石井のプレイトを攻める日

| コメント(1) | トラックバック(0)

ichiblog_isheny.jpg

朝の石井ですが
このように手をブラブラふりながら
「こわいよ〜 こわいよ〜」と言ってました

練習での勝率が低かったのもあり自信を無くしていました
そこで
"ブッ倒してやる! やっつけてやるっ! そういう強い姿勢が大切だろ"
と言ってやりました すると
石井は何かハッとしたようです

さて 試合場ではトモもワシも同時進行で忙しく石井の
チャレンジを見ることができなかったのですが ワシのバリケが
少し遅れるというので走って行きました

すると石井はすでに15ヤードを撃っていました
ワシは急いでプレイトの弾痕を数えます
すると各プレイトに三個ずつのヒットマークがありました

20ヤードに移動してくる石井がこっちを見たので
両手を広げて親指を立てて「いけたか?」というジェスチャーで
聞きました
すると石井は親指を立てました

その後も順調に撃って美事にクリーンを果たしました
明日のムーヴァーを前にー2という成績
これはたいしたものです

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ichironagata.com/blog/mt/mt-tb.cgi/967

コメント(1)

イシイです。

怯えていた私にレンジへ向かうの車中でイチローさんが下さったキーワード、
“ブッタ倒してやる!”
が、なぜか8:30開始のプレートレンジ、10yds地点に立ったときには、あのしょーもない日本ロケのハリウッドアクション映画『イントゥ・ザ・サン』のスティーブン・セガールの妙な日本語の台詞、
“タタキコロシテヤルゥ!”
に変化してしまいましたが、スタンディングでは2回とも、本当に声に出して言い、端っこに弾が当ったりもしましたが臆せず、気合で6枚×2回をやっつけました。CS放送で観たときには
“ああ、時間の無駄だった…”
と思った『イントゥ・ザ・サン』ですが、あのとき観といて良かったのだと思います。

15yds以降は秘伝の技、イチロープローン炸裂!
とにかくトリガーに細心の注意を払い、決して急がず、確実に狙撃を繰り返して何とかクリーンできました。

もう10回目のU.S.Bianchiなのですが、プレートではいつもドキドキ、楽しめます。

きっとプレートはいつまで経っても私には決して「楽勝な相手」にはならないでしょう。しかし少なくとも向こう1年間は、気分よく暮らすことが出来そうです♪

http://takeoishii.militaryblog.jp

2日目までの日本チーム結果速報は上記URLにて接続していただけます「石井健夫ブログ」でお伝えしていますのでご参照下さい。

また、今年のビアンキは公約(?)どおり、わが日本チームは可能な限りの動画記録をしてございます。いずれYouTubeに順次UP致しますのでご期待下さい!

コメントする

このブログ記事について

このページは、Ichiroが2011年5月26日 20:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「プレイト失点のイイワケ 笑い」です。

次のブログ記事は「ホテルにて」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。