解放の予感

| コメント(2) | トラックバック(0)

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110227-OYT1T00620.htm?from=top
【北京=大木聖馬、ウルムチ=関泰晴】中国の胡錦濤政権は27日、中東や北アフリカの民衆抗議行動に倣い、中国各都市で2週連続で呼びかけられた民主化要求集会を、圧倒的な警察力による厳戒態勢で抑え込んだ。読売新聞より

「海外あるいは香港発とみられる呼びかけは、前回20日の13都市から27市に拡大した。「我々が欲しいのは、食べ物、仕事、住宅、公平、正義だ。一党独裁の終結、報道の自由を要求する」

おはばんで〜す!
今朝はゴキゲンなニュースで始まりました〜♪
こうなってくると共産党の危機は拡大の一途ではないかと、、

CIAあたりが香港の民主活動家と組んで中国にいる改革の志士たち
を支援しているという気がしますが、こういった戦術には共産党も
苦戦しますね〜

デモ隊に発砲したら西側の思うつぼなのが判っているし、
かといって強権発動しないと民衆は膨れあがるばかりですからね〜!
今となっては大量殺戮をやって覆い隠すことは難しすぎで・・・

独裁は永続が難しいことを毛沢東の子供たちは忘れており、
それが命取りとなりそうですね〜

小さなデモは年中行事だった中国ですが、これをきっかけに
国全体に波及するといいですね〜

中国の民主化で平和ボケ日本の寿命が延びるわけですから
日本政府もインターネットで中国の民衆を励ましてほしいですね〜
まあそんな政治家はいないでしょうがね〜

政権は銃口より生まれ
政権は民衆によって倒される
by 市タクトー

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ichironagata.com/blog/mt/mt-tb.cgi/870

コメント(2)

日本にとっては好ましくない事態と言えるのではないでしょうか?
このままだと人民の反政府意識をそらす為に、近日中に日本の領海で、過激な行動に出てくる可能性が非常に高い。
力ずくで人民を押さえ込むより、日本を挑発した方が、国際世論への影響は少ない。
海上保安庁は、尖閣諸島周辺に巡視船を常時停泊させ、昼夜を問わず警戒の態勢を取り続けるべきでしょう。
海保の公務執行に逆切れして反日感情を煽り、あわよくば上陸しようと狙っています。
民主党は内紛と予算を通す事で頭が一杯なので、政府の指示を待っていたら手遅れになりかねません。

コメントする

このブログ記事について

このページは、Ichiroが2011年2月27日 08:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「医療のステイジにて」です。

次のブログ記事は「ウローナイフです鯛ね」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。