アイディアの広場

| コメント(12) | トラックバック(0)

はじめまして YOU と申します。
仕事はあんびゅらんすのドライバーをしており
小マグ ウロー 愛用しています。

写真を見て感じた事を少しだけ書かせていただきます。

これだけ大きなバックであれば
ホイールが必要だと思います。

40?以上のバックパックを
背負って行動するのは慣れていないと無理がでますし
活用する事も難しいと思います。

そこで基本的にはホイールで移動し、
不整地や階段などは背負うというのはどうでしょう?

また、日本でも販売するとすれば
日本の避難所の実状は
各自に割り当てられるスペースはとても狭いため
・極力荷物をバックから出さないように、必要なものだけ、すぐに取り出せる。
・車のトランクにも入るように、最大でもゴルフバック2個分の大きさ。
このあたりが避難用バックに必要な条件なると思います。

自分が今 避難所に行かなければならない状況であれば
貴重品関係はマグレットに入れて肩がけ。
厳選した生活必需品を
透明の押し入れボックスに入れて1〜2段と
スリーピングマットとサンダル
ブルーシートを2〜3枚
バールとガムテープを手押し台車に積んで、
ゴアテックスパーカー、ポケットにライトとレザーマン
踏抜き防止の入った安全長靴を装備していれば
当面の活動ができる気がします。

あと 透明バック ぜひ発売してほしいです!
以上 YOUでした。


市より: 救急車のドゥライヴァーさんがタフプロご愛用とはこれまた
嬉しいことです。お姿が想像できますね〜(^^)

んで、ですね、ホイールが必要とのこと、、さすが鋭いですね〜(^O^)/

じつは毎回クルマから出していちいち背負ってホテルにチェックイン
とYOU(^^)のはなんだか疲労感あってオモロないんで第三プロトには
両脇に付けてみたんですよ〜。。したらこのド重い巨大バッグがスルスルと
移動できてニンマリしましたよ〜(^_^)
ただですね、ボウルベアリング付きは音が小さく滑らかですがダートで
使うと土が入って不具合が生じる可能性が高く、ベアリングなしだとダートに
強く移動音はウルサイという結果が出ており、じゃどんなホィールにするかと
探してもらっているとこなんですよん。

透明バッグをナナリンにテストしてもらっているんですが
「もう手放せない」なんて言ってます。オシメや下着が丸見え
でもクルマの移動だからカンケーなく便利だと言ってます(*^^)
で、YOUさんはどんなカタチどんなサイズが星いのですか?


また被災地の故郷で見聞きした話になりますが・・・
津波で亡くなられた方の中には、大きな避難用バッグを実に着けられたまま亡く
なられた方もいたと聞いています。
避難用バックが文字通りの足枷になってしまったようです。
その一方で、必要なモノは避難場所で調達すれば良いかと、とりあえず水も食料
も持たずに着の身着のまま逃げた方が普通に生き残ってたりもしています。
なので、自分は「避難用バッグ」ってモノには、かなり懐疑的です。
もし「避難用バッグ」を作成するのでしたら、最悪の場合は荷物を簡単に着脱出
来て、ちょうどタクレットぐらいのモノが残る仕掛けがあると便利だと思います。

PS
そのタクレット買いました。
丁度、誕生日直後だったので、良い誕生日プレゼントになりました。ありがとう
ございます。
by Q太郎

市より: 「イチロ起きろっ!」と親父に起こされました。
意識が戻るとすごい煙の匂い、目を開けると窓が真っ赤っかでパチパチという
燃える匂いがしました。隣接した鉄工所が燃えていました。男達の怒号も
聞こえました。
「何も持たないで出るからな」と親父は落ち着いて言いました。。。

場合によってはパンツいっちょで飛び出すこともあります。
タクレットくらいは引っかけて出られることもあります。
もしも10分間の猶予があったらモーケものだと想ってよいかと。

避難用バッグは準備してあっても持って出られるかどうかは
判らないという想定が必要です。また途中で命の危険を感じたら
ただちに捨てるという判断力も必要です。

大切なのは危機に備える心ではないですかね〜
その状況に応じて優先順位を瞬時に決められるという人は
サヴァイヴァリストとして優秀なのではないですかね〜

ただ言えることは「備えあれば憂い無し」ですよ。
備え、には心の備えが含まれているのは当然ですがね・・・
タクレットお買い上げに感謝


避難用バックバックいいですね・・・
私はウェストのベルトは取り外せるのがいいと思うんです
が・・・
TAGのローキーアタッシェ(田村装備開発で購入)をチェストリグにして使うと
き、ベルトが一本足りなくなるので、TUFFのEPベルトを内側のプレートを入れると
ころ?にさしこんで背中で留めるようにしてます。
イチローさんのバックパックは大きいのでその方法が重量分散に役立つかはわか
りませんが・・・
作りつけのベルトより、ループやスロットがしっかりつくってあってそこに自分
の好きなベルトを差し込んで使えるほうが、いいような気も・・・
まとまりない文章ですみません。
by てつ

市より:なるほど、、ワシとしても取り外し案を取り入れたいという気持ちです。
結局は必要なベルトなので付けっぱなしもよいかと想ったりしますが
自分流にアジャストしたりカスタマイズできるってすごくよさそうですね〜(^^)/
ただ具体的にどのように作るか、、まずは本体を完成させてから考えますね。

 お世話様です。
今日は朝から防災訓練が有りまして。
近くの公園に非難訓練しました〜 (^0^)/
まー自分の住んで居る所も津波は来ませんし、
山は少し遠いので!?崩れても被害は無いかと (^^;

しかし大きなリュックですね〜 (・・;)
でもホント!あれもこれもと言うと、以外に荷物は多く成るんですよね〜 (+
+)
自分独りですが、結構な荷物に成りますよ (@@)

チナミに。中は色々仕切りがあるのですかね〜?
発売したら欲しいかも〜 (^0^)b
でも値段は〜 ・・・・・・ (**)
by KO

市より:KOちゃんとこは災害がこないいと、よーしそんならこのバッグを
10ばかり買って食い物など一杯入れておいてくださいな。
むふふ、これで避難場所が決まったとゆーもんだ〜ヾ(^^へ)
あ、できたらブルドーザーで迎えにきてなん(^。^)


なるほど、ウエストベルトとかも縫い付けるわけですか。
この手の大型パックだと、大抵はインナーフレームを使っていて
ウエストベルトなどはパック本体には固定されていないことが
多いので同じようなつくりなのかと思っていました。
ショルダーハーネスをつなぐストラップも普通は体格に合わせて
上下に移動できるようにデザインされているので、
付けていないだけかとも思いましたが、そうでもないのですね。

バックパックの世界ではグレゴリーが大体は間違いないとおもいます。
特許に抵触する恐れがありますので、完全に真似はできないと思いますがご参考
まで。
グレゴリーなどは当然ご存知とは思いますが。
http://jp.gregorypacks.com/products/mens/technical

ちなみに自動車の設計は、まず人が座る位置、ハンドル等の
インターフェイスの位置から始めるようです。
by とおりすがり

市より:えーと、、ベルト類に関してはほとんどなにも決めていません。
気に入った本体作りに集中しておりそれどころではないんですね〜
方針を転換したために難問にぶつかり、どうにも良い考えが浮かばず
うだうだしています。まあ月並みな処理で妥協するなら簡単なんですがね。
それとローラーの強度が心配でしてね〜。。階段をガッタンガッタンと
三階から一階までイッキに引き下ろしてみたくらいでは壊れませんでしたが、、、
いや〜音のすごかったこと(@_@;)、、、
もちろん昼前の迷惑のかからない時間にやりましたよ〜

ナット社長はビアンキのセイルスレップをやっていたことがあり、
そのときグレゴリー製品をどれでも持っていけ、と言ってくれました。
が、なにひとつ星くなくてもらいませんでしたよん。
もらっといて日本で売ればよかった〜(*^^)

あ、グレゴリーってビアンキで作っていましたよね、、
たしか・・・あのグレゴリーですよね?

ムカシ知人がクルマの設計ティームにいて、デッサン描いたあと
粘土かなにかで実物大の模型を作っていたために自動車はまず外側を
作るんだと想っていました。当然ながら中は決まっていたのでしょね〜
でもその中にはハンドルはなかったもんで・・・(^o^)


ところで、、
ワシの良いところは常識にとらわれないことです。
ワシの悪いところは常識にとらわれないことです。
これでワシへの評価は大きく分かれます。
とくに日本人にはマニュアル種と固定観念種が多いので
ワシなんか嫌われがちですね〜

なのでアメリカに避難して暮らしながら、今は避難バッグを
作っています。嗚呼なんという運命のいたずらでせう!!(*_*)ニガ笑


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ichironagata.com/blog/mt/mt-tb.cgi/1039

コメント(12)

YOUです
イチローさん!透明バックは、ハコフグ型(角のない長方形)!
日本ではノースフェイスやグレゴリーが
ダッフルバックとして売り出しているものが近いイメージかと思います 
最小で50×30×15(グレゴリーのデイパックサイズの容量で約22リットル)
最大で50×40×25(イーグルA3パックサイズの容量で約45リットル)
の範囲内の物が欲しいです。(荷物を詰めても片手で1個持てるサイズ)
それを山積みにしても、欲しいバックを引っ張りだせるような
サイドハンドルがあれば言う事なしです!
透明バックは「探す」手間を最小限にする為の
素敵なアイディアですね 自分が求めていた物です。
また、複数の人間で装備を共有する場合に必要なバックですね。
現在はクリアーボックスを利用してますが、
硬質のケースではどうしてもデットスペースが多くなってしまいます。

ホイールに関して
旅行用のキャリーバックやダイビング用の器材バックの
ホイールが実用的ではないでしょうか?
また、不整地での取扱いを主とする方に対しては
ホイールは採用せずに
PVCや滑りのいい軟質プラスチックをバックの底の配して
形状で接地面を少なくし引きずりやすく(子供用のソリみたいな感じに)、
引きずっても切れない仕様にしてはどうでしょうか?

避難バック本体に関して
風呂敷的な構造で透明バックを必要な分だけ入れられる物とし、
基本的には背負わず(戦闘力が低下するので(笑))、背負った場合でも
緊急時には1アクションで離脱できる
スナップシャックル付きのベルトが良いと思います

物作りのアイディア出しって楽しいですね
ありがとうございます
以上YOUでした♪

グレゴリーの製品をビアンキで作ってたのかは知りませんが、
グレゴリーは1983年にビアンキに買収されてますね。
ナイロン製品のノウハウを得るためにビアンキが買収したのでしょう。
翌年にはM9ピストル用にM12ホルスターが米軍に採用されていますが、
これもグレゴリーの技術が導入されていたのではないかと思います。
ビアンキブランドで出したバッグ類はグレゴリーでデザインされていたのでは?
米軍のSPEARのバックパックもビアンキ製でしたが、デザインはグレゴリーの匂いが濃厚でした。

ちなみに、現在のバックパックの基本デザインがグレゴリーが源流になっていますね。

僕はこの記事を読んで、情けなくて情けなくて・・・

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20110704/plt1107041128000-n1.htm

仕事でよりよいバックパックの探しは買いで、ハッキリ言ってゴールが見えません、けどチョット小話を。
大なり小なり背負うなり(笑)バックパックは両肩にショルダーで背中にパックが基本形態ですんで、どう仕様も無い歴史ですわ。そこはプロに任せます。
てことで前に着目してみるました。自分なりに使いやすいと感じるのがクイックリリースです、バックパックを瞬時に切り離すアレです。
あと欲しい機能としてライフル等をぶら下げる機能ですかね。両ショルダーにカラビナつけてスリングを両方に通せば、首からかけること無く後ろ荷重のカウンターとなり不意な事態に対処できます。
ただ、両ショルダーにかけてクイックリリースを切り離すと自分のスリングで首が絞まるというオチになりました。
ハッハッハ( ̄▽ ̄)
左右で切り離しの位置を変えたらいいかも?
あと携帯なんかのポーチもショルダーに付いてるといいかも。え?タクレット?今回はナシで。

写真の両手の
後ろ辺りにポケットあるといいかも。ここまで両側に張り出してるカバンも無いし、てことは腕を振れない感じですかね。走りにくそう、走らない。走れない?

「こんなデカイの戦車に載らない」と、とある人に言われたけど実は官品で積んでる荷物をまとめるとこのバックパックに入りきるし官品数個より小容量になるという、そこらへんの勘定がわかんないんだろうなぁ。しかたない、自衛隊でしか育ってないから。

またテキトーに思いつきで文章書いてみましたw

ふと思いついたのでUPします。あまり参考にならないとは
思いつつも・・・
イチローさんは緊急持ち出しの状況を4段階くらいに考えて
おられるわけですよね?だったら、4分割できる形にはならないもの
でしょうかね?各パート毎に切り分けてパーツで繋いで。
危険度1の場合は全部持ち出し。2の場合はその状況では不要な
どこかの部分を簡単に切り離し避難。3の場合はさらに切り離し。
危険度4のときは最上部のパーツだけ。逃げている最中でも
危険度が変化したり予測より悪かった場合はその時点で
不要なパートを切り離して避難。でも各パートの結合や切り離しを
考えて作るとそれだけで大きく重いものになってしまいそうですね。
ああ〜、無駄なアイディアだったかぁ。

イチローさん「ハコフグ」
ネーミング採用うれしいです♪

ホイールに関して
両脇につけるから軸が弱くなるのでは?
ダンゴムシの足のようにおなかの下に
回転式の小さい物を複数配置すれば
外部からの衝撃には強くなるし、
1個くらい壊れても機能すると思います。
あぅ! それだとダートで使えないか…

「ハコフグ」の発売楽しみにしてます
以上YOUでした♪

気障りない姿カタチってのは重要ですよねぇ。
いままでによくある形はナップザックか、巾着袋の様な形、
「非常持ち出し」と書かれた赤い袋。目立つかもしれないけど
普段置いておくには邪魔でカッコわるくて。災難が過ぎて危機意識が
低くなってくるとその手のものは大抵邪魔になってしまう。
納戸の中とか、部屋の目立たない隅のほうに追いやられ、結果として
どこに置いたかすら忘れてしまう。そういう状況だから内容物のメンテも
行われなくなって期限切れとか、いざというとき故障して使い物に
ならないなど笑えない事態に。
 非常持ち出しの事を考えるとやはり寝室のそばとか、出入り口のそばに
置きたいわけですから、その場所にとけ込む様な容姿でありたいですよね。
そしてアクセス性も良くて、定期的に内容物の確認や交換がしやすい形に
なっている方が良いわけですよね。もっともメンテナンス自体は使う本人の
意識の問題ですからそれが形状に影響するってのは本末転倒な問題
ですよね。でもやりやすい、つかって楽しいってのはそういう部分の
敷居を下げるのには役立つかな?という事は、なにかレジャーの時には
内容物を入れ替えて使う楽しさがあってもいいのかもしれませんね。
 また、最重要部(危険度4の時の持ち出し)っていうのは普段よく
使う物だったりしますから、じつはラジマグなり、タクレットなり
普段から使っている物が先に来る。ということは残りの部分がこれらと
合体する様な形でも良のかな?もしくはこれらの働きを阻害しない形、
重複しない形というのも考慮にいれないといけない事になりますね。

いやあ、難しい。そろそろ手に負えなくなって来ました(笑)

コメントする

このブログ記事について

このページは、Ichiroが2011年7月 3日 10:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「避難の想定」です。

次のブログ記事は「ユンハンスと音楽の捧げ物」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。