事件ふたつ・・・

| コメント(7) | トラックバック(0)

千葉の女性遺棄、鼻や口を押さえられ窒息死かhttp://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110613-OYT1T00778.htm?from=main6


駐車場で女性が血を流し死亡...立ち去る男目撃http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110613-OYT1T00793.htm?from=main7

以上、読売新聞からです。
最近罪もない二人の女性の命がなくなりました、犯人に対して怒りを感じます。
被害者の親兄弟は怒りどころではないと想います。
19才まで育てた娘がこんな殺し方をされたなら、ワシは犯人に対して
どんな仕返しをするか想像もつきません。

アキバなどで数人が殺されると日本中が大騒ぎしますが、
こういった事件は頻発しているのに対策を講じようという動きはありません。

この女性たちがクナイの基礎訓練を受けていたら展開はまた違った
のではないかと残念です。

数こそ少ないにしても、
この世には殺し魔や強姦魔がうろついて獲物を物色しています。

街が平和に見えるからという理由だけで、
これまで何事もなかったというだけで自分が被害に遭うことはない、
と考えることがまずいけないことで
すくなくとも「自分の身にも運命の爪が襲ってくるかもしれない」
と考えることがまず大切です。

その考えがないかぎり護身という気持ちは生まれないわけで・・・。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ichironagata.com/blog/mt/mt-tb.cgi/1002

コメント(7)

悲惨な事件多いですね。

危険なのは女性だけとは限らないでしょうね。
私の様な小さいオッサンも気をつけなければ
と感じています。

私は、未だクナイを持ってませんが
素手ですが、周りに注意し、
特に背後にはきをつけようと思います。

本当にそれは悲惨な事件ですね。
実は私も18歳のお嬢さんを殺してしまいました。罪名、自動車運転過失致死。有罪判決禁固3年、執行猶予5年でした。
イチローさんもお書きになっていた通り、被害者の親御さんにはどれほど酷い事件だったか。テレビCMなどで成人式のCMや、番組で二十歳ぐらいの子達が出ていると、被害者の親御さんにはどれほどの拷問に匹敵するかと。彼女はもうこれから一生成人式を迎えることはありません。若者たちの就職を見ても、もう社会人になることもありません。
私も自決も考えましたが、相手のお父様とお約束した、月命日は現場に花を揃えることができなくなってしまいます。
私はセフティをOFFにした銃のトリガーに指をかけて、町中を歩いているのと同じでした。日本では今社会で活躍する女性を写した番組やCMを良くやっています。彼女も夢がありました。それも果たせなくなってしまいました。
今回の事件も被害者のご家族すれば、過失も殺意も変わらないと思います。
せめてこのような事故や殺人がなくなるように、祈ることしか出来ません・・・。

ニュース記事読みました。 犯人に対して怒り心頭(チャールズ・ブロンソン @Death Wishな気分)と同時に残念です。知っているか否か、持っているか否かで生死がわかれる事があるのなら、護身術、道具等は男女に関わらず身につけておいた方がよいのですね。 アメリカ人女性の友人はペッパー スプレーとかいうのを持ち歩いていると言うのですが、「見せて〜」「sure!」から1分くらいハンドバッグの中をがさごぞ探していました。 これじゃーやられちまうよーって笑って突っ込んだんですが、ホントに襲われた時だったら笑えませんよね。。。

リリコさんはじめまして。ht1991です。

市郎さんのブログは男性の方々が拝見される感じがしたのですが、リリコさんのような女性の方も拝見されていたのを読んで、様々な方が市郎さんのブログを読んでいるんだなと実感しました。

リリコさんはアメリカのイリノイにお住まいなんですね。

僕は現在20歳で将来はアメリカに移住し、銃を扱ったタクティカルインストラクターやそれに近い事をやっていきたいなと思っています。しかし、僕が住んでいる鳥取県はその手の事に関しては余り情報収集がしづらいので若干苦労しています。最近は永住権云々だけでなく、アメリカに住む際の住居や仕事の確保等いろいろと調べ回っています。また分からないことがあれば質問しようと思いますのでアドバイスお願いします。


話変わりますが、護身や趣味で銃を所有し、シューティングマッチもたしなんでいるのも素晴らしいです。やはり男ばかりだけじゃなく、女性にも興味を持ってもらうのは個人的には大歓迎です。

僕も日本国内でサバイバルゲームをたまーにやったりします。

リリコさんのブログはまた読んでみようと思うので、宜しくお願いします。

変な文章失礼しました。

ht1991さん、はじめまして!
将来はアメリカ移住も考えていらっしゃるんですね。 私はたまたま結婚相手がアメリカ人だったもんで、アメリカに来ちゃったわーって状態なんです。 でもビザ取得は大変でした。 合法的に結婚、移民ビザ申請しているのに。 ビザ取得後は自動的に永住権がついてきました。 ちょっと前に永住権/グリーンカードの初回更新をしました。 全てにおいて手続き関係が日本みたいにサクサクいかないのでちょっとストレスたまりした。
ht1991さんは永住権が抽選で当たるプログラムに応募されるんでしょうか。
アメリカのどのあたりに移住されるのかお決まりですか? 州によって州の法律とか税金の率とか違ってきますし、気候もいろんなタイプがあるので、ご自身にあった場所が見つかるといいですね。 まぁ気に入らなければ引越せばいい話ですが。

サバイバルゲームですか! ワイルドですね〜。 私にぶいのですぐにやられてしまいそうです。 アメリカでは父親が射撃好きなら、奥さんに銃をプレゼントしたり、子供達に早い時期から練習させるケースたくさん見かけます。うらやましいですよね〜、もっと早く始めたかった〜と思いつつ、すんません初めてなもんで教えて下さいって、初心者マークを乱用しています! 女性のシューターを見かけると嬉しいです。つい近づいて挨拶しちゃいます。
私のブログ、内容はないよ〜(さぶっ)状態ですが、読んで下さる方がいると励みになります、ではでは、また♪

コメントする

このブログ記事について

このページは、Ichiroが2011年6月13日 08:38に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「アップしましたよ〜ん♪」です。

次のブログ記事は「事故・・・」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。