嬉しい便り(^O^)/

| コメント(9) | トラックバック(0)

お久しぶりです~。とりあえず生きてます。
今は別の職場(転職ではなく希望しての転勤)で働いています。
子供のことでいろいろと配慮してもらっています。感謝!

さてさて、我が家にもタクレットが届きました。
自分へのご褒美です(大威張り)。
妻には、
「いつも使ってるラジマグ、便利やろ?
 アレのさらに大きい版ができたのよ。
 お出かけの時に何かと便利やから、買うたよ」
とだけ伝えておきました。
現物を見て「確かに大きい!これはエエなぁ」と
唸っておりました。
私としては、フルサイズのハンドガンを収納できるパウチとしては、
決して大きすぎることはないと思うんですけどね。
ちなみに、本来の使い方については、
妻には一切情報を与えておりません(笑)。

で、早速手持ちのハンドガンをいくつか入れて抜き撃ちの練習など。
おー!思った以上に速く抜けますね。
繰り返すほどに上手くなる感覚は久しぶりで、思わず熱中。
左手のさばき方に若干の不安があったのですが、
やってみると問題なし。
なかなかうまくできない人は、
レイスホルスタを使ってハンズアップからのヘッドショットを
みっちりやるのが意外と効果的かも。
左手を自分で撃たないようにするコツには
共通する部分がありますからね。

いずれにしても、ハンドガン+収納物たくさんで
この薄さに納めたのは立派!です。
それから、強く感じたことですが・・・
「フルサイズのハンドガンをキャリーできる」
「とてつもない速さで抜いて撃つことができる」
という2点が主な「意外性(タクティカル的には重要)」として
強調されていますが、実際には
「とてつもない速さで抜いて撃って、しかも当てる」
という点が優れているのではないかと。
もしかすると、他の製品でも似たようなスピードで
抜ける、撃てる、ということはあるかもしれません。
ですが、その初弾が当たるように撃てるモノということになると・・・?
やっぱり、両手で撃てて、その際に何も手放さずに済むのは
ありがたいですよね。

タフプロの企業戦略としても非常にイイですよね。
フルサイズのハンドガンを収納できるヤツをまず出して、
これでタクレットシリーズのコンセプトと優れた点を周知させる。
あとは、もっとキャリー向けの小さい銃に対象を絞れば、
小型化は割と簡単にできるでしょう。
「大きすぎる!」という批判については、
将来的な商品展開であっさり解消されると見ています。

あ、少しだけ注文というか使用上の工夫について。
KOー1さんご指摘のフタ裏のメスクロなんですけど、
フタのオスクロと噛み合っちゃって、
本体への留め代が少なくなる場合があるみたいです。
私ははフタ裏のメスクロを収納部に押し込むようにして
ガッチリとオスクロを本体側のメスクロにくっつけています。
フタ側のメスクロは、個人的にコロしてしまおうかと
検討中です。
ご参考までに。

あー、久々に長文を書いてスッキリした(笑)。
by ルシファ

市より
おおーーーっ!! ルシファさんっ!

ウチの子供のアトピーがひどくなりましてね〜、そんなとき
ルシファさんのことも気にかかっているんですよね〜

強い文章から元気が立ち上ってきますよ〜! うむ、嬉しい!

朝練に行くのでパソ子を閉じようとしたらルシファさんからの
便りが届いたので、こーなったら今返信しよと朝練開始を引き延ばし
腹も空いたのでナットーと玄米を食べながら書いています。

えー、タクレットの本来の目的を奥様に内緒とのこと、、
それはまさに正解入道ですよ(^^)
まかりまちがうと離婚問題に発展しますからね〜

だってさ、真実を伝えてしまったら奥様はどう言うと想います?

「わぁ〜! そんなすごいのなら私にも買ってよぉ〜ん!!買ってくれないなら
実家に戻らせていただきますっ!!」

てね・・・・なっははははははは\(^O^)/

では朝飯後で朝飯前より難しくなったリムキャット射撃をやってきま〜す♪

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ichironagata.com/blog/mt/mt-tb.cgi/1033

コメント(9)

こんばんございまーす!
遅ればせながら…
昨日、姫路の若様にメイルをしました。タクレットの件です。したらば、
“おっそーい! 遅すぎますヨォ〜”
タクレットがアッちゅう間に売り切れてしもたんですネェ。
仕事が落ち着いたら若様に予約をと悠長に考えてましたが、やはり「善は急げ」でしたか(笑)いや、「残り物には福がある」を期待して、次回ロット分に賭けます。

さて。
職業ドライヴァーに返り咲いたボク。
先の東日本大震災からズーッと考えてた事がありました。
そうです、「脱!スポーツカー宣言」をここにブチまけちゃいます。
“速いクルマに乗ってるウチはガキやねん”
以前イチローさんからも言われましたよネェ。
確かによくよくと考えてみたらですヨ。
職業ドライヴァーとは言えレイサーぢゃないんだし。
震災を受けた道路などをトラック車内から見るたびに、

“こんなんシャコタンでは走れんのう…”と。

荷物が詰めてラクに移動出来る。本来クルマの目的ってそうなんではないかと改めて考えたんです。
当たり前やけど、クルマは空飛べるワケやなし、所詮は車輪が付いたハコで道の上を走るだけですもん。
速く走ったからって観客の声援やトロフィーに賞金が出るワケでもなし(笑)
だもんで、ぼかァ宣言します。
“スポーツカーはやーめた♪”
んぢゃ、オヤジセダンか1BOXか?
ノーノー、ちゃいます。
「四駆」です。
間違っても「SUV」なんてシャレた言い方はしません。
シフト!!シャコタンからシャコタカ(なんちゅう極端な!)

ちゅうワケでしてー。
納車されましたらまたご報告いたします。
えっ?車種はナニかって!?
ヒントは、「信玄、人生初のTOYOTA」でおま。

信玄

追伸:
「学ぶ」とは「真似る」からきてたんでしたっけ?
“ワシの真似すんぢゃな〜い”と言われそだから、まんま真似しませんよん(笑)
型遅れのラ○クルですが(言っちゃったよ)

そうそ。
現在、また禁煙してニコレットをカミカミしてます。

おはばんわ~

東京は連日暑いです~。

昨日、我が家の強大な庭園レンジ『保来間』でヤダさんから購入したタクティカルストップターゲットを設置して練習して見ました。

草木とターゲットが同化しています。300発は撃ちましたかね~

シャワー浴びて一休みして、夕方シューター1号と黒色多区列闘を付けて新宿にお買い物に行って来ました。

このブログに写メを送信する術を知りません。JANPSに掲載しましたので観て下さい。

 おーちゃんず多区列闘はくいくいしてもセーフで・・・・

     安心のおーちゃんでした。

本日から7月です
月はじめは割とヒマなので、高速のSAにて待機しながらカキカキしてます。


ルシファさん♪
もー!ドコ行ってたんですかァ~?
明けの明星を眺めてはルシファさんを想ってましたよん。
職場が変わられたそうですが、頑張ってらっしゃるようですネェ。
奥様にタクレットをプレゼントとは…くゥ~ッ!羨ましい!
使用感リポートをありがとうございます。ムムム、ますます欲しくなってきましたゾー。
オラ、なんだかワクワクしてきたゾ(笑)

KOさんやむうたさんも早速に入手されましたね。
皆さんの使用感リポを読みつつ、ヤラシイ話ではありますが…ボクは基本的におnewのブツには飛びつかない癖があります。
なんちゅうんですか、ある程度の期間に市場に出回って、皆さんの評判を見てから購入するのです。
そりゃ数量限定の今回限りとかでしたら飛びついて購入しましけど。
我ながらホンマにヤラシーと想います。
あ、でもクナイは一目惚れしてソッコー購入しましたけどね。なので、改良された次回ロット分に期待してるのです。
イチローさん、お願いしますヨォ~!!


で。
ランクルなんですけど…
イチローさんが言われる通り、大きすぎるかナ?とも感じましたが。
仕事柄トラック乗ってると、「拷問か!イジメか!」くらいに狭い場所にも入ってくワケです。東大阪なんかの町工場が密集する地帯などは狭すぎで、気がヘンになりそで思わず笑ってしまいます。
流石にハマーなんかの車格だとビビっちゃいますが、ソレを考えらランクルは可愛いかと(笑)

“入ったがサイゴ、にっちもさっちもいかんよーな路地が多すぎですぞ。新しい彼女がそんなとこに住んでいたらどないするねん? ”
にっちもさっちも、ど~にもブルドック♪(昔こんな歌がありましネ)
ん~、そないなったら。
狭くて脱出不可能なバヤイは人柱となりまして。ほんで彼女に銅像を建ててもらいます。
正月テレビでやってた、かくし芸大会の故ハナ肇さんみたいに、“サァ、どうぞう♪”
…スミマセン(T_T)

4ランナーちゅうたらコチラ日本ではハイラックスサーフとかでしょうか?
60年代のランクルも良いですネェー。渋い、シブ過ぎます!
ボクが好きなんはイチローさんが乗られてる100系ではなく80系と呼ばれるヤツなんですけど。
如何にも「四駆!」て感じの武骨な面構えに頑丈そうな体躯。こないだランクル専門店に下見に行きましたが、もー一目惚れ。何故だかアタマの中で、「燃えるオト~コのー、あーかい~トラクタぁ~♪」と、小林旭が唄っていた耕運機のCMソングが流れてました。

お店の方と話しましたけど、最近じゃ背面タイヤは車体下に吊ってるんですよね~。
で車体を3インチとか6インチアップしてるんですって。

維持費の心配もしましたが、近頃は3ナンバー登録などせず、貨物の1ナンバー登録。
登録時には三列目シート取り払い、二列目を倒してボルトで固定。カンペキ貨物仕様にして登録した後に二列目を起こす。
八人乗りから五人乗りになるけど毎年の重量税が約9万→2万弱になるのは魅力でしょ?

あ、その代わり1ナンバーはトラックと同じく毎年車検ですが、トータルで考えたらランニングコストは断然1ナンバーですよ。
ちなみに一時流行った8ナンバーですが現在は取得しにくく、かつ3ナンバーと比較しても大してメリットはないそうです。

信玄

イチローさん
「強い文章」なんて言っていただけると、照れちゃいますね。
空元気も元気のうち、というやつなんですよ~。
正味2時間程度の睡眠で、実際は身体はボロボロ、
心は折れる寸前・・・だけど折れないのは
「何が一番大事か」ということが決定済みだからでしょう。きっと。
苦しくても・・・むしろ苦しいときこそ顔を上げて進んでいくしかないのではないかと思うわけです。

現状を報告すると、こんな感じです。
最初の発作の後、対応マニュアルを作りました。
医者とも相談しつつ何回か改良して、
現在は発作が起きたら即救急車を呼ぶことになっています。
かかりつけの小児科で365日24時間の受け入れ対象者リストに入れてもらえて、
たらい回しに遭う心配がなくなったのがありがたいところです。
実際に発作が起きた際には次のように行動します。

1.発作の発生
2.発作止めの座薬を使用(妻)、平行して救急要請(私)

ここまてで、発作発生から大体5分以内。

3.救急車が来るまでに病院へ電話、小児科医にこれから救急車で
向かう旨を伝えてもらう。
4.非常用お泊まりセット(入院用に常備)をクルマに積み込む。
5.救急車の到着。

ここまでで、大体10分以内。

6.妻と子供は救急車で病院へ。私は荷物を持ってクルマで後を追う。

というわけで、正味10分程度の早業です。
何回か経験しましたが、毎回緊張で頭の中が白くなりますね(苦笑)。
それでもどうにか対応できているのは、
日頃の備えとマインドセットのおかげかと。
「十分に訓練していれば、どんなときでも身体は動く。
 逆に、どんなときでも身体が動かないなら、それは十分な訓練とはいえない」
という名言を今私が考えましたが(笑)、それを実感しています。

ただ、この対応を確実にするためには24時間体制での
見守りが必要なわけで、まさに「戦闘態勢」続行中です。
でも、非常持ち出し袋を準備して眠るのも、
枕の下に拳銃を入れて眠るのも、「備え」という点では
大差ないのではないかとも思っています。
要は、生き残るために本気で闘う覚悟ではないかと。

正直身体はしんどいですが、それでも幸せなのですよ。
子供って、家族って、不思議なもんですね。

ケンシロ君のアトピーも心配です。
保湿をしっかりしてあげると楽になるという話も聞きますが
小さな子供向けに何を使えばいいか、迷うところですよね。
東日本の震災でも、避難所でてんかん発作を起こす子が多数出た
という報道に接して「現地で薬は手に入るのか?」とか、
「はじめて発作を見た親が対応できるのか?」などと心配しています。
変な言い方ですが、他人の子供まで心配になるのは、
私も年を食ってきたということでしょうか。
・・・だったら、年を食うのも悪くない(笑)。


信玄さん
>ドコ行ってたんですかァ~?

いやいや、どこにも行ってませんって(笑)。
コメントできないときでも、ずっとみなさんと一緒に
ここにいたんですよ、私。
イチローさんの話に耳を傾け、
皆さんのコメントに心を動かされつつ、ちゃんといました。
これからも、そうするつもりです。

姿は見えなくとも、
ルシファはTACTICAL LIFEとともに在り、なのです!

ルシファさん 初めまして中野と言います。

お子さんが大変でいらっしゃいますね。 私は今年KANREKIを迎えます。長男夫婦と一緒に住んでいます。そこには孫のシューター1号(ケンシロウ君と同い年の4歳。)妹の長女は嫁いでシューター2号(3歳)がいます。
子供の育児は大変ですが、子供から与えて貰う勇気とか生きがいとか未知のものです。
いつでも救急対応の準備は気が休まる暇はないと思います。

ルシファさんの『充分は訓練は身体が動き、不充分な動きは訓練不足』は素晴らしい言葉ですね。

私は仕事がらこの言葉が好きでした。大阪府警のSITの隊長さんが定年でお辞めになる時に部下に言った言葉だと記憶しています。

『100回の訓練より1回の経験。1回の経験の為には100回の訓練』

ルシファさんの言葉もこれと共通していますね。

今日から要約しましたがルシファさんの言葉もインプットさせて頂き
ます。

良く事情が呑み込めてないのにごめんなさい。変なこと言ってるかもしれませんが・・・・・。

とにかく子供は『宝物』です。

中野さん

はじめまして。これまでもコメントを拝見していましたので
初めてのような気がしませんが(笑)。
シューティングに打ち込まれている姿や、
お孫さんのお話に「エエ感じやなぁ」といつも思っています。

ついついガンコレHPまで覗いてしまいまして、
競技復帰の予定もないのにギルモアタイプのシュラウドに
目が釘付け。
おお、日本国内でもこんなのが手に入るようになったのか・・・。
でも、怖くて「いくらですか?」とは質問できませんが(苦笑)。

我が息子を心配していただき、ありがたいやら申し訳ないやらです。
お孫さんと同じ4歳児なんですが、身体に障害がありまして。
リハビリで機能回復というか機能獲得を目指しながら、
発作との闘いを続けています。
先日大学病院で診てもらったところ、認知面は年齢相応とのこと。
ただ、身体が不自由なために言葉が出ないんですねぇ。
「父ちゃん」と呼んで欲しいという願いは抜きにしても
「痛い」とか「寒い」とか、言葉以外のサインで読み取ることに心を砕いています。

個人的な事情にスペースを取ってしまい申し訳ありません。
でも、中野さんの「子供は宝物」というお言葉こそ
私にとっては宝物です。
ありがとうございました。そして、これからもよろしくお願いします!

本日、東京は浜松町都立産業会館にて 『 ビクトリーショー 』 が開催されました。
シューター1号が一緒に行くと言うので連れて行きました。

特に買うものもないので雰囲気だけでもと・・・・・。

会場は人、ひと、ヒトでいっぱいです。シューター1号は歩いていると人の邪魔になるので 『 抱っこ 』して見学しました。 ( これの方が速いのです。:アナウスで1000人とのことでした )

欲しいかな?と思うものは朝一で既になく。まぁ いいか!

戦利品としましては、シューター1号にはヘリコプターのおもちゃ、アテは帽子(キャップ)を購入してお家に帰りました。

そうそう!、会場入り口近くでラジマグやタクレット、ステイジバックが売ってましたね。黒色多区列闘は無かったな~

アテの腰には、汗拭きタオルと扇子等入った黒色多区列闘が付いておりまする。

シューター1号を抱っこしたり、手をつないで歩いたり・・。

これって幸せなんだなと思う・・・・・おーちゃんでした。

ルシファさんへ

タイムラグリストむうたです。

遅れ馳せながら

ルシふぁ~さ~ん!!お探ししましたよルシファーさん!
事情はわかっておりましたが、何となく気配を感じていたので
市郎さんブログを中心にカキコないかブログ中を探し回りまし
たにも関わらず見つけられなかったものですから、どこか別次
元空間で次元干渉でもされているのかと思いましたよ!

もっと抱きつかせて下さい!もっと触らせて下さい!!もっとなめさせて下さ~い!!!

おふざけはここまで。

お疲れ様でございます。
緊張の続く状態でございますね。
ルシファさんはご家族の柱ですから、難しいとは思いますが
ルシファさんご自身もご自愛ください。

コメントする

このブログ記事について

このページは、Ichiroが2011年6月30日 10:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ぜーたくは敵ではなく、実は素敵だ!」です。

次のブログ記事は「ボウルハウのDVD発売で〜す」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。