庖丁は片刃なり

| コメント(6) | トラックバック(0)

IMG_2408a.jpg

刃のディザインは漁師の子孫である市兵衛にござる

とはいえ 日本の庖丁のパクリでござる

ただ ちょっとタクティカル形状であるからにして
こちとらを殺そうと かかってくる獲物を料理するにも
向いているでござる

なので 長きにわたるハードユーズに耐えることよりも
軽くて丈夫なことが重要なのでござる

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ichironagata.com/blog/mt/mt-tb.cgi/994

コメント(6)

イチローさん、お久しぶりです。

遂に魚練包丁、出来ましたか!!
いやぁ、楽しみだなぁ♪

若旦那さんが出張なので、しばらくお預けですが、これで安心できます。

出来れば8mm位の厚さがあればと思うのですが、ストライダーとかとこれはコンセプトが違うので、薄くて軽い方がイイのでしょうね。

ちなみに以前T-REXを研ぎましたが、思ったより砥石当りは柔らかく、ホームセンターで売っている「貝印両面砥石(←安い、笑)」で、数回研いだだけで十分シャープな刃がつきました。

片刃とタングステン裏打ちのせいですかね(笑

イチローさん、こんにちは。

貝印両面砥石なのですが、日本ではそこいらのホームセンターで1,000円チョイで売っているモノで、若旦那さんに言わせれば「こんなん砥石ちゃいまっせ(藁」と言われるような代物です。

しかし、私はコレで安いのはスイスアーミーから、高いのはグレイマン、ウォレン、マッドドッグ(←狂犬を研ぐつもりは全く無かったのですが、間違ってエッヂ部分に錆が出たため、泣)まで一通り研いでみましたが、マッドドックは少し硬かったものの、全てキチンと刃が付きましたよ。

砥石に関しては難しいところがあって、高い砥石だから良く研げるとは一概に言えませんし、砥石とナイフ(鋼材や熱処理硬度)の相性が有ったり、ましてや研ぐ人の好みや慣れとか有りますからね。

でも、高い砥石と高いナイフは相性がイイと言いきれないのは、なんか人間関係みたいで面白いですね(笑

 お世話様です。
月曜日から今日まで、自衛官が帰って来てました~ (^0^)
で! さっき駅まで送ってきました~ (TT)


自分、今朝出勤しまして。朝礼は出たのですが! そのまま気分が悪く成ったので、帰って来ましたね~ (**)

朝礼で課長から、昨日の仕事のやり方が悪かったと、注意されたんです!
まーそれは良いのですが、そのやり方を支持したのが、自分だと! 一緒に仕事をしていた自分より年上の人間が、言い出したんですよ。(本当はこの人間が支持したんです!!)
そこで言い返しても良かったのですが、言い出したら喧嘩に成るので、我慢してましたが。
このまま今日一緒の仕事してたら、マジ殴るかも~!? と思いまして、帰って来ました~ (==)

明日もー1日、休もーかな~ (^^;


さてさて。この包丁の値段は御いくらなんですかね~ (??)
まーお安いと言っても、ウオーレンさんの物ですからね~ (++;)


ビアンキに、ヤッカイ山を持って行かなかったんですか~ (・・;)
自分なら、今年も来れた&皆に会えた!? で! かんぱ~い! しますがね~ (^〇^)/▽

コメントする

このブログ記事について

このページは、Ichiroが2011年6月 7日 07:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「魚練庖丁」です。

次のブログ記事は「黒と緑」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。