西部・平安北道ピョンアンプクト
の複数の地域で今月14日、電力供給や食料を求める抗議行動が
起きたと報じた。
住民らが「もう生きていけない。明かりとコメをくれ」
などと叫び始め、最終的には各地で数十人規模に拡大した。
体制批判を取り締まる国家安全保衛部が調査を始めたという。

これが事実だったら嬉しいですね〜
北朝鮮に関しては20冊以上の本を読み、民衆蜂起でジョンイル一家を
やっつけてほしいとずっと願っていました。
ここで行動を起こした人々は殺されるのを覚悟のうえだと想い、
事実かなりの民衆が死ぬことになるかと・・・
しかし軍隊内にも当然ながら問題意識を秘めた兵士たちがいるわけで
彼らが立ち上がってくれるとうまくいくのですがね〜

ここから波及して中国の人民も立ち上がってくれたら、
こいつは日本にとって神風ですね〜

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ichironagata.com/blog/mt/mt-tb.cgi/864

コメント(3)

北朝鮮の支配層にとって、こういった動きは思う壺でしかないと思います。
余剰の人民を堂々と排除できるわけですから。
食料が足りずに反抗する飢えた兵士は、食料を与えた兵士で排除すればいい。
食糧難で行き詰った北朝鮮にとって、これほど有難い動きはないでしょう。

う〜ん。。。徹底的に弾圧されるでしょうが、
最近では軍人による犯罪も増えているそうで、
相当に規範がユルんでいる様子。

もともとはソ連が仕立てたエセカリスマ一族。
搾取されまくっている民衆が本当に気の毒です。

我が身を振り返るとエアピストルモドキごときで、
煩雑な書類準備やなんやかや。。。
エアピストルシューターが本当に気の毒です。

500万も県民がいるのに射場まで市内から25kmも離れてるんですよ。
都内以外でも区の体育館内に設置してくれればいいのに。プンスカ

天候により不作はもう長いこと続いているが、食料は貯蔵庫に隠蔽してある。役人、特権階級が、さきによこどりする。これまで、米国との折衝のつど、しこたま、食料援助をうけており、またお隣の中国からも膨大な援助をうけて、それを配給せずに、しまいこみ、正日が機嫌のよいときは、国民に振る舞い、”Dear Leader"としての、慈悲深さを知らしめる。中国との国境に近い村の農民、また国外逃亡をくわだて其の近くに命からがらむかった貧農は、仲介業者に法外な金を払い、中国側にのがれるが、まちうけているのは、奴隷としてのしての強制労働。女は、高い値段で取引される。中国の貧農の青年は、個人負担ではとても、北朝鮮出身の娘を囲うことができないので、数人で資金をだしあい、共有する。たまりかねて逃亡した娘は、こんどはべつの村の青年に売り渡される。不穏な動きはバーさん垂れ込み屋が、一袋のひえ、あわを稼ぐため、役人に通告する。これでは、農民一揆などおこりえない。が、死をかくごで、食料貯蔵庫に突入というようなことは、ありうるだろうな。なにせそれしか選択がないのだから。中東のSocial Media 革命なんてもんじゃない。中国の都市部では、インターネットが浸透しているが、Secret Police やら、婆、爺の垂れ込み屋がわんさいるわけで、政治集会なんてすぐ弾圧されてしまう。イスラム社会における秘密警察、政治文化警察なんていうより、となりのばーさんがしなびたおっぱいを乳飲み子にしゃぶらせながら、みはっているんだから、めちゃくちゃやりにくい。はたして、Facebook, Twitterが、どのように其の効果をあらわすのか、注目したいところである。正日の息子たちは、実はフランスに留学したり、中国で遊学したり、後継者となる雲ちゃんは、Eric Claptonのファンといわれており、いずれこういった面からの、体制の瓦解がはじまる可能性も十分あるのではないかなあ。。。

コメントする

このブログ記事について

このページは、Ichiroが2011年2月23日 10:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「まぼろしの核の傘」です。

次のブログ記事は「マイナス2度にて風雨強し」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。