1年でもっとも疲れている日です 

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_2324.JPG

この世の中で真実らしく想われることは
いっさいのことが時間とともに過ぎてゆくこと・・・

といったことを太宰治が書いたように
あの興奮したビアンキカップへの挑戦は
夢まぼろしではなかったのか、と想えます。

物事は過ぎてしまうと本当にあった事なのか
夢想だったのか判断がつきにくいという気がします。

が、それにしても楽しかった〜!! ヽ(^0^)ノ

負けても負けても
負ければ負けるほど次の挑戦が楽しくなる。
それがビアンキカップなんですね〜(^○^)

今日は朝からホテルでくつろいでいます。
楽しかった場面が次々と浮かんできます。
緊張を想い出して身体が固くなったりしています。
ステイジバッグとレンジバッグが快適な試合にしてくれました。


昨日でカップが終わりました。
この28年間、いつも今日という日が最も疲れている
日でありつづけました。
くたくたのぼろぼろという気分です。
そんな今、ぼんやりと来年への作戦を立てつつあります。

作戦とは「どのような練習をするか」ということです。
ただただ撃ちまくっているような段階ではなく
効率の高い練習をしなければなりません。

今年はムーヴァーの射撃能力が去年より向上したという
実感はありながらクリーンできる腕前に達していない
ことは明白でした。
なので試合が始まる前から来年への練習方法を考えて
いたわけです。

「うんとこさカラウチをやる」
これが来年への作戦です。
トモと石井には今年もかなりカラウチをやらせましたが、
来年はもっともっとやらせます。
そのカラウチですが
「タマが出るという想定のカラ撃ち」でないとならず
ここんとこに工夫が必要なんですね〜

今回の収穫は、ターゲットミスのカラクリが判明した
ということです。たったこれだけを知るために1年という、、
いえ正確にいえば28年間という月日を使ったわけですが
まあ人間が成長するためには膨大な時間を必要とするわけで・・・

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ichironagata.com/blog/mt/mt-tb.cgi/975

コメントする

このブログ記事について

このページは、Ichiroが2011年5月28日 11:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ビアンキの楽しみはタールーメン!」です。

次のブログ記事は「トム プレイトをクリーン!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。