ナイフは箸と同じよん

| コメント(1) | トラックバック(0)

IMG_3393D.jpg


洋食を食べるときはフォークとナイフを両の手で持ち
フォークで押さえてナイフで切り、ピラフみたいなものは
ナイフを使ってフォークの背に盛りつけて口に運ぶ、、
といった作法がありますが、アメリカではフォークを利き手に
持ってそれだけで食べるのが主流です。
イギリス人はキチンと作法どおりに食べる場合が多いのですが
アメリカ人は実用本位であり、それが失礼だという感覚はないんですよん。

で、キャメロンはイギリス生まれのイギリス育ちでアメリカに移住して
きた人なんです。なので切る必要のない料理でもナイフでフォークに盛り
ながら食べるという習慣を持っています。
ですからナイフは必ずしも切るための道具ではなく、一口分の食べ物を
フォークに乗せるためのトゥールとしても使うわけですね〜
つまりアメリカ人のようにフォークだけですくって食べるのは作法上よろしく
ない、、とこだわっているわけでもなく、すっかりこの食べ方に慣れている
のでそのようにしているわけですね〜

イギリス人の食べ方を見ていると、かったるくはありますが
ちょっと優雅な感じがするので、ワシも時間があるときは真似ています。

でもたいていは3分で胃袋にかき込むのですが・・・(@_@;)

とにかくアメリカ人はカタチにこだわることが嫌いで、
ここんとこがワシとしては大好きなんですよん。

でも食事中にゲップが少しでも出ると「イクスキューズミー」と
あやまる必要はあるんですが。それと麺類を食べるとき吸い込む音を出しては
いけませんしね〜・・・
ですから麺にしてもナイフで調整をくわえながらフォークで食べる人も多いと、、

日本人はハシで育っていますが、欧米人は幼少からナイフとフォークで育っています。
ビフテキナイフの中にはノコギリ刃がついていてゾリゾリと切れるヤツもあって
よく使いますよ。そんなところからもアメリカ人にはナイフが身近であり必需品で
あり、日本人にとってはナイフはアブナイものでしかないのですね〜。。。
とにかくナイフだけをとっても日本人とアメリカ人にはとてつもなく大きな
ギャップがあるようですね〜

まあ日本人のメイジャーな殺人道具といえば庖丁であり、アメリカ人にとっては
テッポなので、ここらからして観念の相違があるんではないかと・・・

あ〜、今日はゆっくり仕事しながらいっぱいブログアップできて楽しかったですよん、、
ではお休みなさ〜い・・・

コメ返しがあんまできなく澄みません、、書きたくてウズウズ救命丸なんですが
けっこう忙しくて・・・

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ichironagata.com/blog/mt/mt-tb.cgi/1093

コメント(1)

折畳み包丁と言うからに、主に釣具店で見かける包丁を連想していました。
予想以上の包丁です。ウォーレン・トーマスの折畳み包丁は日本人の包丁観では、包丁とは思えない包丁です。
大きさが未だ良く判らないのですが、これなら巨大鯛焼きにも十分な大きさがありそうです。


 フォークの背に乗せて食べるこの食事法は、日本では諸説入り乱れて何が本当で正式か良く判らないです。

 英国女王が印度の皇帝を兼任(法的には売りに出された印度皇帝の王冠を英国が買った)する事になり、印度諸侯が英ービクトリア女王に挨拶に行き会食をした事がきっかけと言われています。
 印度側は整然と食べているのに対し、英国側は各自銘銘好き勝手に食べていた。これを見たビクトリア女王は英国宮中礼法を検討させた。

 結果、ナイフは右、フォークは左と固定。
フォークの先は下側に曲がっている状態で持ち肉を抑え、ナイフで切る。フォークを表裏向きを変えて持ち直す事や右手に持ち替えるのは禁止。その為フォークの背に乗せるのだとか。

 仏ではフォークの背に乗せるのは、「はしたない」と考え腹で掬うのが作法。左右の持ち替えも良い。

と言うのを聞いた覚えがあります。本当に諸説入り乱れて判らないです。
英式、仏式と国ごとにあり、統一した作法は無い様です。

 日本では箸を使い、主食と云う考えがあり、米が主食。
西洋人が箸を莫迦にすると言う話もありますが、箸の文化に誇りを持ちたいです。
 人間は親指を発達させて物を掴む事で発達・発展した。箸は親指を駆使する食器だ。

莫迦にする人達にこれ位の事は言えないと。
西洋を米国をただ崇拝する何て事はしたく無いです。

コメントする

このブログ記事について

このページは、Ichiroが2011年7月29日 01:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ごちそさま〜(^^)/」です。

次のブログ記事は「」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。