ちらつかせてます(^o^)

| コメント(20) | トラックバック(0)

IMG_3446.JPG

ここらの速度制限は110kmほどなので捕まらない範囲は120kmと
なります。クルーズコントロールをセットされたランクルはしずしずと
走り、もうすぐベイカースフィールドです。そこでサメジーと待ち合わせて
ウチにつれて行くわけですが、こっちのほうがよほど早く着きそうなので
時間調整がてらマックに入りました。

ごらんのよーにマックのテイブルにはインターネット無料のステッカーが
貼ってあります。これのない店でもつながりますが全店なのかどうかは
定かではありません。

マックハンバーガーを食べながらマックパソでブログを書き
家にはマックサカイが待っているというわけで世の中はマックだらけ(^o^)

薄マックの上で魚練が輝いていますね~(^_^)

キャリフォニアでのナイフ所持に関する法律ですが、
ポケットナイフを隠して持つのは禁止です。ですから
クリップをポッケの外に差してナイフの尻尾が外から見えるように
してキャリーしないとイケません。
ナイフを持っていることが外から確認できればよいのです。

うっかりポケットの奥まで入れて隠れてしまうと「隠し持った」と
して法律に抵触します。とはいえオマワリさんはまったく気にしたりは
しませんがね~

で、ナイフをポッケに差して公衆の中を歩くのはまったく違法ではなく
これで職質に遭うなんてことはありません。
そしてナイフを差しているからといって通行人が怖がるなんてことも
ないです。だってそこらじゅうの男がナイフを持っており
ササッと抜いて箱を切り開けたり大きな封筒を開けたりするし
レストランではスッと出してスチンと刃を開きそれを食事で使うことって
あるわけで・・・。

テッポ好きの連中がドヤドヤっとレストランに入ったら
ナイフ談義&見せ合い&自慢試合が始まってとても楽しいです。
そのなかには往々にして警察官も混ざっています。

このようにアメリカ人にとってのナイフは「日常における身の回り品」
のひとつなんですよん♪

ナイフで刺しまくったという事件はついぞ聞きませんしね~

都市生活ではナイフを使う必要はなくても
アウトドアで、つまりキャンプやハイキング、釣りといった
日常的な遊びではナイフがないとどうにも不便ですからね~

ただしキャリフォニアでは飛び出しナイフの持ち歩きは禁止です。
これは家に置いて鑑賞するという範囲で所持が許されています。

以上、マックザナイフの市からリポートでしたん(^o^)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ichironagata.com/blog/mt/mt-tb.cgi/1099

コメント(20)

 全くうらやましい環境です。
 私たちはコソコソと病院の奥深くの手術室のさらに奥深くの麻酔科医室で見せ合っております(泣)。
 実は手術用品は段ボールや強力なビニールによるパッケージングが多くナイフがとても便利なのですが、それでも一部の方からは白い目で見られます。
 いや、WTのライノとかマントラックではないんですよ(笑)。
 刃渡り4cm程度のフォールディングでもダメなんです。

 刃物は取り扱いに十分気をつけないといけないと思いますが、人類最古の道具でもあり格闘術ではないにしても使い過渡としてマスターする必要を十二分に感じております。

 「危ないからダメ」
 
 ではなく
 
 「危ないから気をつけて使う方法を知る」

 ことが知性ではないかと思います。
 そういう意味では銃もそうだと思うのですが、こちらはちょっと日本では無理かもしれません。
 妻の実家の畑に鹿がたくさん現れて農作物を荒らすのですが銃の免許はおろか狩猟免許も持っていない我々にはどうすることもできません。

 なんとかあいつらを食ってやろうと虎視眈々と狙っております。

 今日も、ナイフを研いで精神統一いたします。

 三十郎 拝

前略、これは日本のマックでは普通撮れない写真ですね。¥60000台であればがんばって買いです。西海岸の大都市には出張で行った事はありますが、とにかく一人で出歩く事はなしでしたからこういう事はわかりませんね。G誌でCHIPSやLAPDに出入りしていた頃のイチローさんの写真や記事は、当時わくわくもんでした。適当な事を書くような人間が、68歳になられてなお、こんなに元気はつらつしているなんてあり得ませんからね。
PS.DVD拝見しました。VERY GOODでした。回りこみの時は方向によってガンはスウィッチするものと思ってましたが、そうでもないのですね。

はじめまして。
月刊GUN誌の頃より弟経由でイチロー・ナガタ様のファンであります。一頃は貴方様にに憧れて上野のMGCに就職しました。浦和のMGC工場にも勤務しました。その当時新井さんやタニコバさんも工場に居たような?で、当時、上野のMGCにイチロー先生がマッチ・ガン片手に来店した時に(申し訳ありません。後楽園だったかも)ミッキー・ファラ譲りのマッチ・ドロウを披露してJBCのブロンズ・バッヂをあーたらこーたらとか(*´д`*)
誠にすいませんです。
自分の弟は生涯人生40年のそれ以上、イチロー・ナガタのライフ・スタイルを模倣してます。
これは自分にとっては驚異です。
兄弟共々それほどまでに憧憬しております。
拳銃(敢えて拳銃と呼称します)及びアソゥルト・ライフル、タクティカル・ナイフ各種の取り扱い等、
イチロー・ナガタ様のライフスタイルは元よりそれを踏まえた秘地上のタクテゥカル・スタイルを実践する、あるいは実践出来るスタイルをあらゆる意味で、なかんずくあらゆる生活の意味で勇気を得る事が出来ればと思います。

個人的な話で恐縮です。
以前、スパイダルコのカード・ナイフをショールダー・バッグのポケットに所持しておりました。
その当時アメ横の中田商店にて上野警察から所持品検査を受けました。
その警官は手帳をかざす事無く自分を所轄警察に連行して行きました。
莫迦で若かった自分はそれ以降どうにもこうにも出来ませんでしたが、
実際はあーとかこーとか出来た筈と思っております。
まぁ、若気の至りと云う事で無理矢理納得しましたが、
自衛の為?にウローかキリダシでも身につけたいと思う次第であります。
支離滅裂、乱文多謝、当方、酔って候。

こんにちは。

アメリカのナイフ事情は羨ましいかぎりです。

日本は相変わらずの状況です。

私は毎日、仕事でダンボールの梱包をといだり、ガムテープを切ったりするのに刃長55mmのナイフを使っていますが、入社当時は皆にギョっとした顔で見られておりました。

他の社員は普通に刃長の長いカッターを使用しておりますが、例え刃が短くてもナイフは物騒だと思うみたいです。
今でこそ自分のキャラが浸透して何とも思われなくなりましたが・・。

先日新卒の社員がカッターが切れないと言うので、私が使っているスパイダルコのナイフ(刃長55mm)を貸そうとしたところ、

「ナイフは怖いっス」

と言って使いませんでした。

また、結婚前に女房の両親に挨拶に行った後、母親から、ナイフを処分したからもう一度挨拶に来て下さいとのメールが届きました。

もちろんそれには反論し、結婚を許されましたが、すごい偏見を持った人物だなあと思いました。

元々キャンプや登山の趣味を持ってるということを分かってもらい、今ではナイフのことでとやかく言われることはありませんが、日本人ってどうしようもないなあと思う事件でした。

これが大部分の日本人の感覚なんだなあと改めて認識させられました。


私が仕事でよく行く防衛医科大学校病院にも、ナイフの携帯に注意という張り紙を見ました。
それにはビクトリノックスのクラシックの写真が載っており、都内で自衛官がナイフの携帯で逮捕された為、ナイフは持たないようにしましょうという内容が書かれておりました。

クラシックなんて刃長も短いし、ロックも無いしハンドルも短過ぎて、護身用にはほとんど役に立たないと思うのですが、それすら取り締まりの対象になるという体たらくです。

日本人のナイフアレルギーには困ったものです。

あの、変な質問ですみません。
大きなボウイニャイフとかも、見えるように腰に下げておけばOKなのでしょうか?
日本刀とかもOKなのでしょうか?

偉そうに質問してすみません、お気に触りましたら無視して下さい。

こんにちは。

コメントの返信ありがとうございます。

私も数ヶ月前に秋葉原で職質を受けましたが、クナイにナイフが仕込まれていると思って声を掛けたらしく、ただのボールペンと判ってお咎めなしでした。

融通の効かない警官というのはどうしようもないヤツらです。

捕まった自衛官の方は、本当に不運だったと思います。

お返事有難うございます

なるほど、警察官の違いですか・・・
パチンコの話といい、
日本はどうなるのでしょうか?心配です。
困ったものですね・・・

どこの組織も上に行くほど腐ってくるんですね。

私の友人にも警察官や自衛官がおりますが、皆いいヤツばかりです。

警察も自衛隊も重要な職業ですので、健全な組織になって欲しいものです。

「ぬるま湯日本」ですか、
私もその中の1人だと思うと情けなくなります。
かといって、立つ勇気もない・・・

いっそのこと
日本がUSAニッポン州になれば
色んな問題が解決するかも知れません。
領土問題、警察、etc

おっと、こんなこと書くと怒る方もいるでしょうね。
臆病者の戯言ですので、聞き流して下さい。

「戦線から遠のくと、楽観主義が現実に取って代わる。そして最高意志決定の場に於いて現実なるものはしばしば存在しない。特に戦争に負けているときがそうだ」

 とはフォン・ゼークト著「戦争論」ですが、まさにその通りだと思います。政府にしても組織にしても。

 しかし、落語のまくらで
「片仮名のトの字に一のつけようで上になったり下になったり」
 とも申します。
 上の者は下の者の気持ちがわからない
 下の者は上の者の気持ちがわからない
 ただ、「中」という字は上下に抜けているのでよくわかる。
 と言うことで、私の好きな一節であります。

 お偉い方の考えはわかりませんが、報道されていない、報道できない理由があると信じたいと思います。

 とはいえ、組織末端の方向性まで間違ってしまうと組織の存在理由すら揺らいでしまうのですが・・・
 きっと、有史以来人間はこんなことを繰り返してきたのかな?とふと考えることがあります。
 
 ジェネレーションギャップと申しますか、若い研修医の考え方にはついて行けないこともあります。しかしエジプトのピラミッドの落書きにすら
「近頃の若い者は・・・」
 と書かれていたようで、それを知って以来は「俺の頃は~」と言わないようにしております。

 大切なのは報道を額面通り受け取らないで、裏に隠れている物事や本流を見失わないことなのでしょう。

 ナイフがNGならクナイというすばらしいモノがあるのですから。
 でも、「常識的に判断して危なくない格好」をするのは重要かもしれません。没個性と安心感。
 そこんとこのさじ加減が難しいですね(汗)。

コメントする

このブログ記事について

このページは、Ichiroが2011年7月30日 20:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「けっしてパンダにさからうな!」です。

次のブログ記事は「し、、信じがたいことです・・ウラをとらなきゃ(@_@;)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。