2011年4月アーカイブ

おはばんよ〜ん!
明日はLAでビアンキの試合があるので今日から泊まりがけで
小手調べにでかけま〜す。
そこで、SATマガに書いた文を載せておきますから読んでもらえたら
嬉しいで〜す
すっごく長い文ですが、これでもほとんど書き切れていないわけで、
嗚呼、文章書きは難しすぎるとこれまた悩みのタネなんですね〜

   ★ブログより★
 おはばんわ~!
  日曜日だった昨日は家族ピクニックにつぐ猛練習でクタクタになりパソ子も開けられず、遊びつかれた子供のように眠り込んでしまいました。
 猛練習といっても、カップガンを抜いて3秒以内に一発撃つ、距離25ヤード、ターゲットサイズは4インチというもので、12発撃ったら弾痕をペイントしてまた撃つというものです。これを延々と繰り返すわけですが毎回自分のスタンスを決めてキレイに「ビアンキドロウ」を決め前傾姿勢と腕のロックアップを予定のカタチに持ち込み、指はこれまでよりも深くトゥリガーに入れ、不動の心で引き金を引く、、というものです。これがすごく難しく、大切な基礎が出来てないことを思い知らされ、自分は習得することに対してなんと頑固なんだろうとあきれてしまいます。
 前回ムーヴァーをクリーンできたのはマグレかラッキーであり、実力なんてまったく伴っていないんです。ただ、今年は例年よりも真剣な気持ちで練習するという気持ちが湧いているのが救いなだけなんです。
 でも真剣だから実力がつくというものではなく、正しい訓練を積まないかぎり向上はないわけで・・・。
 さらに、同じ事を繰り返すことの苦手なワシにとってこれはゴーモンに近く、しかしここを卒業できなかったら試合に出てムーヴァーを撃つ資格もないのだと判っており、ここで踏みとどまることにしました。

 今朝は5時に目覚め、明るくなるのを待ってホキマに行きます。
 これからは毎日、仕事前の100回ドロウをやろうというわけです。
 今までは時間を盗んではやっていたことを「正課」として毎朝やろうというわけなんです。それでもあと3ヶ月しかなく足りるわけもないのですが、ひょっとしたら見えかけているものが見えるかもしれないので頑張りたいわけです。
 そんなふうなので皆さんの書き込みに対してコメントする時間がなく、澄まない気持ちでおります。お許しください。
 6:30am 空は明るくなってきました。
コーフィーとベゴを飲み食いし、それでは行ってきま~す。市

 以上は、2月21日のブログで書いたことです。そして本日は2月24日、の3:09am。
 もう目が覚めてしまい、コーフィーを飲みながらベゴをかじりつつ、マックのパソコンを開いてこの原稿を書き始めました。夜が明けるまでは原稿を書き、明るくなったら終日かけて訓練しようというのが今日の作戦です。

 さてさて、皆さん、
 "射撃とは奥が深いんですよ~"
 と、ワシが言ったらどう想います?
 "そうだろね~、弓道や手裏剣投げのように奥は深いんだろね~" 、と想いません?
 でもですね、
 "じゃいったいどのように奥が深いのか想像できますか?"
 と聞いたら、う~ん・・・と考えてしまうのではありませんか?
 ワシ、今年5月に開かれる拳銃世界一大会のビアンキカップに出場すると、28回目になります。この試合は年に一度の開催ですから、なんと28年間もカップを撃って来たというわけなんですよね、なかなかのもんでしょ?
 バカさかげんがナカナカなのか、シツコサがなかなかなのかは別として、やはりナカナカのもんですよね?
 28年という年月があれば、1才の子供が28才になっているという計算ですから、人生としてはカナリな部分をそこに注ぎ込んだことになりますよね?
 そういう長い年月の中で射撃生活をしてきてこのところ感じるものがあるんです。今回はそれをちょいと書いてみましょう。

 で、27回のビアンキカップを連続で撃ってきたわけですが、当然ながらその年によって好調なときと不調なときがありました。たいていは不調なままの出場だったわけですが、その原因といえば決まっています、つまり「訓練不足」なんですね。どうして訓練不足かといえば、まあオカネが足りないというイクスキューズがあり、それと情熱の不足ですね。
 いくら燃えるほどのヤル気があってもオカネがないとどうにもならず、どんなにオカネがあっても熱い心がないと物事の成就は成りません。
 40才にして初めてビアンキカップに挑戦できたわけですが、そのころはゼンゼン豊かではなく、熱い気持ちだけで打ち込んだのはよいとして試合前の一ヶ月はまったく仕事をせずに訓練していたので試合後はスッカラカンで5ドルのモノを買うのに躊躇する自分がありました。
 ビアンキでどんなに凄い成績を出せても、それで食べていける世界ではなく、あくまでそこは自分を磨く場所だという意識がありました。それだけに試合後の経済的なストレスには悩まされたものです。
 でも、そうこう頑張っているうちにアメリカでの仕事が増えて身に余るほどのギャラもいただけるようになりました。高価な試合用の銃もスポンサーがついて無料で使えるようになり、イッパシのシューターっぽくなってきました。
 ところが、こんどは仕事が忙しくなって訓練時間が急激になくなってきたのです。ひどいときは、仕事依頼に対して
 "カネ払うからワシに頼まないでくれっ!"
 みたいな気持ちになったわけです。
 心亡ぼす、と書いて「忙しい」と読むわけで、あれほど忙しく仕事をすることに憧れていたのに、これは想定外の伏兵でした。
 忙しい→鍛錬が出来ない→射撃が上達できない→ただ試合に出るだけ→悪い成績
 と、こういった図式が成り立つ年月だったわけですよ。
 射撃の鍛錬とは、冷水マサツをするとか滝に打たれるとかではなく、同じことを延々と繰り返して自分の身体にスキルを刷り込むことですから、多くの時間を必要とするわけで、オカネと情熱がそろっても時間がないのでは「人生の実りなど無きに等しく」なんてことになるわけなんですね。ワシはこういう状態でカップに出る自分を哀しくみつめていました。
 もう68才となり、、"えっ? もう終わってますねぇ~、まだしつこくやってんですかぁ~? ははは" と言われてもオカシクない年齢となり、もうあと何回の試合に出られることかというカウントダウンに入っているわけなので、どこかで精一杯の努力をしなければ臨終にさいして悔恨の涙を流しそうなのですよね。
 これではイケマセンから、ひとつ頑張りなおそうと決めたのです。つまり仕事を減らして時間を作って訓練しようというわけなんですね。
 実は、3月にちょっと魅力的な三日間の仕事依頼がありましたが、断ったところです。家にこもって幼い子供たちを見守りながら自分は毎日せっせと訓練に励もうというわけです。なにしろ、カップまでもう三カ月となったので真剣なのですよ。
 "来年はシッカリやろうっ!" と決めたのは去年の5月、カップが終わってからでした。まあ、毎年のようにそう考えるのですが、公務員の責任逃れのようなもので、いざとなるとモトノモクアミ現象なわけです。でも、今年はなんだか違っていました。帰宅するなりセッセと撃ち始めたのです。ただし、やったのはカップの練習ではなくて、なぜかスティールチャレンジの早撃ち訓練だったのです。
 5枚のターゲットを3秒で撃つというスティール、一つの黒丸に3秒かけて1発撃つという移動標的。この相反するような射撃コースになんらかの関連性があるのではないかと考えたわけです。というか、このままダラダラとムーヴァーを撃ち続けていても上達は望めないことが判っていたので、他の訓練方法を探していたわけですね。
 しつこいですが、いくら滝に打たれようと、いくら座禅を組もうと、いくらランニングをしようと、射撃の上達はありません。どの道にせよ優れた精神は何らかの優れたスキルを身につけた者だけにプレゼントされるのだとワシは想っているわけで、座禅は達人になってからやってもいいかと。優れた精神、それは「努力の賜」だというわけではないのでしょうかね。
 ダラダラといくら撃ってもダメ、しかし射撃から外れた訓練はあり得ない、だから射場に足繁く出向いて撃ち続ける、そこに落胆があり消沈があり挫折が待ち受けていようと果敢に攻め続ける。この態度は何事によらず生きる上で必要なのではないでしょうかね。まあ、必要ではないのでしょうが、ワシには必要なんですね、なぜか。

 そこで・・・と、
 スティールで100秒を切る、というのが自分に課した宿題だったわけですが、かなり執拗な訓練の結果それが実り、その時点でガタリとスピードガンをソッと置きました。笑
 そして、2挺のダンスキー改を引っ張り出します。改という意味は38スーパーというキャリバーだったダンスキーカスタムを9mm弾用に改造したというわけです。そしてじつはまだ出来ていないのですが、宝刀ナウリン カスタムも9mmにして3挺態勢にしました。これなら準備した10万発のタマすべてを撃ち尽くしても銃はもちこたえます。
 これで早速ムーヴァーを撃ってみたところ、二日目にはクリーンが出ました。クリーンというのは480点のことで48発のタマがすべて10点圏を貫いたということです。カップで何が難しいかと言うと、この移動標的なんです。他の三種は幾度もクリーンしましたが、コヤツだけにはゼンゼンまったく歯が立ちません。一般のシューターがビアンキカップを恐れる原因はこのムーヴァーだと言われています。だいたい普通の射場にはムーヴァーそのものが設置されていないわけで、そこからしてカップへのチャレンジは難しいわけなんです。
 で、去年の練習では一度もクリーンが出なかったのに今年は早々と2回も出ました。これはやはりスティールのペンジュラムに打ち込んだせいです。トゥリガーを引くときのマインドが強くなっているのをハッキリと感じました。でも、だからといって試合でクリーンできるかというとハナシは別なんです。練習で連続20回はクリーンできなければ本番ではムリなんだとワシは考えています。そういう意味ではワシのはマグレ当たりに等しく、まだ撃ち方がまったく荒いのです。

     ★静止ムーヴァー★
 今年のイチローには、ちょっとエライところがあります。
 それはムーヴァーを練習し始めて3日目にして止めてしまったことなんです。
 なるほど、早々とクリーンできた、しかし連続してはできず、本番で出すには3年早いという考察があったわけです。
 このままムーヴァーを3ヶ月間にわたって撃ち続けていてもたいした向上は望めないのだと感じたわけです。
 そこで今年は「静止ムーヴァー」をテッテ的にやろうと決めたのです。
 静止ムーヴァーとはオカシな呼び方、でもこれがぴったりな表現なんですよん。
 なにかといえば、ムーヴァーが止まっているスキを狙って心臓を撃ち、暗殺するという作戦なんです。
 ムーヴァーは動いているから命中させるのが難しいわけで、止まっているなら楽ちんだろうという考えから始まった訓練方法ですが、ところがドッコイ、スットコドッコイおととい来やがれってなもんで、こやつがゼ~ンゼン難しいんですね。

 自衛隊及び警察の諸君、ゼヒともこのコースを拳銃で撃ってみてくれたまえよ、必ずや「ふ、ふ、フカノーだぁ~!」と悲鳴をあげることを保証するがぜよ。

 で、そのコースは、
 距離25ヤード、または25m。
 標的、径4インチ、または10cmの黒丸。
 両手首を肩の高さより上にあげて待機。
 ブザーが鳴ったらホルスタから抜いて3発を撃つ。制限時間5.5秒。
 これを4回くりかえし計12発とする。

 という簡素なコースです。
 エアガンでなら距離を縮めてターゲットを小さくしましょう。直径2cmの黒紙を茶色のメモ用紙などに貼ればターゲットは完成です、これを3mほどの距離から狙えばイチローの苦闘を理解していただけると想います。  
 ただし、この場合は銃の重量、重いトゥリガープル、そして決定的なのは「反動」の違いというものが重大なる作用を与えることになります。なのでエアガンの人はワリと簡単かも...。ナンブや9mm拳銃の人は不可能だと感じますが、それは反動のせいなんです。
 そうそう、本物で撃つ人で射場の都合で距離をとれない場合は3mから2cmのターゲットを撃ってもよいですよ。
 "どっひゃ~! 3mから2cmに抜き撃ちで3連射かよ~! できるわけねえよ~"
 と感じた人、ふふふ、射撃の経験がありますね? でも、カップガンなら可能なんですよ、値段は50万円もしますが・・・しかしそれとてモウレツな特訓が必要なのは当然ですがね。ワシもまだ確実にはできません。

 さて、ともあれ、
 どうして静止ムーヴァーをやろうと決めたのかといえば、その理由は簡単なんですよ。「止まってるのを撃てないで、どうして動いているモノに当てられようか、アホウめが・・・」というしごくもっともな正論であるわけなんですね~。そして、止まっているモノを撃てれば、動く標的では滑らかな追跡の技術を加味するだけでよい、ということも言えるんです。
 ムーヴァー討ちはあまりにも難しいので、一歩さがってトゥリガープルの磨きに集中しようという計算もあります。それにムーヴァーを撃つためにはクルマで射場まで出かけ、バッテリーにコードをつないだりコントローラーをセットしたりと簡易に始められないわけで、1回の練習に最低でも2時間は費やすことになるんです。
 ところが静止ムーヴァーは裏庭に出ればすぐに撃てます。そこには鉄板で作ったビアンキターゲットがあり、その真ん中には4インチの穴があるんです。ガインと鳴ったら外れ、ズゴッと鳴ったら当たりなんです。外れの弾痕には茶色のペイントを塗ります。これを25ヤードから見たら誰も鉄板だと想わないというシロモノ、というか茶モノなんですよん。これってビアンキターゲット品評会があったら特別アイディア賞をいただけるなんて想いません?
 もともとこれはプラクティコオのイヴェントを安価に手軽に練習するために作ったものですが、ここにきて別な威力を発揮することになりました。

 さて~・・・
 "三発ずつならできるだろうな・・・"
 という気持ちがあり、サッサと巧くなったろ~と想っていました。ところが、ガイーンが多いんです。ガイーンだらけなんです。次から次へとガイーンなんです。ガイーン、ズボッ、ガイーン、ズホッなんです。お恥ずかしながら、半分はガイーンなんです。いとも簡単にヤッツケラレてしまいました。
 これじゃムーヴァーに勝てないわけだと完璧にナットクしました。
 自分が観て巧いと認定できるまではムーヴァーは撃たない、と決めたのはこの時なんです。でも試合まで3ヶ月しかなく、現実的には4月いっぱいまでに決着を付けないとイケナイという不安はあります。
 初日は自分のダメさに衝撃をうけて半日は入り浸りました。いくら撃っても12発がXに入りません。2日めは仕事を放擲して朝から夕まで撃ちました。それでも連続12発は達成できません。最後の1発を外して人間の小ささを丸出しにしたこともあり、ちょっとショゲました。もともと自分は小者だという認識はあっても、なにも自ら丸出しにする必要なんてないと想いません? 辛いですよ~!
 そして3日めも駄目で、4日目です。
 これが今日というわけです。この原稿を途中まで書いて昼寝をし、昼食後から攻撃に出かけました。攻撃とはいっても相手が撃ってこないのでそれほどオソレはありません。もし撃ってきたらそれこそ市コロですね。笑い
 最初のトライ、実はこれが最も大切であり、ここで勝てればその日の練習は他のことをやればいいのです。でも当然のようにガイーンが出ました。そこで実弾とダミー弾を100発ほどずつまぜて撃ちます。それを弾倉にこめて銃にインサート、スライドを引いて放します。さあ、タマが出るか邪が出るか? タイマーのボタンを押して両手を挙げます。3秒後にブザーが鳴ります。ドロウします。両手で拳銃を握って持ち上げます。黒丸を狙います。トゥリガーを引きます。カチッ! ぁ! 銃がガクッと動きました。邪が出ました~!
 カラ撃ちの場合と、実弾が装填された場合はトゥリガーの引き方が違うんです。これをトゥリガージャークと言います。フリンチとも言います。ガク引きのことです。
 銃を巧く撃てるかどうかというのは、トゥリガーの引き方にすべてがかかっているのです。つまり、装填された銃でもカラ撃ちのようにトゥリガーを引ける人は巧いシューターであり、ガク引きの程度でヘタ度が決まるということなのです。
 トゥリガーをキレイに引くというのが射撃の奥義であり、そこには奥の深さもヘッタクレもありません。ただ、素直に引けば当たるんです。それだけのことなのです。たとえば奥義という文字を「おうぎ」と読まず「おくぎ」と読んだり、廉価版を「ケンカバン」と読む人は奥の深い人ではないと他人に想われるかもしれません、が、それでもトゥリガーをまっすぐに引ければ射撃の奥義を究めたことになるのですね~。
 ともあれ、
 今日のスライドを引く回数は数百回におよび、実銃のスライドは重くてスプリングも強いため左親指の指紋が消え、終いにはとうとう親指の皮膚が破けて血がにじみ出してしまいました。その甲斐あって調子はあがり、遂に12発をキレイにXリングに放り込むことができました。もうテッポを握っただけで手の骨が折れるだろうと想われるくらい疲労していました。で、ようやく一勝を勝ち得たわけですが、次のトライでも巧く撃てるかといえば、これがノーなんですよね~。撃ち方がどうにか判ったとはいえ、あの集中力をまた出せなんて言われてもムリなのです。次のクリーンはいつになるやらという状態です。もしも5割の確率で出せたら動くムーヴァーに移行しても恥ずかしくないかと想うのですがね~

 それはともかく、
 完全クリーンでなくても、9割の確率で10点圏に入れることができたら本物ムーヴァーの練習権を自分に与えてもいいと考えています。Xリングがコブシなら10点は手を開いた大きさです。現段階では5割の確率というところなのです

 で、日が沈み、朝日となって昇りました。
 今日は25日です。4時起きでした。
 けれども、天気は一転し冷たい雨が横殴りに降っています。風がこれまた強く、Xリングを狙うなんて無理そのものです。
 そこでゆっくりしながら原稿を書くことにしました。このさい「射撃の難しさ」とはナニかということについて書くための絶好の機会かと想うわけです。

 ではさて、
 射撃はどこがどう難しいのか?
 ということについて一度は解説したかったわけで、この機会に書きましょう。
 まず、射撃の世界は奥深いか?
 という問いへの答えですが、
 「ぜーんぜん奥なんかありませ~ん!」
 と、ワシには言いようがないんですよ。
 「ただ、ターゲットの中心にサイトを合わせて引き金を引いたらええだけやん」
 なぜか、どういうわけか関西弁ですが、これが答えのすべてなんです。
 この30数年間、銃を撃ち続けて奥が深いなどという実感など一度もあったことがないのです。
 ただ「単純な事なのに、あまりにも難しい」とは常に想っています。たとえば想うことは、柳の枝が垂れ下がり、元気なカエルたちが集まってその枝に飛びつこうとする、3匹ほどの早稲カエルは早々と飛びつけて、市ガエルはあと2センチというところで届かず落ちてしまう。調子によっては枝に触れるところまで飛べるのに掴めないでいる。べつに飛びつく必要などなく、それが出来たからといって花子ガエルにキスされるとかの目に見える収穫などあるわけでもなく、ただピョン生の楽しみとしてのチャレンジでしかないということ。と、そんな感覚なのです。

 難しい事を奥が深いというのなら、それはそうでしょうが、たとえば武術の奥は深いなんていう格闘家みたいな人がいたら、その人をあまり信用しません、ちゅうかワシは精神主義が嫌いなので表現のしかたがワシの感覚に合わないのでしょうね。とくにタバコをふかしながら「奥が深~い」なんて言うヤカラさんにはバーカと想ってしまいます。
 さて、射撃に奥があるのかどうかは個人のとらえ方でもあるのでほっときましょう。
 でもね、だいたいこの世の中に難しくない事って何かありますか? ワシにとっては、ただ道を歩くことだけでも難しいという気がしています。どこまで歩けるか持久競争をしたら早々と負けてしまうでしょう。10mの高さにある平均台を1km歩くということになったらさぞかしビビルでしょう。そして自分の歩く能力を上げるということの難しさに直面するはずです。
 でも、こうなると物事の洞察力の世界に入ってしまうのでここでは止めて、ハナシをもどしましょうね。
 基本的には、そんなことや理屈などはどーでもいいんです、まあ、つれづれに書いてみましょう。

 "イーチは偉いわね、なかなかそこまで努力できないわ・・・"
 とナナリン妻が言いました。
 雨の日も、風の日も、そして風邪の日にも青ばな垂らしながら射撃訓練をしているワシを観て感心したというのです。
 "努力してるってワシがなにをやっているか知ってる?"
 とワシは聞きました。えっ? と彼女は首をかしげました。
 "ワシね、書道で「一」という横一文字を書くだけを延々とやっているだけなんよ、つまり銃を抜いて1発撃つということ、この難しさは筆で一を書くのと似ているんじゃないかとね・・・"
"そーかぁ、それは難しいわ。私も久々に筆で手紙を書いたけれど、練習していないから文字がそろわなくて諦めたところなの。やっぱりイーチのように毎日毎日やらないと手が忘れるのよね。とはいっても毎日墨すったり硯を洗ったりも大変だしね。だからその「しようとする」努力に感心しちゃったのよ・・・" 
 彼女は書道の師範という免状をもっているだけに筆使いの難しさについては知り抜いているわけで、ワシの気持ちは伝えやすかったのです。
 "書もね、震えがくるの。たかが一線書くだけなのに、上手く書かなきゃと気負うと震えたり、思ったより上手く書けて最後の一字になって「この文字さえ上手くいけば!」みたいな妙な期待をしたりすると何故か突然ガクガク手首や指が震えるのよね。そうなると最後の一文字のせいで反古ね。逆に安堵したせいで最後の文字だけドッとだらけても同じだけど。ちょっと書を学んでる人なら線の震えは解ってしまうし。線が震えていたら昇段試験なんかでも真っ先に落とされると思うわ。基本中の基本というか・・・"

 ああ、緊張、そして震え・・・。
 これなんです!
 射撃も緊張による震えでトゥリガーを正しく引けずに的を外すのです。ただ専門家が観なくてもターゲットの中心から外れているので誰にでも判ってしまうのです。
 練習では巧くても試合では巧くない、というのは典型的なことですが、原因は試合の緊張による震えなわけです。
 ワシの場合は練習でも震え、試合ではもっと震えるというわけですね。27年間も震え続けているわけですよ。笑い
 でも、この震え以外の大敵が射撃には存在します。
 それは「怯え」なのかもしれません。または自然な反応とも言えます。パチンと顔を叩かれるとビクッとして目もつむりますよね? あの反応です。シロートの人がテッポを撃つと目をつむるものです。"こらー、目は開けとけ~っ!" とワシは教え、まずこれが射撃の第一歩かと。
 なにしろ、両手の中で火薬が破裂しナマリ弾が飛び出し、雷のようなショックを与えられるのですからカナリの慣れが必要となります。そしてこのビクッという反応は小さくはなりながらもいつまでも消えることはなく、そのビクリの度合いが射撃レヴェルを決めるわけです。
 
 「射撃の秘密はトゥリガーコントロールにあり」という言葉がありますが、上級シューターほどこの言葉を噛みしめながら練習することになります。
 トゥリガーコントロールとはさも複雑で難儀そうに聞こえますが、なぁ~に、その意味は「トゥリガー引き」という意味でしかありません。しかしですね、チッ、と1mmほど引くというこの一瞬の行為ですが、そこにはもうスサマジイばかりのドラマがあるんです。引いたあとはハンマーがピンを叩き、ピンは雷管の尻に激突し雷管は起爆、その炎が火薬に点火して爆発が起こり、その爆風で弾丸が筒に飛び込み、ライフリングによってギリギリと回転させられながら銃口より突進してゆくわけで、それらは銃という精密機械がやってくれるわけで、なにしろ難しいのは人間がやらなければならない「引く」という単純作業なのです。もしも機械に知能があったら、どれほど人間はバカにされるかしれたものではないですね。
 で、引くということは、本当はまったく簡単なことで、誰でも出来ることなんですね。ためしにカラウチをしてみてくださいな、けっして難しくなどないですよね?
 でもね、ワシにとっては猛烈極まるほどに難しいんです。
 ポリスコンバットでグランドマスターとなり、コンバットシューティングでAクラスとなり、スティールではスーパースィニアのクラスで3連続優勝、ビアンキカップは27年間も撃っているというワシですが、この単純極まるトゥリガー引きに悩まされ続け、こんにちに至っているわけです。

 などと書きながらコーフィーをすすり、ふと耳を澄ますと静かなんですね~。で雨も小降りになっていました。キャップを被ればモンダイナァーイようなので、ちょっと出かけて撃ってきます。このチャンスを逃がすと本日の射撃ゼロ発ということで精勤賞にキズがつくようなので行きます。
 去年のカップ以来、本日までの訓練日数は182日となりました。これから本戦まで60日は訓練できると想われるので、なかなか恥ずかしくないだけの日数は稼いでいると想うのです、が、でもそれにしては大して向上してはいなく自分でもメタクソに情けないです。

 はい、もどってまいりました。
 まあまあの出来でした。
 えー、もう疲れたのと子供達と遊びたいので今日のところは終わりにしま~す。

 でもって翌日となりました。
 天気予報では雪マークだったのですが、雲ひとつ見えない快晴です。だいたいにこのあたりの予報は現時点の空を見上げることでしか決まらないんですよ。でも空気は冬の長野県みたいに冷たく刺してきます。
 まずは朝のコースをやってきました。
 これは本日より毎朝やるもので、10、15、20、25ヤードの各ステイジで12発ずつ撃つという「静止ムーヴァーフルコース」というわけです。10と15では5秒間に6発ずつ撃ちます。こうなるとまったくの疑似ムーヴァーです。成績はなかなか良好で自分でも驚きました。チカラを抜くということが身についてきたという気がします。

 さてと、トゥリガープルの話でしたね。
 テッポのトゥリガーを引くことは誰にでも出来る簡単なこと、です。
 でも、タマの入ったテッポとなると、もうそれだけで緊張します。銃を規定された時間内に撃てと言われるとトゥリガーの引き方をいとも簡単に忘れて乱暴に引きます。さらに決められた時間に3発だの6発だのという連射を要求されると、だいたい自分がナニをしているのかも見えなくなって乱射に走ります。
 つまり最も簡単でもっとも大切な動きを真っ先に忘れるわけです。
 ただ狙って静かに撃てばいいものを、心がパニクッて自分が自分でなくなる、というより自分の真の正体が現れる、というわけです。
 平常における人間は、尊大で高慢で横柄でえらそうにしていますが、コトが起こると判断力など消え去ってアッパッパ~になるものです。射撃をするとそういう自分を浮き彫りのように鮮明に観ることができるんです。
 ウソだと想う人はエアガンの試合に出てみてください。出たくないという人は、すでに自分の正体を知っているからかもしれませんね。んで、そこで負けずに挑戦を続けると自分をコントロールできるようになるわけです。挑戦は自己を磨きます。成長したかったら何かにチャレンジすべきなんです。
 チュイーン! ん、話が跳弾しましたね。
 
 で、カラ撃ちだと簡単、装弾して撃つのは難しいという厳然たる事実があります。
 たった一発をゆっくりと撃つにしても人間はガク引きします。ガク引きというのは、反動を怖れるあまり乱暴に引いてしまうことです。反動なんて気持ちのよいものであり、銃撃の迫力を味わえる楽しいこと、なのに身体はビクついて引くのです。
 これがターゲットが小さくなるほどに大きくなるんですよね。狙いに集中するために余裕がなくなってガクッと強く引くわけです。で、ガクッというのが撃ったあとならまだいいのですが、引く前に銃を八方に振ってしまうという「先ガク」になってしまうのですね。ターゲットをキレイに狙っているのに、わざわざ銃口を逸らしてから撃っているわけで、これがいつまでも治らないわけで、これでアタマくるんですよ。
 "バカ、バカバカ、バカタレー!!"
ワシは自分を何万回も罵りました。そして今も日に何度もノノシッています。
 自分にあきれ果てています。自分は真性の覚えの悪い役立たずだと想っています。
 逢えば判りますが、ワシはぜんぜん気取らず、優越感に浸らず、フレンドリーで話しやすい人間です。これは射撃を通して自分の正体を見極めているからなのです。エバっていても自分はごまかせんからね。まあイーゴウの強い人にはズゴッとXリングを貫くようなことは言いますがね、ふふっ。

 えーと、これでトゥリガーを引くことの難しさを判ってもらえたでしょうか? いやいやそんなハズはありません、だってゼンゼン書き足りてないんですもん。ガクーッ!

 さて、初めて拳銃を撃つ人の場合、第一発は狙ったところにズボリと当たる場合が多いです。
 「反動がすご~い! 気持ちええ~!」とすっかりご機嫌になります。そして2発、3発と撃ち、やがてすぐに当たらなくなってきます。やればやるほど外れます。自分では落ち着いて集中しテイネイに撃っているつもりなのに外れます。しまいには地面に着弾し自分でも驚き「ガヴァメントはタマが下に行く」なんて真面目に言い出します。まさか自分がものすごいフリンチをしているなんて誰も想わないのです。いとも簡単に銃のせいにします。これが典型的な初体験というわけです。ひどい場合は自分のフリンチをいつまでも認めず、遠くを撃つのをやめて3mだの5mだのの近距離でしか撃たなくなります。これだと自分の欠点が見えにくいので本人は嬉しいわけです。しまいには「拳銃によるコンバットは7ヤード以内でおこる」みたいに聞いた風な講釈をします。こんなヤカラにかぎって25mで撃たせるとシッチャカメッチャカな弾痕を見せてくれます。でも25mを撃てないヤローはシューターとは言えません。拳銃のサイトは25mに合わせ、基本として25mまたは25ヤードから練習するのが本道だとワシは想います。ワシだけではなく、おそらくどの教官も言うはずです。こうして初めからトゥリガーコントロールの訓練をしないと後々になって遠回りすることとなります。さらに拳銃の良し悪しを判断するにも25ヤードでのスタンディング射撃は欠かせません、この距離から撃つと銃の欠点も大きく浮き彫りとなるわけです。もちろん、かなり射撃が巧くないとテストなどできないのは当然ですが・・・。

    ★フリンチという怪物★
 ビクッとガク引き、これをトゥリガージャークと言います。ジャークという言葉にはグイと乱暴に引っ張るといった意味があります。
 それとは別に、ガク引きのことを「フリンチする」と言います。この意味はヒルム、尻込み、たじろぎ、といった意味です。
 つまりフリンチの心がジャークを生むということでしょうね。
 9mm拳銃の反動なんてたいしたことなどなく、手首が折れそうというわけでもなく、どちらかといえばちょっとした快感なわけで反動を怖れるなんて考えにくいものがあります。でも、撃つたびにガクッと銃を押さえ込もうとしてしまうのです。想うに、人間には意識下にもうひとつの意識があるようです。観たわけではありませんが、人の心は表面意識と潜在意識との二重構造になっており、潜在意識のチカラたるやモノスゴクその人の人生に大きな影響を与えているような気がします。
 "トゥリガーは潜在意識に引かせるんだ、意識して引いてはイケナイよ" 
 とダウグは言います。この男はビアンキカップで幾たび優勝しているか判りません。まったく世界一の拳銃射手です。意識を使ってターゲットをとらえればトゥリガーは潜在意識が引いてくれるんだそうです。
 たしかに "今だ引けっ!" なんて考えてしまったら大ガク引きがでます。気持ちよく撃てるときは照準が決まれば自動的に発射されます。たしかにナニも考えたりしてはいません。
 たとえばボウルが自分に向かって飛んできたらパッと捕れます。あるいはよけることもできます。そこに思考などありませんよね? あの要領でターゲットを捉え、身体に引いてもらえばいいのです。
 ところが表面意識の世界でジタバタの混乱があると潜在意識に任せるという申し送りがなされなくなり、とんでもない事になったりします。"あれ~? なんでオレはこんなこと言ったんだろう? 予定なんかしてなかったのにな~? " なんてことは年中ありますが、それは意識下の心が言わせているわけですね。
 ワシはよく自分の潜在意識に仕事を頼みます。だってあっちのほうがアタマいいし実行力もあるのですからね。たとえばバッグなどをディザインするとき、作りたいモノの条件や理想をいろいろと考えて想い悩みます。ちょっと行き詰まったりして悩むんでないとアッチは無視するみたいですよ。なので、ウーン、ウーン、てえへんだぁ~みたいに深刻に考えるんですね。そして疲れてグッスリと眠るだけです。すると翌朝、ジャーンと脳裏に鮮明な映像が浮かぶんです。ときとしてオイラは才能があるんじゃないかって想ってしまうくらい明らかに自分の能力を超えたモノが浮かぶんです。もちろん撮影も同じで、写すモノと小道具をじっと観てからちょいと昼寝でもすればちゃんと映像を作ってくれるんです。これは本当にマジですよ。
 で、ところが、
 なぜか射撃となるとワシの潜在意識はあまり助けてくれないんですよ。これが射撃才能に欠ける原因だと想っています。
 でもこのままホッてはおけないので、無意識に撃てるようにするためにイッショケンメに訓練をするわけです。表面意識がかなり真剣であり努力する気持ちがないことには意識下は助けてくれませんからね。
 そこで、どんな練習をするかというと「ダミー弾訓練」なんです。

     ★ダミ弾訓練★
 ダミーとは役立たずという意味で、タマの場合は発射できないカートリッジということです。リロードをするときにプライマーが入ってなかったとか、逆さに入っている駄目弾を使います。カラ撃ち用のプラ製も売っていますがウチにはこれが500発はあるので買う必要などありません。これをダミ弾と呼び、トモや石井がくると「ダミ弾訓練」を強制的にやらせています。
 これはそれほど楽しい訓練ではないので、あまり長くはやりません。で、これが今までの失敗の元だと判りました。これは徹底してやるべきで、訓練時間の半分くらいは費やすべきだというのが最近のワシの考えです。
 静止ムーヴァーをやる決心をしたのも、このダミ弾訓練を延々と行うためでした。
 やり方は簡単です。まず、本日撃ちたいだけのタマをカゴに入れます。時間がどれくらいあるかによりますが、200発くらいあると効果的です。そしてダミを好きなだけ混ぜます。今日は頑張ろうと想ったときはうんと入れ、自信がある日は少し入れます。だいたいは等量を混ぜます。
 それを弾倉に詰めてタイマーを使って練習するだけです。ブー! と鳴ったらドロウしてトゥリガーを引きます。カチンとハンマーが落ちて照準が微動だにしなかったら合格です。ガクッときたらアウトです。とてもとても難しいことです。ほんとに信じられないくらいに難しいんです。自分に怒ってしまいます。消沈します。悲しいです。忌怒哀落そのものです。しかし時々素晴らしくキレイな引きが出ます。狙うだけでサブコンシャス君(潜在意識)がコトンと引いてくれ、もうそれはそれは美しくて感動的で、ヨーシッ! と独りで叫びます。ほんとですよ、これ。
 これでひとしきり撃って、連続的に出来るようになったら「検定」に移ります。これはすべて実弾で3発ずつ4回、計12発を撃つというものです。かなりプルがキレイになっているのが自覚できます。でも全弾がXに入らないかぎりはダミ弾にもどります。これを半日やっているとさすがにキレイになります。よしよし、と満足して翌日いきなり12発に挑戦します。するとすごくキタナクなっており、昨日の練習成果は消去されています。とてもがっかりします。ですが負けずに同じことをくり返します。夕方には巧くなります。でも翌朝は消去です。なので3日間もやるとイヤになってフルコースを撃って外しまくって楽しんでしまいます。これを何年間もくり返してきました。イヤになってはイケナイのですが、やってられないんです。楽しくないんです。退屈なんです。コンジョが続きません。
 ところがですね、
 今年のワシはちょっと違いますよ。
 この訓練が楽しくて毎日ワクワクしながらコレばっかやっています。去年もまあまあやりましたが、まったくスケイルが違うんです。ほんとに自分でも感心するくらいにテッテ的にやっています。
 ダミ弾訓練の良いところは、タマ代が半額となり、ダミ弾が自分の欠点を確実に指摘してくれるというところです。ライブ弾よりも高い役柄なんです。効果絶大というか、絶対にやらなければならない訓練なのにコストは半額というわけです。これをやると重たいスライドを引く回数がメチャ多いので左の親指からは一部の指紋が消えました。血も出ました、でももう皮膚が硬くなって痛くもありません。
 スティールでさんざやり、ビアンキ訓練ではまだ数日しか経っていないのですが、明らかに巧さが出ています。といっても10%ばかり向上したというところで、まだまだ実戦で証明できる段階ではありません。できたかな~という感触があっても次回にはフリンチの嵐となるんです。せっかくの訓練なのに半日もかけたのに寝ているうちに消去されてしまいますが、それは100%消されたのではなく、たとえば10日間やればカスぐらいは残るようになると想うのです。このカスをうんとこさ貯めてみればなんとかなるのではないかと。薄紙を丸めたとはいえ便所紙はなかなか太いですしね~、ははは。

 さあ、これで射撃のどこが難しいのかちょっと判っていただけたでしょうか?
 すごくツマンナイことが障害となっているわけですよね? いやまったくしょーもないことでドン詰まっています。カップには世界の強豪が集まって撃ちますが、ムーヴァーをクリーンできるのは3人程度で、ほとんどのシューターはトゥリガーコントロールのモンダイでクリーンできないわけです。これはクルマのレイスでいえばどれくらいアクセルを踏んでコーナーを曲がれるかといった感じで、見物人には判りませんが撃っている本人は猛烈な迫力の世界で闘っているのです。まさに緊張の世界で震えながらも必死の想いで冷静と柔軟を保ちながらトゥリガーを引き続けるわけなのです。
 ムーヴァー標的に48発撃ち込む制限時間は7分、じっさいは5分とかからず撃ち終えます。年に一度だけのチャレンジ。ワシはこの5分間バトルのために200日間も訓練しようとしており、それでも去年より成績を上げられるかといえばあまり自信がありません。ある程度の域に達すると「勝負は時の運」となるのですね。
 昨日からすごく面白い目覚まし時計を10時にセットしました。これは時刻になるとドンチャッチャ~スッチャッチャと音楽が鳴ってストリッパーがクルクルと棒のまわりを回ります。残念なことに赤い水着を着ているのですが、おおいに気に入っています。
 これはブログに載せないとイケマセンね。
 で、どうして10時かというと、本戦でムーヴァーをワシが撃つのは10:15amなんですよ。なので10時になったら弾倉にタマを込めてホキマに出向き、フルコースの静止ムーヴァーを撃つわけです。
 実はさきほど撃ってきたのですが、今日は小雨で風が強く10点を4発ばかり外してしまいました。フイと腕が風に押され、その風圧でというより気持ちが乱れてフリンチが出たのです。技術の低さと心の弱さですね。試合はこういった天候でも撃たなければならないわけで、これも良い経験です。
 イッショケンメに訓練して、あとはママヨと撃つ、これしかないわけで・・・。
 ああ、それにしてもドキドキしますね~。

     ★レンジバッグ★
 毎年のことですが、銃を入れるバッグにはイマイマシー気持ちがありました。
 市販のバッグには大柄なカップガンが収まらないし、使い勝手はよくないし、せっかくの世界大会なのに心のどこかにミジメな気持ちが潜んでいました。ミジメというより気障りとでもいいますか、とにかくイライラを感じ続けていました。
 来年こそは気分の良い快適なカバンを作ったるんやいっ!
 と、誓いに似た感情が湧きました。
 そこでまずはステイジ用の小型バッグを作りました。まずはこれがあればステイジにおいてはカンファタブルで豊かな気分になれます。でも、それは「前線用」であり、待機基地においての装備には寒いものがあります。 
 ステイジに赴くときはホルスタは腰にあるので、あとは銃とタマとエントリーカードくらいがあればよいわけですが待機中はスペアガン、クリーニングキット、工具類、それにベルト&ホルスタなどといったモノを収納できる大型バッグが必要となります。イヤープロテクターなどはカサバルのでいつもジャマであり、しかしいつでも出せる状態でないとまずいことになります。
 そんなカバンは「レンジバッグ」と呼ばれ、すべてのシューターが持っています。
 実は最初にこれを作ろうと計画していたのですが、タフプロ社ではワシの描いたスケッチをカタチにできず困惑していました。二回作ったのにミゴトに失敗しました。ではまずアンモケイスを完成させようと想い、それをやっているうちにステイジバッグの構想がわいたわけです。これとて縫子さん泣かせで、いろいろと工夫のあげく量産できる構造にたどりつきました。これでとりあえず嬉しかったワシですが、レンジバッグの失敗には悔しいものがありました。
 "いいかいラモーン君、もう一度チャレンジするんだ、まず、完成図をアタマに描いて型紙を注意深く作ろう、内部にベルクロを貼ることでドウムシェイプは保てるはずだ、いわばステイジバッグの変化形だから今度はできるんじゃないかな・・・"
 そう持ちかけると、ラモーン君は待ってましたと目を輝かしました。彼自身もまたプロト製作の失敗に腹を立てており、再度の挑戦をしたかったのだと言います。そんな彼の目を見たとたん、ワシには完成できるという予感が走りました。やる気のあるヤツが二人そろうとパワーは2倍ではなく4倍となります。モンダイなのはヤル気のある相棒があんまり見つからないということです。
 そして送られてきたのが、ここで見ていただく第三プロトタイプです。
 一瞥してイメイジ通りで安心しました。真ん中のメインコンパートメントの上はドウム形になっており、高さを稼いでいるのでベルトやホルスタなどが楽に入ります。その両サイドにはカップガンが入るガンケイスが付いています。レンジバッグとなると最低2挺の拳銃を入れたいわけで、ステイジバッグにメインガンを入れておくので計3挺の大型拳銃を楽に収納できるという作戦です。バッグの両端はモーリーになっており、専用の大きなドウムバッグが付きます。この片方はやや背高になっており大きめのイヤープロテクターが収納できます。その両側には小さなメッシュポケットを設け、そこにドリンクや小物が入ります。
 使い勝手を試すためにホキマ射場に行くたびに持って行き、両方の銃を交換しながら撃ったりダブルズィッパーの開け閉めの具合を確かめています。もちろんズィッパーはYKKですが、ダブルの部分はワンサイズ大きなズィッパーに変える予定です。
 この原稿を書き終えたらタフプロ社に行ってデンワやメイルでは説明できない部分などをラモーンと相談しながらラストプロトを製作します。
 他人の作ったものをコピーするのは簡単なことですが、まったく新しいディザインを完成させるというのは創造力の要ることであり完成までは数々の問題点が出るもので、細かい部分まで見直してゆくために時間もかかります。が、どうやらビアンキカップには間に合うので試合がいっそう楽しみなものになりました。
 こまかな改良点はブログに載せますから見て下さい。なお、これほど大柄なレンジバッグは日本のエアガンシューターはもてあますため需要が少ないと見込み、日本には50個ほどだけ輸出する予定です。もし売り切れた場合は注文による取り寄せというカタチにするつもりでいます。
   ではまたっ!   イチロー
 

人の不幸を見て安心するという表現が適切かどうかわかりませんが、今回の震災
では私の不幸は他の人の不幸に比較すればたいしたことはないし、大げさに自分を
不幸だと言うほどのことではないと思ってます。
 私のオフロードバイクは津波にのみ込まれた倉庫の中に入っていて瓦礫の下敷
きになりましたが出てきました。出てきただけまだましです。完全に流されてしま
った人がいるんですから。
私の住んでいるところは今日も0.3μSvですが、もっとひどいところが沢山あり
ます。妹の義理の両親は強制的に避難させられる所に住んでいました。彼らに比べ
ればまだ自宅に住んでいられる程度の放射線量です。

これが私だけに起きたことならば不幸のどん底をさまようことになるとは思いま
す。

福島県から避難した人たちを被曝していると見るのは当然だと思います。実際に
被曝が怖いから避難しているのですから。そしてそれをいじめの種にしたり、差別
の種にするのはある意味当然だと思ってます。
 学校でのいじめの種はなんでもいいんです。なにか自分達と違うものがあれば
それだけでいじめることはできるんです。いじめをした子供は別に福島から来た子
供をいじめなくても、普段からいじめをしていた子供なんだと思ってます。

 避難した人たちが、旅館で安心して「三食昼寝付きだ」ということもわかりま
す。私も一晩だけでしたが自分の地元じゃない場所の避難所で過ごしましたから、
いかに避難所が楽じゃないことがわかりました。そんな避難所にいる人たちに向か
って言えば「三食昼寝付き」だからこっちに来いって言いたくなるでしょう。

避難する人たちが全員同じような気持ち、同じ境遇でいるわけではないのですか
ら、その人達の普段の素行が出てしまうという事はあると思います。
私もmixiかなにかで読んだことがありますが、福島県の喜多方市のラーメン屋さ
んで「避難民なんだからタダで食べさせてもらって当然でしょ」という連中がいた
らしいです。そんな考えを持つ人は普段からそういう素養があった人たちだと思っ
てます。

満ち足りた生活をしているときには見えない、それぞれの人たちの奥が見えてし
まう状況になってるのは間違いないです。
by だみあん

市より、
だみあんさん、ソノ昔、Gun 誌の仕事をしていた頃ですが、様々な日本人に出会いましたよ。そのころは読者が問い合わせればイチローの連絡先は誰にでも教えていいことにしていました。
「アメリカに住んでるんだから、わざわざ来た者の面倒はみるべき」
と、連絡してくるの人のだいたいはこのタグイでした。
そのきわめつけの例をひとつ、、

「初めましてイチローさん、ボク Gun の読者です今サンフランシスコの飛行場に着きました~」
「ああそうですか、、でどこに泊まるんですか?」
「えっ?・・・迎えにきてくれないんですか?」
「こんなにいきなりじゃムリですよ」
「しょーがない、今夜はホテルに泊まりますから、明日来てください」
「明日も予定があってダメですね〜」
「ええ〜!? じゃいつならいいんですか〜!」
と、怒気を含んだ口調となる。
こっちもムカッとなる。
「君は大学生で夏休みの旅行ですか?」
「ええ、そーですよ」
「あのね、社会人という者は、だいたいに平日は働いて
いるものなんですよ。いきなり来て迎えに来いと言っても
できないものなんですよ」
「ええ・・・ああ、、でも〜・・・」
「とにかく今回は会えません」
               ガチャン

これは最悪ですが、似たようなのはいろいろ
ありましたよ。
「情けは人のためならず、必ず自分に戻ってくるもの」
なはずなのに、
「情けは人のためにならず、ほっといた方がよか」
という世の中なんですかね~

でもとても良くしてくれる会長さんもいて、
わざわざ日本の自宅にワシが泊まれるようにと洋室を
建て増しして迎えてくれ、飛騨だとか屋久島など、
長い旅行にも連れていってくれました。

で、ケンの場合はホームステイに来ていて、そこから
手紙が何回か来ました。帰るころになって
「今回はイチローさんに会えないまま帰りますが・・・」
という手紙だったので、
「まあガンエクスチェンジに行くから、なんなら
そこでちょっとくらい会いましょ」
ということになり、熱のある好青年だったので家に誘い
それから何十日ものホームステイとなりました。
ケンの計算ではそれは300万円にあたいするから
いつか払います、とのことですよ♪

そうそう、自分は有名人だから(と言外に匂わせながら)
今LAにいるから寄りたい、とUのもいましたね〜
でもウチに来られるとつきっきりで世話をしないと
ならないので忙しいときは断るしかないんですね〜
「他の日にトモが来るときに同行してよぉ〜」

トモはいつ来ても放っといて安心で、有能な助手まで
やってくれ、どんな客が来ても任せられるんですよん。

やっさん、翌日に来るつもりが断られて逆ギレ、
その後は熱心な2チャンネラーとなってワシの悪口を
せっせと書いています。

そうそう、いろいろなガンスミスを紹介してほしいと
頼まれてショットショウでそうしてあげたら、その後
どうにもアメリカで成功できなくて、これまた
イチローは詐欺師だのとわめき散らしている敗残者も
いますね〜
この男、昔世話になった女性のでたらめな悪口を
言いふらしているので、早々に出入り禁止にした
んですよん。それで怒り狂っているんですよね〜
今やワシへの嫉妬に狂ってものすごい悪相になっていましたよ〜(◎-◎;)

いや〜、、想い出せばいくらでも魑魅魍魎が居ますね〜 (×_×)

さっきKOちゃんのコメントに以下のような返事をしました。

KOちゃん、>そのホテル&旅館で出されている食事が、不味いと文句を言い< これってホントですか? まさか〜!・・・でもあり得る、、ほんとにあったらホテルはそいつらを即刻追い出すべきかと。出るときに尻を蹴飛ばしてもイイと想うな〜。ワシの避難のイメージは毎日乾パンと水だけなんすよね〜、、小学校の時火災で30以上の家が焼け、ウチも焼け、学校の講堂で避難生活して、誰も食い物にモンクはいわず「ありだかいね〜」と言ってまして。風呂屋さんもタダにしてくれて親たちは感謝してましたね〜、、、時代がちがうんですかね〜・・・まあそのうちにトラクターをもってきて米畑を作ってくださいな 笑


ところが、載ったのを見ると

KOちゃん、>そのホテル&旅館で出されている食事が、不味いと文句を言い

とだけなんですよん。むーさんどーしてくれるのっ! とやつあたり〜 笑

自分のコメントを読み返すことはめったになく、たまたま発見したのですが、
これはガマンできませんね〜

30分もかけて書いた文が消えたりして、再度書く元気はなく、
それからはコピーしてからクリックするようにしていたのですが、
ついつい忘れてクリック、そしてボワーンと消える。

「ヨッスィー、なんとかしてや〜!」と言ったら
「ミリブロ調べたらずっと調子がいいみたいでっせ〜」
と言うんですよん。

というわけでミリブロさんの招待をいただいているので
新しいブログに引っ越すための準備を始めますよ、
いいですよね? 皆さん?・・・

仕事が一段落したので、とにもかくにもこれから射場に走って
ムーヴァーを撃ってきます(^^)
今夜はトモが到着し、明日からは本格練習なんですよん。

火薬ガスを胸一杯吸って大空に羽ばたく市であった\(^O^)/

で、射撃をやると体内のナマリ量が上がるらしいです。
ベラという女性シューターはたまにチェックをしているようです。

まず、タマがナマリのままなのか、銅などで被われているか、
これでかなり違うのではないかと、、ナマリむき出し弾はナマリ粉が
飛散しますからね〜
それとインドアレンジは煙がこもってモーモーしており、
これは怖いですね〜 でもレンジマスターはそこに毎日いるんですよね〜

ウチはアウトドアレンジで風がうまいこと後ろとか横から吹いている
ので煙の吸引量は少ないです。風上に撃つとかなり匂いますよ〜

これはほんの市例ですが、ワシは30年以上撃っていてピンピンしてます
からね〜(^o^)

まあ、体内にナマリが溜まったときは体重が増えるので、そんときは
ちょっとランニングしてナマリを汗とともに流します。
そんなバカな〜と三十郎さんはおっしゃるでしょうが、
ワシの汗は明らかに比重が重く、ポタポタとはながれず、
ボッタボッタと土をうがちながら落ちるんですよ〜(^o^) はっはっは

それと火薬やナマリが身体にわるといいますが、日本人は食べてますよね〜

かやくうどん・・・・わっはっはっは〜

それと鰹のナマリブシ・・・なっはっはっは〜

しかしワシの英語は日本ナマリがひどく、これは明らかに
ナマリ中毒かと、、労災保険を申請しよかな〜

しばらく休みをとれることになり、気分が軽いんです
なのでハイになってます、、ハイ・・・

射撃に出るのでザブトンはいりません、、ではっ!

このごろこのブログがオカシイのです。
ブログを書いてアップしても消えてしまったり、
後になってから掲載されたり、自分のコメントは後ろの方が
削除されたりします。

せっかく書いて公開のクリックを押すと、すっかり消えたり
するんですよね〜 あったまくる〜・・・

そしてとうとうコメントを書き込めないという人からの
知らせまで来ました。

そういえば今日はコメントがゼロでしたね〜
こまたな〜・・・(;O;)

 私の持論ですが・・・・
 人間は自分より大変な人間を見て安心する生き物であると。
 それはもう、社会的動物としての本能なのかもしれません。
 緩和ケア病棟でも、HIVの患者でもそして障害者同士でもそういったことがあ
るそうです。

 だから、私は差別は無くならないと思う。
 私の中にも差別の心はあると思う。

 でも

 理性でそれを抑えることができる。
 誰にも見せずに、腹の中にしまっておくことができる。

 海外の政治家も「日本が嫌いなんだろうな」と思うときがありますが、そこは
さすがに表には出しませんよね。
 それでよいと思います。

 私も死ぬまで、墓までそういう気持ちを隠しておきます。

 もし、差別を表現する人間がいたら品性の名の下に軽蔑します。
by 三十郎


市より、
「他人の不幸は我が身の幸せ」
そこに不幸な人がいると、一緒にうつむいて悲しがり、そこから
抜け出してほしいと想い、手助けをする人がいます。
しかし、そういう人ですら、心の奥底では歓びを感じており
意識下の世界にて自分の優越感で熱い感動を味わっている・・・

自分の子供や、居なくては困る伴侶などに対しては例外があるかもしれない。

人間には純度の高い愛はなく、エゴという混ぜものが混入しており、
その割合が人格を形成するエッセンスではないかと。

これが人間心理の基本なんだとワシは考えています。
生き物の世界は弱肉強食の摂理にあり、これが自然ではないかと。

「自分が生きることを第一とする」

このスィステムがないと、個々の生き物が生命を維持していくのに
支障をきたすために、このように創られたのだと想います。

そうでありながら、人間は群れて住むことで安心できる生き物であり、
健康な心の持ち主は、なんとか他人の役に立ちたいという願望を
持っており、そこから向上心を得るものではないかと。
しかし、どこかで「オレは他人よりすぐれた人間なんだ」という気持ち
を持っていることが多く、そこから判断を誤ってイーゴウの世界に
入ってしまい、種々雑多な不和が生まれて人間界のドラマが進行する。

人を助けることは美しく立派な行為だと褒められる。
とくに他人の命を救いながら本人が死んだとなれば
世間の感動は100倍に達する。

そこに「愛」に憧れる人間達の心が見えるのではないかと。

こういった自分を含む人間たちを醜いだとか下劣だとか
想っていてはマイナス思考に陥るばかりなので、
まずこれを認識し「人間の仕様」のひとつとして取り込むべきかと。

で、どういうわけかイーゴウが小さく物欲も出世欲も少なく、
人間の世界を良くしてゆくことに心身を捧げる人がいたりする。

そこまでは成れなくても、その方向を目標として生きる、、
そういった人間の多い国は栄えるのではないかと。

思考力のない人ほど差別意識が高いとワシは感じています。
無知なのは罪ではないですが、学ぼうとしないのはイケナイことでは
ないですかね〜

今朝は早よから仕事です。6:45


 私も仕事柄色々と患者さんに聞かれます。
 特に水道に出たときが顕著でした。

 先日、私が健康講座でお話しした内容をかいつまんで。

 1)人間の細胞は必ずガンになる。
 2)放射線にはガンになる確率を上げる。
 3)放射線はたくさん浴びるとガンになる云々ではなく体に影響を及ぼす。

 さて、問題は(2)がどれくらい作用を及ぼすかと言うことです。
 例えば、水1リットルに200ベクレルの放射性物質が入っていたとします。これ
は換算すると0.22マイクロシーベルトになります。
 ベクレルは放射線を出す量。シーベルトは生体に及ぼす影響を数値化した物で
す。線源によって変わりますが、今回はヨウ素で計算しております。

 政府の言う「安全レベル」に対しては皆さん不信感を抱いていると思いますの
で(ここで失笑が出る)、タバコの本数と比較してみましょう。

 一日に吸った本数×吸った年数 をブリックマン指数といいまして、400を超
えると如実にガンになる可能性が高くなります。おおよそ4~5倍です。
 一方、放射線は年間100mSv浴びると0.5%ガンになる確率が上がります。
 
 ざっくり計算ですが、タバコを40本10年もしくは20本20年吸う方と同じだけの
ガンになるリスクになるためには、年間100Sv以上浴びないとならないんですね。
 これは一日辺りにすると273mSv、つまりは27万マイクロシーベルトになります

 
 最初の話ですが、1リットル当たり200ベクレルの水は0.22マイクロシーベルト
ですから、
 59400リットル飲まないとそれだけの線量を取り込めないんですね。おおよそ
家庭用お風呂550杯分です。

 つまり、一日20本を20年以上タバコを吸ってる人はそれくらいガンになるリス
クが高いんですね。

 いま、ここで避難するくらいならお隣さんに喫煙者が住む方が危ないかもしれ
ません(ここでも失笑が出ます)。

 さらに
 甲状腺のガンと肺ガンについて。
 放射線障害による甲状腺癌は「乳頭癌」がほとんどです。
 これは非常に予後の良いガンでして、普通ガンの致命率を語るときに「5年後
何%の患者が生きているか」という意味で「
5生率」という単位を使います。しかし、乳頭癌はあまりにも長く生きるので、
「10生率」を使います。
 ちなみに10生率でも85%以上。これには相当症状が出てから受診なさる方も含
まれておりますので、今回のような明らかなリスクがわかっていて定期的に検診が
できる場合にはさらにその数は上がると思われます。
 ちなみにチェルノブイリで発生した甲状腺癌6000人のうち、現在に至るまで甲
状腺癌で亡くなった方は10人程度です。

 肺ガンは種類にもよりますが、概ね5生率で30%以下。

 と、講義をします。
 すると
 「結局安全なのかどうなのか?」
 「きちんとわかるように説明しろ」
 と言われることもあります。
 「タバコを吸ってる人間にとやかく言う資格がないってことデス」
 とは言いたいのですが、言えないのが辛いです。

 ところで銃を撃つときに出てくるであろうパウダーの燃えかすやきっと削れて
いるであろうバレルやバレットの削れカスはどの程度人間に影響するんでしょうか
ね?
 調べてみてもおもしろいデータが得られるかもしれませんね。普通使用では問
題ないと思いますが・・・

 長文すみません
 m(_ _)m

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110424-OYT1T00042.htm?from=top
読売新聞より

村全域が計画的避難区域となった飯舘村の女性(50)が23日、
大手業者の電話受付で住所を告げると、担当者に「現在、
作業不可地域とされております」と言われた。食い下がっても、
「やはり原発等の影響があるかと思われます」
「社内的に決まっていますので」と断られた。
別の大手業者にも同様に拒まれた。


原発等の影響があるかと、だなんて!・・・
影響があるかどうかは調べたら判るのではないのですかね?

作業不可地域だなんて!・・・
国からそういう指定がされているとでも?

政府も東電も嘘つきだからきっと死ぬほどの放射能が
あるのを隠しているとフンドシブラックキャット連は想っている
んですかね?

だったら順天堂や聖路加病院から医師が行って
測定器で測り「はい、安全で〜す」と発表する。

こういうわけにはいかないんですかね〜??

だいたいマスコミはガイガーカウンターくらい
自前で持っていないんですかね〜

ぜんぜんわからん・・・

無知からくるパニックは、未開の国そのものかと。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110421-OYT1T00520.htm?from=main6
今朝の読売新聞より

南相馬市から群馬県へ避難した小学生の女子児童は、「福島県から来た」とクラスの子供から避けられたり、陰口を言われたりして不登校になった。

福島県いわき市の運送会社は、「放射能の問題があるので、いわきナンバーで来ないでほしい」という取引先の依頼を断れず、東京都や埼玉県でトラックを借り、荷物を積み替えている。社長(61)は「取引先から『いわき』ナンバーで来るなと言われたら従わざるを得ない。何とも理不尽だ」とため息をつく。

福島県田村市に工場を持つ埼玉県の会社は、福島ナンバーの車に乗った社員が首都圏のガソリンスタンドなどで利用を拒否され、埼玉県内ナンバーを使うよう指示した。

おはばんよ〜
皆さん、これ信じられますか?
教育レヴェルの高いという日本人がこんな考えをもっているなんて
信じられますか?

日本にこのような無知無能な市民たちがゴロゴロいるなんて
ワシにはなかなか信じることができません。

たとえ原爆のキノコ雲の中を通り抜けたクルマでも
雨の道路を30分も走れば放射能の危険など消え失せる、
と考えるワシの方が無知なんですかね〜?

避難してきた女子児童を大切に扱うどころか、
陰口をたたくとは・・・!
それにしても、いったい先生たちって、馬鹿者ぞろいなのか?

相も変わらず、日本には陰湿な人種が多いなぁ〜
多すぎるなぁ〜 いや、増えてるのかな〜?

さすがイジメの大国らしい出来事かと・・・

朝からムカムカ、仕事も手に着かない市郞です。5:45AM

非常持ち出しってなんだ?

さすがセンセ、良い視点から見てますね〜
しばらく音信がなくて心配しとりましたよん。

で、これは人間として常識だと想うのですが、
新しい住居を選ぶ場合は、水害、地震、火事などに遭った
ときにどうなるか、ということを考えること。

水面より低い所、地震の多い所、密集した所、悪い奴の多い所、
そういった場所は避けて住む。

でも、たいていはそういった選択の自由はないので
付近の地形をアタマに入れ、そこではどういった災害が
ありうるかを想定し、対策を立てておく。

避難場所にしても、災害の種類によって自分なりに想定し
ルートはいくつか考えておく。

避難プランはカテゴリーに分けて決めておく。
たとえばワシの避難想定ですが、、

プランA
時間が充分にありクルマを使った脱出が可能。
このときはなんもかんも積み込んで出る。

プランB
時間はあるがクルマは使えない。
家族全員で持てるだけの荷物を持って出て、途中で体力が尽きそう
だったら荷物を捨てながら逃げる。

プランC
猶予は30分、着替えを素早くして日頃に準備してあった荷物を
背負い、家族にもそれぞれの体力に合ったリュックなどを持たせる。
しかしリュックは事前にパックしてあるものに限る。警報後3分以内に
外に出られるように訓練をしておく。幼児がいたら背負うために荷物は
諦める。ちなみに4才のケンシロウは2キロの距離を小走りで停まらずに
走りきるので頼りになります。2才が近いジュンは大人がゆっくり歩く
速度で2キロを自力で歩けます。よく歩く一家なんですよん。

プランD
Dはデンジャーdanger (危機)のD!
数秒の時間も無駄にはできない。
子供はひっ抱えて着の身着のままで避難する。
サイフも通帳なども手元になかったら諦める。

つまり、非常持ち出しって「どんだけ時間があるか?」
によって異なるわけですね〜

基本としては、家族と自分の身柄だけを最優先、
数秒の遅れが命とりになるために荷物への執着は捨てる。
自分が身軽だったら、近所でまず助ける人は誰にするか考えておく。

それとこれはとても大切なことですが、イワキから生還を果たされた
「だみあんさん」のよーに、日頃ラジマグを愛用すること (^o^)

これだと通帳、印鑑、現金、お札、カード類が沢山入り、
ストラップで肩掛けすると行動が楽なんですね〜

できたら「だみあんさん」のように2つのマグレットを準備する (^^)/

ひとつはいつも持っているもので、少額の現金とカード類を入れて
日常の使用に使う。もうヒトツの色違いにはイザというときに
必要な通帳などと多めの現金を入れておき、即座に取り出せる
ようにしておく。
ウチの金庫は本格的な頑丈モノですが、ある工夫で10秒以内に
開けられます。当然ながらライトは枕の下に(拳銃に着いている 笑い)
備えてあるので停電でもOKです。


ところで、
今回の津波による災害には多種多様なカタチで被害があり、あまりにも
多くの人々が亡くなっており、その中でもとくに残念なこととしてワシの
心に残っているのは「大川小学校」の惨事です。

http://www.google.com/search?q=石巻市立大川小学校+津波&hl=ja&client=safari&rls=en&prmd=ivnsu&source=univ&tbm=nws&tbo=u&sa=X&ei=YUivTb3WKKmx0QGS2KSuCw&ved=0CC8QqAI

避難には充分な時間がありながら、裏には格好な山という避難場所が
ありながら、一行はなぜか河の方に向かった・・・
これに危険を感じて本体に逆行し山に登った人たちは助かった・・・

滑るから登れないとか何かの理由はあったのかも知れませんが、
報道で知るかぎりではリーダーの判断ミスだったと想ってしまいます。

年に1回、新入生が入った直後に裏山に登るという楽しい訓練を
半日だけしていたら、これは防げた、、と想うのです。

たった1回の訓練でもその人は変わります。能力がつきます。
ワシは中学で水泳部に入り、そこで人命救助を習いました。
溺れた人を助ける方法です。そのすぐに海で溺れる仲間で出て
助けることができました。

「溺れているヤツは助けようとする人にガバッとものすごい力で
抱きつくからな、そんで身動きできなくなって慌てて自分も溺れる
ちゅうのがフツーじゃっど。んで、つかまれたら自分から先に潜るのが
よかとよ。絶対に息をするために水面に顔を出そうと想うなよ。
自分が力を抜けば自然に2人とも水中に没し、5つも数えんうちに
溺れたヤツは手を放してもがきながら上に行こうとする。そこで
後ろに回って腕を首を回し、息ができるようにしてやりながら
横泳ぎでゆっくりと泳ぐたっち・・・」

で、まさにそのとおりのことが起こりましたよ。
ほんとにヤツはもの凄い力で抱きついてきましたよ (◎-◎;)
すると訓練のことがアタマに浮かび、積極的に水中に潜りました。
するとまるで魔法のように馬鹿野郎の腕がハラリと解け、
犬かきで水面に向かいました。ワシは水中でニヤリと笑いましたよ。
あとは飛び込み台までたったの5m引っ張るだけ。
慌てることはなく、ドキドキなどしなく、淡々と助けました。
その後も他人に言うこともなく、ただフツーのことをしただけという
感覚でした。

あの訓練を受けていなかったら、ワシもヤツも死んでいたという
可能性があります。以来、ワシはあらゆる訓練に対して積極的に
なりましたよ。

現実に沿った想定、そして訓練。あるいは心構え。
これらは人間として当たり前のことではないかと。
この機会に全日本人が訓練の大切さを認識してほしいですね〜

その後ですよ、非常持ち出しバッグだなんだと考えるのは・・・ねっ?


おっはば〜ん!
前回の旅行で飲み過ぎと食べ過ぎで腸が疲労しており、
体力が落ちていました。
外に出るとランチやディナーミーティングがあり
どーしてもゴチソー過多になってしまうんですね〜

家では玄米と庭の菜園でとれた春の野菜で質素な食を
とっているので寿司だ刺身だメキシカン料理だと毎日
食べていると身体が拒否反応を起こします。
なので大いに反省し、これからの旅行ではできるだけ
パック玄米をたべようと想います。

皆さん、素食は大切ですよ。
地震で死ぬことは受け容れられます、が、
自分を律することができなくてメタボとなり
糖尿病へと発展させるというのは自分自身に対する
裏切り行為だとワシは考えています。

太った人を観て悪い人だなんて想いません、
ただ自分が太ることは許せない、
これがワシの価値観というわけです。

自分を律する、、これが自分を大切にするということ
なんでしょうね〜

で、昨日今日は避難バッグについての貴重な書き込みを
いただきましたのでまとめてみました。
皆さん、とても真剣で目的意識があり、知識の深い人もあり、
とても参考になります。
これらの書き込みをアタマに入れながら仕上げていきます。
で、市の目指すバッグについて少し書きますね。

まずはフィロソフィーありき、、
日本はわりかし犯罪が少ないので避難するときには気にしないで
よいのですが、ここアメリカはぜんぜんソーはいかないと想います。

身ぐるみはがれる、妻と子供を目前で誘拐される、面白半分に殺される、
こういったことが起こるんですね〜

「日本人は秩序正しい」と世界が感嘆し日本人は「えっ? 何が?・・・」
ときょとんとするのは、犯罪スケイルのスタンダードがまったく異なる
からなんですよん。災害募金の箱をかっぱらうなんて我々日本人は
烈火のごとく怒りますが、アメリカでは可愛い者なんですよん。
放射能が怖いからと自衛隊員が他人のクルマを盗んで逃亡しましたが、
これもたった一人のみ、数としては極めて少ないかと。

いつも笑顔を交わしていたお兄さんが、地震の後はバットをもって
押し込んでくる、、、これがアメリカなんです。

災害→略奪→暴力行為
これがアメリカの都市なのです。まあ、すべての街がそうではなく、
住民の質というものもありますが・・・

自分の欲しいモノを他人が持っており、
その人が自分より弱かったらチカラで奪う、法律はカンケーない。
という自然の法則がそのままなんですね〜

なので、ワシのバッグには武器と弾薬が入らなければ無意味なんですよん。
ここが苦心のしどころなんです。この条件を考えなくていいのなら
世にはゴマンと良いバッグがあるんですね〜

えっ? どんなバッグにでも武器弾薬は入るですって?
あっはっはっは〜 そりゃそーですね〜 こりゃまいったー〜

でもそう考える君、君はイチローについて知らなすぎますゾ〜

と、Uことで、ワシの作るモノは例によって日本人向きではない
んですね〜。いわば「修羅場鞄」なんです。


はじめまして。我が家では新潟県中越地震の被害をテレビで目の当たりにして以
来、Bug Out Bagを用意し、様々な書籍やサイトを参考に継続的に内容を見直して
いるのですが、おっしゃるとおり難しいですよね。何が難しいかって、持って行く
べきアイテムの取捨選択と、パック自体の選択が。

Bug Out Bag用のパックは色々な製品を試していますが、ダッフルタイプで背負
うこともできる既存製品では、GregoryのAlpacaが代表格でしょうか。こいつはTar
paulinというビニール加工した素材を使用しているので耐久性と防水性能は高い
ですが、トレードオフとしてパック本体がかなり重いです。また、やはり本来はダ
ッフルバッグであり、「オプションとして背負うこともできるよ」という製品なの
で、背負ったときは全重量が肩にかかります。大量の荷物を入れて長時間行動する
と、肩に相当な負担がかかり、かなり消耗します。ただ、このキャリングハンドル
とショルダーハーネスを兼用させるデザインは、市さんが企画されているパックの
参考になるかもしれません。

で、現在はKifaruのパックに落ち着いています。市さんはすでにご存じのことと
思いますが、ここのパックは受注生産なので高価ですが、作りはダントツに良いで
すね。ショルダーハーネスとウェストベルトの設計が良く、重量の大半を腰に乗せ
ることができるので、重くなっても楽に行動できます。まあ、それだけなら普通の
アウトドア用パックでもとっくに実現されていることですが、Kifaruのパックはタ
クティカル用なので、分厚いコーデュラナイロンの頑強さと、外も内も全面PALSグ
リッドで覆われている拡張性の高さと、豊富に用意されているオプション類が高ポ
イントです。タクティカル系パックの中では、最高クラスの製品ではないかと。

理想のBug Out Bagに話を戻すと、全重量を肩にかける設計は、徒歩での長距離
移動を考えると個人的にはあまりお勧めできません。「じゃあ鍛えろよ」というご
意見には大いに賛成なのですが、災害時や避難時には、怪我、栄養不良、精神的ダ
メージなど、体調が万全でない可能性があることも想定すべきなので、重量物を少
しでも快適に運搬できる工夫があると嬉しいです。すると、必然的にダッフル系で
はなく、バックパック系になるのかな・・・と思うんですよね。

防水性については、止水ジッパーだけ使っても、強い雨に当たり続ければシーム
や本体素材から水が浸透するので、やるなら全シームをテープで防水処理し、本体
素材自体もTarpaulinのような防水素材を使う必要があるでしょう。そうするとパ
ック自体の重量増&コスト上昇が避けられません。なので防水性は切り捨てて、濡
れることを前提にパック底部にドレン用のグロメットを付けて、濡れて困るアイテ
ムはDrySackやLOKSAKなどで個別に包むというworkaroundのほうが現実的かと思い
ます。

パックの容量については、Bug Out Bagに詰めるアイテムの種類や重量は人によ
って千差万別でしょうから、複数のオプションを用意するのが理想的かと思います
。40、60、80リットル程度でしょうか・・・。
長文失礼しました。
by Polynesian


>ドカッとでかい! 周囲にはポケット>中はモーリースィステム
>自身を鍛えよ>身丈に合った荷物にせよ

全てに賛同いたします。
設計思想は使われる状況を考えたら納得できます。

まがりなりにも山々を登り特訓しておりましたので、時に連れ
たった人達のリュックを背負ってあげていたので(3個もリュ
ック背負っている姿ははたからみたらいじめですね(笑))、日
頃から備えると言うことも大切ですし。
ただ、いずれの市販のリュックも背負いやすかったのです。

肩紐や形を書きましたのは、
中学時代、エアータンクの一番デカイのを、メーカー不明の
ミリタリーリュックに入れ使ってましたら、腰にゴツンゴツン
当たって痛くて、タオルを重ねて入れたり、跳ねると後頭部に
タンクが直撃するので、市販のリュックに入れたら解消され、
前記の肩こりもなくなり、なんだかなぁ~という感想があった
ものでして。
それ以来、市販リュック使用するようになっていました。

市郎さんがそんなジャンクなものを創る筈はないので、杞憂と
いえば杞憂です。
by 匿名

お久しぶりです。いろいろあって書き込みできませんでした。
別に精神的な事じゃ無いです。単に通信環境が正月以来劣悪になっただけデス。
そのため、みなさんの書き込みもフォローしきれていません。
一時期は話の流れが早かったし・・。

非常用バッグの件で、自分が見聞きし、思った事を。
今回の震災では同業者も多数被災地に支援に行っております。
ウチにも要請がありましたが、情けなくも仕事放って行けるほどウチも
良い状況ではないので・・・申し訳無いです。もっとも我々の地域は登録、待機

実際に被災地に行ってはいなかった様ですが・・。

我々の業種が協力できるのは2種、避難した人たちへの、口腔衛生的支援、
もうひとつは亡くなった方達の確認という支援です。
その支援に入った仲間から報告が上がっていました。
「おびただしい数のご遺体は、経験があるとはいえ現実の物と感じられない」
「夢か、映画の世界にいるようだった。ただ、若い人、子供など通常なら
こういう事にはならないであろう人たちが多数いるとさすがに辛かった」
という事でした。
そのなかで、「小学生低学年くらいの子供が、非常持ち出し袋を抱いたまま
亡くなっていた。その中には非常食やレトルト、缶詰など、避難用品が
パンパンに入っていた。小学生にはこの重さは辛くなかったのか、
こんな物投げ出して走っていたら津波に巻き込まれなかったのじゃないか?と
想像してしまって、涙が止まらなかった」との事でした。
きっと、日頃から親が「地震が来たらこれを持って逃げよう」というのを見聞き

覚えていて自分もそのつもりになったのだと思います。

もちろんそれは結果論で、あの津波では荷物が無かったとしても子供の足では
逃げ切れなかった可能性は高いです。老人も走りきれなくて巻き込まれた人が
多数いると聞きます。車で逃げた人は避難渋滞で津波に飲まれた可能性が
高いとの事です。
 ただ、これらの事を聞くと「非常持ち出しってなんだ?」って考えてしまいま
した。
避難の足かせになる様な非常持ち出しを自分は準備していないだろうか?って。
何から避難するのか、どういう避難をするのか、どの程度の期間避難するのか。
それに寄り用意する物は変わってしまうのではないのか?そして
その荷物は自分で持ち運べるサイズなのか、などを考えると非常に難しい問題と
考えてしまいます。中には「この大きさ、重さくらい運べる体力が無いヤツは
淘汰されても仕方なし」という意見もあるかも知れません。
しかし、体力の無いヤツは頭で逃げる工夫をしなければならないし、我々には
その為の頭があるし、知恵を出せる仲間がいると考えます。
写真に出ているバッグをみて、生意気にもちょっとそんな事が
頭を過りました(^^ゞ
by センセ

ご心配戴きまして恐縮です。m(__)m
ステイジバックのガンケイスは取り付けたまま使いました。預金通帳とか書類を
黒ズィッパーに入れたのですが、自分の通帳が数だけは沢山あったのと家内の分と
子供の分とを入れるとそれなりに一杯になりました。
茶色ジッパーには予備の腕時計とかパスポート、留学中の娘の財布とかカード類
を入れてました。基本的に小さな貴重品の様なものを入れてたので、色違いでどっ
ちに何が入っているかわかりやすかったです。頻繁に出し入れするわけでもないの
で大きく開かなくともストレスはありませんでした。かえって、いわゆる大事なも
のが入っているということが自分の中で意識できて良かったです。
持ち出しバックにはステイジバックがすっぽり入ると貴重品がまとめられてあり
がたいです。
ちなみに預金通帳の印鑑はラジマグのパスポート入れの部分に入れてました。通
帳と一緒にしておくのは怖いので。

パソコンの入れ物は、家電量販店に行ってもいろんなサイズがあるくらいですか
ら大きさを決めるのは難しいと思います。
パソコンがバッグの中の荷物の下の方にならないようにうまく入れられるか、自
分で選んだケイスをベルトか何かで留められるような仕組みがあるといいと思って
ます。
モールを使った内側のポケットってのは面白いですね。

ノートパソコンは絶対避難時に必要だと思いました。
地震当日は茨城県の高萩市の小学校で一夜を明かしたのですが、携帯電話は通話
制限がかかってしまって音声電話がつながらず、携帯からのメールもサーバーに溜
まったままでした。情報を取ろうにもバッテリーが急速に減っていきます。
避難所でそばにいた人が、ノートパソコンでネットに繋いで情報を取っているの
を見てしまうとやはり便利だと思いましたし、その後、原発事故為の避難先での情
報収集と友人達との連絡にはネット環境とパソコンは助かりました。
次回避難するときには、ノートパソコンの外部バッテリーも用意しようと思って
ます。

今回、避難先でも手に入りにくかったのは単一単二の電池、携帯電話の充電器、
2lクラスの水のペットボトル、卓上コンロのガスボンベなどです。
どうも首都圏の親族に依頼されて送った人が多かったようです。
役に立ったのは、ツールナイフ、インバーター(シガーライターソケットから10
0vを取り出す。携帯を充電しました)、筆記具、クレジットカード。
避難用バックどんなものができるか楽しみです。
by だみあん

4月の初めにいわきに戻りました。放射線は落ち着いてませんでしたが、仕事も
しなくてはならないし、津波の後片付けもしなくてはならないからです。
気持ちが落ち着かなかったので、今まで書き込みませんでした。

今回避難の際にラジマグを2丁掛けにして、ベルトには小マグ、ステージバック
には貯金通帳やら貴重品などを放り込みました。衣類は最小限と思っていたので、
キャメルバックの一番大きなデイパックを使いました。キャメルバックには32.5cm
×22.5cm×2.5cmの大きさのMacBookを入れたのですが、ちょっと気を遣いました。

ステージバックの巾着は便利でした。一つは貴重品をまとめておくのに、もう一
つはホテルで現金を預けておくのに使いました。
また、色違いのジッパーも何を入れたのかわかりやすいので助かりました。


持ち出しバックにはノートパソコンが安全に入るとありがたいです。避難先でも
ネットにつなげられると、連絡も情報も取りやすいですし、実際に助かりました。
ネット環境はWiFiの携帯ルーターが重宝しました。


PS
ナットさんにいわきに戻ってきたので、発送を留めておいてもらっていた商品発
送してもらうように連絡しました。
なんか、おまけを戴けるようで恐縮してしまいます。
これからも、タフプロの顧客であることを誓わずにいられません。(^_^)
by だみあん


市より
だみあんさん、その後どうしておられるのかと案じていましたよ。
具体的な使用状況と提案に感謝です。
ステイジバッグは弾薬と拳銃を入れるという目的のにみディザインしたのに
避難のお供ができて嬉しい気持ちです。
ところで、ガンケイスは外して使用されたのですか?
上のズィッパー2本が独立しているためにモノの出し入れにストレスが
あると想うのですが、ガマンできる範囲ですか?

たしかにパソ子には気をつかいますよね、実はパソコン用のバッグも試作し
て使っているのですが、これが独立したバッグなため荷物が増えて不便な
なので飛行機での移動では使わないでいます。
頑丈なパソコケイスを作って、それをどこにでも放り込めるなんて
どうですかね?・・・でもパソはサイズがいろいろで困っていますよ。


いくつか考案があられるなら、それらを全てプロト化。
販売店さんは個数を把握、及び購入者はインプレ必須という
条件を設け、市郎さんが作品完成まで市郎さんプロダクト伏せ
てすっとぼけている約束を。

何気に何様な売り方にも見えますが、使わないとなんとも分か
らない部分が多いので、また、こちらにお見えの方々でしたら
こう言った企画自体を楽しまれるようにも思います。

窪んだプレート復帰で再度、震度7が来る前に手にしたいですね(笑)
最近では震度5位なら「また地震けぇ」と言う程度に感覚麻痺しました。

個人的希望では、長時間背負っても肩に負担がない構造にして
頂きたいです。昔、形や肩紐のせいで背負い感悪くて肩凝って
まいりました。また、肩掛けタイプに選択または変形出来るギ
ミックがあったらありがたいです。背負う、肩にかけるを行動
時に選択できると忙しい時、便利の様な気がしましたので・・・。

追伸:ゲリラ豪雨以外に、ゲリラ地震、今日は家がゴウンと揺
れるゲリラ突風が吹いてます。ゲリラ放射能は勘弁です(笑)
by むーた

市より
むーさん、ステイジバッグくらいのプロトひとつ作るには
まる1日かかり、$2000超という費用がかかります。
そしてこれを限定で10個作るとしたらスィステムのない手縫い
オンリーなので一つの値段が$200という原価ですかね〜・・・
これではメイカーへの負担が大きくて・・・
でもオモロイのでやるかも・・・笑い

>長時間背負っても肩に負担がない構造にして
頂きたいです。昔、形や肩紐のせいで背負い感悪くて肩凝って
まいりました。<

登山用としてケルティーの大きなリュックを持っていますが、
これは背負いやすいです。なぜかちゅうとショイコのようなフレイム
があるからなんですね〜
しかしこれはカサバルので大きいわりに容量が小さいんですよ〜

なので容量優先でマリーンスナイパーが使っているような
デカバッグがいいと想い、その路線でやっています。

テーサイとか、背負いやすいとかにこだわると肝心なものが
失われるので・・・
だいたい背負い慣れない人は、何を背負っても疲れますしね。

ドカッとでかい! 周囲にはポケット 中はモーリースィステム
重いモノを運びたかったら自身を鍛えよ
弱き者は身丈に合った荷物にせよ

という根性を要求してくるというコンセプトなのですが、どうですか?


こんにちわ。
今回の災害を機に非常持ち出しバッグを準備しました。採用したのは「mon-bell
」という日本の登山用品メーカーのボストンバッグタイプのカバンです。

手提げと肩掛けができるタイプで、約3日間の食料と飲料水、メディカルキット
、下着類が入りました。残念なのが本体の周囲に小物を小分けするポケットがない
のと、ジッパーを防水タイプ、本体を撥水加工にしてくれればな~と思いました。

あとこれは日本では考えられない発想ですがMOLLEウェッブですね。必要なポー
チがあれば増設できますし。

購入時に考えたバッグ自体に出せる金額は1万円~2万円で探しました。結局ア
ウトレットで1万円以下で手に入ったのですが。
長くなりましたがこれにて。
by チャップマン

市より
>ジッパーを防水タイプ、本体を撥水加工にしてくれればな~<
ここんとこで悩んでいます。
防水のズィッパーは操作にストレスがあって辛いんですよね〜
だいたいは乾燥した状態で使うわけで、雨対策には軽いレインコート
を別に作ってすっぽりかぶせるほうがよくないですかね〜
で、プロトの内部はモーリーにしてみましたよん♪
この分重くなるのがシャクなんですが、やはり便利かと・・・

しっかし、食料と水の重さにはまいりますね〜!・・・
人間はこんなに飲み食いするのかと驚いてしまいます。
地球環境にはやはり昆虫が一番適していますよね〜

だいたい人間以外の動物は常に身一つなんですよね〜!!!
人間って変すぎません?

我々生き物として、この原点を見つめてみましょうよ。

IMG_2062.JPG

市が持っているのは6年ほど前にグレイマンのマイクの
希望でタフプロ社が試作したリュックです。
なぜかオイラが持っています。

で、下にある大きなバッグはワシ用として2年前に
試作してもらったものです。
これはなんでもかんでも入るためすごく便利でクルマでの旅行に使用
しています。

災害時での脱出となれば、この2つのサイズが欲しいと
以前から考えていました。

脱出するとき、クルマを使えるならいいのですが、
なかなかそうはいかない場合が多いと想定されるので、
このデカバッグは背負えるようにしなければ使えないわけで、
今回はそれを作ってみました。
発表すると先に模倣されるので見てもらえないのが
残念です。本当は見てもらって皆さんの意見を聞きながら
完成させたいのですがね〜

ワシの場合、自分が持つバッグの条件は2つありますが、
皆さんの条件ってどういうのがあります?

魚沼のコシヒカリを一斗とか?  (^^)
カップラーメン100個とか (^o^)

どんなことでも笑いませんから
書き込んでくださいな〜

アラン有力

| コメント(8) | トラックバック(0)

IMG_2083.jpg

カップの本戦が近付いてきました。
午前中は毎日練習しています。
しかし練習の成果は見られず、ヘタなままです(;O;)
これホントなんですよん(>_<)

まあ、調子の良いときはモノスゴ巧いんですが、
そういう事は少ないんですね〜(-_-;)

今朝は暗い内にサムレストのカタチと位置を変えました。
左手の親指が痛むので、キックのストレスがかからないように低くしました。

3挺のカップガンのうち、去年使った「デイヴ」は
急にグルーピングが広がり50ヤードでは手のひらサイズが
やっとという状態なのでリタイヤです。
でもこれでうんと練習して他を温存しています。

このアランのグルーピングはピンポン玉サイズと
素晴らしいのですが、たまにジャムがあって迷います。
でもスプリングを弱いものに変えマウントの下にパテを盛って
ケイスが引っかからないようにしたら500発撃ってもジャムしなく
なりました。とはいえ、どうもエクストラクターにモンダイも
あるらしくケイスが前方に飛ぶことがあり、近いうちに時間を作って
直したいところです。

ああ・・・仕事から逃げたい・・・
ゼータクで罰当たりなため息です・・・

ユーメイの言葉

| コメント(0) | トラックバック(0)

ごぶさた〜!
忙しいのと疲れがあり、なんといってもあの大地震のニュースを
読んだりピギタンが送ってくれた映像などを観ており、その衝撃で
自分のアンノンとしていることなど書きにくく、おとなしくしています。

そろそろ元気が出たので、今朝はヒロ、タクマ、タクミに以下のような
メイルを送りました。ご嘲笑くだされ。笑


しょくーん!!
なんだぁ〜、、まーだ寝てるんかぁぁ〜
しゃーないんぁ〜 笑

ところで五月の1日はプラードで試合があるのを
確認してくれないかなぁ〜

あるなら前向きに拳闘してジャブだフックだ
ストレートなどで糞投して出場したいんだよね〜

五月はこどもの月なんだからワシもしょくんのよーな
子供たちも出ないといかんのよ〜

「男はいくつになっても少年の心を捨ててはならない」
というユーメイの言葉をしってるか?

知らないだろーなぁ〜 
だって今つくったバッカだも〜ん 笑

ワシはペンネイムを作ったんだぞー
その名は「勇命」だぁ〜!!

そう、ユーメイつうわけ 笑

したがってワシの言葉は「ユーメイの言葉」なのだ〜!!
だから「ユーメイの言葉」と書いたろうが、、
咀嚼もせずに誤字なんて想うのはオッチョコチョイのシルシなの〜
ちなみに「なの〜」ってのは「な」と「の」入れ替えがあったから
敢えて使ったもんなの〜
しかしこんなことにこだわるのはアホウだから
しょくんはこうなるなよ〜!

おおお、空が明るくなってきた〜!
今朝は半袖のままでいられる暖かさだ〜
野生のターキーがオーロロロロロと叫んでいる

では老鶴も朝練に走るぞ〜!!!

お疲れ様です。

2万儲けたぜ!昨日は7万5千円かな。でも昔ほどは出ないねぇ。

少し前では、15万稼いじまった!が月に何回も。お陰でドンペ
リおすそ分け頂きました。10本手に入れたそうで。
会社いくのバカらしくなり俺はなにやってるんだろうと腐れ縁
が言ってましたが納得です。

ずっとは勝てませんが、一日でそれなりにお金が出ると、魔力
でしょう。

私は、うるさい場所が苦手と言うことで行ってませんが、先
日、ゲームセンターのプライズ取りに燃えました。
お店にとっての貯金箱ですね。中毒性があります。

刹那的享楽には、魔力があります。終ると、虚無感が。
そしてまた、やりたくなる。たばこと同じでしょうか。

ああ、プライズは後悔してません。楽しかったし欲しいの手に
入りましたから。ゲームセンターでこんなに燃えたの初めてでした。

ちなみに、私の周りはパチンコやる方沢山いますが、北朝鮮の
資金源なのですよね?
パチンコ、私は、買ったからとご馳走してもらったり、ものも
らえたりしてるので容認ですが、ミサイルが日本の領土を飛ん
でも文句言いません。

許しているのは私たちですから〜と言ってしまい、場の空気壊す私でした(笑)苦
笑いされました。
by むーた


友人が「パチンコで勝ったからプレステ3買っちまったよ〜!」と言ってました
がうらやましさ半分、だから?感半分でしたね。やっぱお金は汗水垂らして手にし
ないと本当のありがたみがありません。

つい最近、パチンコ店に隣接するコンビニに強盗が入り、すぐに逮捕されてまし
たが犯行理由が「パチンコで無一文になったからつい・・・」っとまぁなんとも短
絡的な。

自分はあの店内のウルサさでは頭痛がするので無理ですね。
by チャップマン

市より、
朝、4:00に目が覚めて、フォトのダウンロードをしがてら
ビアンキ用パチンコにのタマを作っています。(^^)

あるときですね、、

Kさんという人がベレッタを隠し持っており、それと同じもので
練習したいという申し出がありました。
んで、そのKさんはパチンコ店のオーナーでした。
とても感じの良い人でした。

"一度でいいからあのデカイ箱に5個分くらい出してヒーローに
なってみたいもんですが、どうやればバチプロになれるんですかね〜?"

とワシは聞きましたよ。
するとKさんは、

"いつでも来てくださってどこにでも座って始めてくださいよ、
ただしイチローさんが来ていることを私に知らせてからですよ"

と、Kさんはニコリとしました。

"ああ、、つまりそういうシカケになっているんですね・・・"

市はナットクしました。
でも、Kさんの店にはまだ行ってません。
だって、出ると判っており、勝って景品を換金して持ち帰ったりしたら
Kさんにアタマが上がらなくなるし、自分にとっても恥ずかしい行いでは
ないかと・・・ちゅうよりもヒマがないんですがね (^◇^;)
今ではKさんとのコンタクトも無くなっています。少しサンネーン!

賭け事に勝った人は、勝った勝った勝ったとふれまわるという傾向に
あり、でもその実はトータルで負けているいるわけで、
その負けをギャンブルで取り返そうとしてますますカネを失ってしまう・・・
負の螺旋階段をズリズリズリとズリズリ落ちるわけです (>_<)

それは、思考力の無さと意志の弱さによる負け犬化ではないかと。
ワシも一時期凝って、ケッコー巧かったですよ。
ムカシは「手込め単発式」で、工夫の余地がありましたね〜 (*^_^*)

はいっ! パチンコはこれで卒業!!
そう自分に言って止めましたよ。

どこかで自分を律しないと人間は駄目になっちゃいますからね〜


パチンコ廃止!

| コメント(16) | トラックバック(0)

おはばんよ〜!! 目まぐるしい一週間が過ぎました〜、、
2カ所のSWATでメデック訓練の撮影があり、タフプロではでっかい
背負いカバンのプロトを作りました。これは災害などに備えて一週間分の
食料が入るくらいのサイズです。日頃は食料貯蔵庫として
自宅に置いとくのに適するよう考えています。
ハッピョにはまだ日数がかかりますが、お楽しみに・・・

ところで石原さんがパチンコを無くしたら電力消費に貢献すると
言いましたが、ワシとしても同感ですね〜
パチンコは庶民の大切な娯楽だという人の方が多いのでしょうが、
あのような娯楽は人間の心をダメにするだけで、
勤勉で真面目に生きる人には不要な遊びだと想いますね〜

娯楽といえども、個人の精神にとって生産的なことや
なんらかの成長に結びつくといいですよね〜

パチンコやったつもりで千円を被災地に寄付し、その分の時間を
読書やランニングに充てたら充実感があると想うんですよね〜

まあモンダイなのは価値観の低下で勤勉な若者がいなくなりつつある
日本そのものでもありますが・・・

今だけを楽しむという刹那的な生き方よりも
明日と未来をターゲットにして一歩一歩と進むという姿勢のほうが
精神の充実を感じられて楽しいわけなんですがね〜

パチンコ屋はあってよし、だが自分は行かないっ!
まあこの気持ちから始めたらいいわけですね〜

勇気をやしなう

| コメント(5) | トラックバック(0)

記事と違う内容ですみません。ただイチローさんのアドバイスを聞きたかったの
で投稿させていただきます。
最初の方、読んでいてイライラすると思いますが、どうか目を通していただきた
いです。

  慎重と臆病は何がちがうのか?
 自分は同世代の中で優秀だと、大人だとよく言われます。
しかし自分では違うと分かっていますし、これは謙遜でもなんもありません。
家が日本の中でも比較的裕福だったこともあり、いわゆるキャリアコースを歩ん
でいます。
 自分は確かに挫折らしい挫折をしたことがありません。
しかしそれは挫折しそうなことに挑戦しないからです。
なにか行動をする前にできるかどうかを判断し、できそうに無いことには手を出
しませんし、努力もしません。
努力をすればするだけ、結果が出なかったときに傷つきます。
期待すればするだけ裏切られたときにダメージが大きいです。
ならば期待をしないでおこう。自分はそう考えます。

この考えが、傷つくのが怖い、甘ったるい、裕福な、現代人の考え方だというの
は分かっています。
イチローさんは日本から海外に飛び出し、今は大成功を収めています。
自分はイチローさんのファンで昔語りをよく読みましたので、成功を修めるまで
挫折を何回も経験し、並々ならん努力をしてきたことを知っています(あくまで浅
い意味での"知っている"です)。

イチローさんは未知の世界へ飛び込む勇気をどのように養ってきましたか?お話
を聞かせていただきたいです。
by MS

市より、
>慎重と臆病は何がちがうのか?
良い質問ですね〜
このことについては皆さんで咀嚼しながら時間をかけて考えてみましょうよ。
自分に目指すものがあれば慎重なままでは居られませんし、
とくに目的意識がないときは臆病に暮らしていればいいわけですしね〜

>未知の世界へ飛び込む勇気をどのように養ってきましたか?
このことについては長文が必要となるためタクティカルライフでぼちぼちと
書いているのですが、どうにも忙しくて進んでいないんです(^_^;)
これから出かけるため時間がないので簡単に書いておきますね、、

勇気って「自分を捨てる心」ではないかと、
でも捨て方を間違うと「匹夫の勇」となり、
行動すべき時に動かないと「臆病」ということですかね。

我々の脳ってコンピュータのようであり、
基本的にはイエスかノーかの集積で答えをだし
自分たちはその一部しか使ってなく
でもようするにその機能(たとえば勇気)が必要な場合に
それがダウンロードされているかどうかで結果は大きく異なり、、

なのでMSさんのように安泰な時には危機に備えて
ダウンロード(考え学び)に精を出すほうがよく、、

それと強く生きる原動力は困窮と失敗からも生まれ、
その困窮は失敗を怖れてはいられないほどの困難であることが
望ましく、それが筋金入りのバネを醸成してくれるわけで、、、
ワシの場合は敗戦によってバネが与えられたわけですね〜

どうりでよくハツジョーするわけだ〜!! (座布団3枚)

それと臆病だとか慎重だとか想われるのは
「情報不足」「分析不足」「思考不足」「把握不足」「創造力不足」
といったことが原因となっており、闇の彼方に鬼がいるような気がする
のもそういった「無知による怖れ」がゆえでもあるでしょうね。

毒蛇が出ても注意深さと、安全な退治の仕方を識っているとそこに
怖れの心なく荒野を歩けますしね。

とりあえず、これだけの文でしばらくは咀嚼の宿題になりませんか?

ところで、おいっ! みんなっ!
こういう言葉はエスカレータやエレベイターに乗らないで
自力で歩いて第68高地まで歩いたオヤジから出ていることを忘れるなよ
最低でも20回は読んで、書いてるワシの心を覗くという努力くらいは
してくれよっ!

ハハハ、ゴーマンかましたよ〜ん♪
そのうちに解りやすく書きますね〜ん・・・

MSさん、最初のほう、ゼンゼンいらいらしませんでしたよ。
努力をすればするだけ、結果が出なかったときに傷つきますますよね?
しかし努力しないままだと死ぬ間際にもっと傷つくかもしれませんよ。

あ、遅れそう、、、では警察署に行ってきま〜す。


IMG_2027.JPG

指定された所に行くと、そこはビヴァリーヒルスのまっただ中でした。
ロールスだのフェラーリだの金余り人種の乗るクルマが走っており、
建物も高価そうなのが多くてスゴイなぁ〜、、と
なんでもここは俳優たちが多く住んだ街で、今でも大金持ちのタウン
なのだそうで、、
そんな街の一角に古びた個性的な家があり、そこにSWATが集結して
いました。
「この家はな、ライザミネリが生まれ育った家でな、それが売り出されて
新しいオーナーが決まり取り壊すことになったんだよな」

はぁ〜、、ライザミネリったって大好きな日本人はいないかも・・・
でもその母親がジュディーガーランドだと聞くとワシも嬉しくて
空っぽになった家の中を歩き回って昔の光の追憶にふけりましたよん。

取り壊す前にドアエントリーの訓練に使ってよいという
オーナーからの申し出があり、訓練が始まったというわけです。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110405-OYT1T00480.htm
2人は東日本大震災後、福島県や関東地方などの1000人以上に
この健康食品をインターネット上で販売し
2400万円以上を売り上げていたという。。読売新聞より。

昨夜これを読んで驚き、本日の訓練撮影中に幾度も想い出されて
こまりましたよ (-_-;)

日本人で放射能汚染に効く薬があると想う人がいると
いうことがショックで・・・(@_@;)

お疲れ様です。

欲しいもの

・クナイ
再販してください!求める声が高まっているかと思います!
私の市マーク付きは初期らしいので使うの躊躇してます。
このままですと、八海山普及推進協会会長の某kさん宅が
襲撃されます(笑)

・市郎さんプロデュース品のダイジェスト本
クナイ、マグレットから現在開発中のものまでのカタログ
欲しいです。

・市郎さん所持のナイフ、鉄砲、装備品、ナミノヒラ等、美麗
なフォトで紹介する本。

マイクさんのナイフ売って下さい!誕生月なのです!

はしゃぎましたm(_ _)M
byむうた

市より、
ギク〜(@_@;) まさか、むーさん誰かに聞いたんじゃないですよね?
・・・オソロシー人じゃぁ〜・・・

実はですね〜・・・タフプロに再販してくれという依頼が
かなりあってナット社長は以前のままで充分だから作ってくれえ!
と騒ぐし、台湾の大手ディーラーからも注文したいという問い合わせが
あって作ることになったんですよん。
生産中止の大きな原因には「値段が高すぎ」というものがあった
わけですが、タフプロに注文してくる客には500ダラでも払うから
なんとか仕入れてくれ、という人も数人いてワシの温存していた分まで
出さなくてはならなくなりました。

なので多めに作って日本でも購入できるようにしようかと
考えています。できたらワインカラーとメタルカラーの色見本も作って
もらい良い色が出たらそれらも発売しよかと・・・
ただ、地震の影響で進行は遅れ気味となっていますので待っててくださいね。

ところでマイクのナイフでしたら直販がいいですよ。
今までのところ皆さん無事に受け取れているようですしね、、
そーか、モデルの選定ですね〜・・・困ったにゃ〜 時間がないんですよ〜
明日から出張ですし・・・もどったらまたリマインドしてくださいな、
したら調べてリポートしますよん。
とにかくビアンキ前は時間を強奪してでも練習したく、まこて澄みません!

ところで、
「まこて」とは「まことに」のがごんま弁です。かごんまというのは薩摩弁
で鹿児島のことでこわんど。ごわんどというのは「ございます」のことで
あいもんど。あいもんどというのは、ありますよという意味じゃっど、
じゃっどというのは「だよ」という意味やっど。やっどというのは
やはり「だよ」と意味でごわんど。隠密が困ったわけですね〜!

では、お休みなさいますぞ〜・・・

おはようございます。東GOです。
そろそろ、今年のBIANCHIのGUNが決定済みなのでせうか?
気になります。
Ichiroさん、腱鞘炎の具合はいかがですか?
当方、昨年の今時分は四十肩で左腕が真横方向に水平まで
挙げる事が出来ませんでしたが、いつの間にか大丈夫に成りました。
by 東GO

市より、
「いいか、チミたちトリオを皆連れてビアンキに行くわけには
いかないんだぞ、だからもっともムーヴァーの成績の良いヤツ
を選抜し、その勝者だけに挑戦権を与える・・・」

市はオゴソカにそぉー言った。

彼らは互いの顔を見合わせていたが、最初に口を開いたのは
デイヴだった。
「おれはスプリングフィールド社のカスタム部門で組み立てられた
カップガンでいわば名門の出だし、なんとゆっても去年の本番ではそれなりの
成績を出せたのだから今回もイタダキだな・・・」

その言い分を引き取るように語りはじめたのはウィルだった。
「おりゃな〜、カップに出た数でいけばオメエより上なんだぜ、
もとはといえばダンスキーという天才の手で作られ、古くなった
という理由で新しいバレル、それも9mm口径に変更され、きわめつけは
市旦那ご自身のディザインしたコンペンセイターよ、こいつの効きは
かなり凄いからなぁ〜・・・」

そこでアランが割って入った、
「同じくオレもダンスキーの申し子よ、、新鋭カートバレル9mmパラ
搭載よ、50ヤードでのグルーピング競争ではオレが毎日勝っていることを
忘れるなよ。オマイたちは青息吐息で4インチを保っているちゅうのに
オレのはピンポン玉サイズだかんな〜、、今日のムーヴァートライアル
にしてもオレの勝ちだったしな〜」

というわけで、デイヴ、ウィル、アランの熾烈なトライアルが
毎日続いているんです。彼らを交代で使いながらムーヴァーをうんと
撃っています。同じようなカップガンなのに
それぞれに個性があるんですよね〜
あ、テッポの名前はガンスミスたちの名からいただきました。

腱鞘炎はギリギリのところで抑えています。
撃ち続けるとギクッと激痛が走ります、これ以上やるとイケナイので
即刻やめて風呂に長く浸かり、また翌日撃ちます。
だいたい毎日300発はいけてますね〜

四十肩ですか〜・・・
実はワシも昨年から左肩が重いので腕をぐるぐる回す習慣をつけたら
いつの間にか重みは消えました。67肩だったんですかね〜?
なので、手が挙がらないと言われてもどういうことなのかよく
判りません。でも多くの人がそうなりますよね〜・・・
ただの運動不足で軟骨だかなんだかがコリコリなるだけなのでは
ないのですかね〜?


このアーカイブについて

このページには、2011年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年3月です。

次のアーカイブは2011年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。