早起き&訓練

| コメント(5) | トラックバック(0)

おはばんよ〜
昨朝は4時に目が覚めました。
コロムビア タイムでは6時で、六時起きの習慣が身について
いたのですね〜

それで何をやったかというと、
早朝からトモと石井をたたき起こして
トモにはLimcatにスコープをつけるようマウント上に溝を切って
もらい、早々と皆でスティールチャレンジの練習を始めました。

実は急用があって休養どころではなく 笑、明日から出かけることに
なりました。そこでついでにパイルー射場に寄って月例試合でも
撃ってこようかというわけです。

初日のリムキャットですが、200発ばかり撃ってみたところドンドン
調子がよくなり、すごく良い銃だと感じました。

でもって本日は5:00am起床、この文を書き終えたら
トモと石井を電話で起こし、30分後には味噌汁と玄米を食べ
7:00にはスティールチャレンジの練習を開始、午後は雑用をこなすと
いう予定です。

ビアンキカップでけっこう疲れているハズなんですが
なんだか元気があるんですよね〜(^_^)


身体が健康であり、めげない心があれば、
誰にでもいつかはチャンスがやってくるのではないかと・・・

君も健康は一番に大切にしてくださいね。
病気の人は、心の健康を育ててくださいね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ichironagata.com/blog/mt/mt-tb.cgi/983

コメント(5)

お疲れ様です。

ビアンキは悪天候に見舞われて、大変でしたね。

しかしながら帰宅して、すぐに次の試合に切り替えられるところが素晴らしいです。

私も春の掛川ビアンキ練習会を終えて、ジャパンスティールモードに切り替えつつあります。

と言っても私よりも息子クンのJSCデビューのお手伝いなのですが・・・

「他人に教えると自分も上手くなれる」

と、先輩から教えて頂きましたので、せいぜい親バカしようと思います。

イチローさんおかえりなさい。そして、お疲れ様でした。
今年はミズーリから帰ってきても、お元気なようでって、いつも元気に練習していたような気がするのですが・・・。
 でも、元気な事はイイことです。御家族もお喜びでしょう。
それはさておき、楽しみなのはリムキャットのカスタムです。
リムキャットといえば、面白い型のコンペとシルバーと黒のコントラストが美しくて、どちらかというとイケてる感じのデザインという気がします。JOJOヴィダネスやJJラカーザが使ってたと思いましたが、スピードガンは一級品ですよね。早く見たいです。
 でも、スティール・チャレンジも来年からフロリダ開催になるとかで・・・。そうすると、イチローさんも参加するのが大変になってしまうのでしょうか。
 日本からの参加シューターもみなさんカリフォルニアをベースにしていたと思うので、参加者も減ってしまったりするのか心配です。
 おっと、まずはミズーリから帰って来て、一段落ですよね。ハタで見ているだけの私は、ついつい、先を期待してしまいます。身勝手をお許しください。
 まずは、御家族とのお時間を大切してください。
 

ビアンキカップお疲れ様でした。

僕も数年以内に、挑戦したいと思っておりますので、ミズーリでお会いできる日を楽しみにしております。


先週、僕の所にもジョニーからLimcatが送られてきました。

ジョニーの話では、2000発ぐらいは慣らし運転で、パウダーの量を多めにして欲しいと言われていましたので、N320を4.1gr、ブレットは、モンタナ115grで作っています。

弾の長さは、ジョニーにお聞きした全長1.160インチに設定しています。

ところが、現在1500発ほど撃っているのですが、ジャムに苦労しています…

100発に1回ぐらいの割合で、エジェクトジャムが発生し、マガジンによってはフィーディングジャムも発生してしまいます。

昨日の練習で、これはジョニーに対策を聞かなければ…と考えていたところ、以前、他の試合で作った9mmのマッチアンモが車にある事を思い出し、それをテストしてみました。

タイトグループ3.8gr、モンタナブレット115gr、N320 4.2gr、モンタナブレット115grの2種類をテストしました。そして、弾の全長は1.130インチです。

両方合わせて、200発ぐらい撃ったと思うのですが、ノージャムでパーフェクトに作動しました。また、ブラスの落下地点も全長が1.160インチの弾よりも遠くへ落ちるので、こちらの方が良いのかもしれません。

たったの200発しか撃っていないので、まだハッキリとした事は解りませんが…。今日のローカルマッチでもこの設定でテストしてみます。

イチローさんの9mm弾の全長は、どのぐらいの長さに設定されているでしょうか?

また、これはガンの受け取った初日にテストファイヤをして判明した事なのですが、何百発か撃った後にリコイルにカツンという妙な感触があり、スライドも閉鎖不良が起こるようになってしまいました。

ガンを分解してみると、バレルに付いているブッシングの形状がおかしく、スライドに入れた時に内側に回す事が出来ないようになっていました…。

周りのシューターに意見を聞いても、これは形がおかしい‥と言う事でしたので、ヤスリで形状を整えて、ブッシングが内側へ回るように調整しました。

その結果、上記の症状は改善し、また調整をする前は、35ヤードのグルーピングが掌サイズだったものが、調整後はコインサイズにまとまり、本来のレースガンらしいアキュラシーになりました。

イチローさんのLimcatのブッシングの形状は、どのようになっているでしょうか?


自分で調整はしてみたものの、本当に削って良かったのだろうか…と不安になってしまいまして…。

おはようございます!!

石井さんから、スティールのマッチに出てくる旨は聞いておりましたので、レポートして頂けるのをお待ちしております!!

(…もしかすると、スケジュール的にキツイかもしれませんね。。(^_^;)

リムキャットといい、夏に使える元ダーグさんの銃といい、早くお目にかかりたい…と、首を長くしてます(^-^)/

コメントする

このブログ記事について

このページは、Ichiroが2011年5月31日 08:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「家路」です。

次のブログ記事は「コメント書けない、の巻」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。