| コメント(3) | トラックバック(0)

IMG_3417.JPG

イチローさんへ、ホウチョウー・フォルダー切れそうですね。素材感、質感がい
い感じですね。ところで、イチローさんはメンテナンスのとき砥石は何を使います
か?日本風に研がすのですか?自分は家内が使う包丁をよく研ぎますが下手くそな
ので上手く刃が付かないです。ホーチョーフォルダーは鑑賞用と実用の微妙なバラ
ンスが含まれている包丁ですね。。研ぎに関してホーチョーフォルダーは酷使する
ホーチョーではないのでこまめに研ぐ必要がないでしょうね。追記、家族一同感謝
しております。。イチローさんからの夏のプレゼント。。
出張撮影が無事に終わることをお祈り申し上げます。。
by 指宿M19

市より
いえいえ美味しいカゴンマラーメンなどを送っていただき感謝しています、
ソシナくらい贈らせていただかないと送料の値段が心に引っかかってしまいますしね(^^)

さてさて研ぎなんですがグレイマンだとグラインダーでがーっ、と、、笑い
魚練は研いだことがないですね〜、、大切に使っているせいか研ぐ必要を
感じてないんですよん。そこらのダブルディスクの安い研ぎ器でもよく研げるの
ではないですかね〜
ほかの刃物はヨシが来たときにまとめて研いでもらってますよん(*^^)

今夜気がついたことは、魚連でビフテキを切るときは
皿に切り傷をつけないように皮1枚残して切り分けるくらいの
ていねいさが必要ではないかと、、とくにキャメロンのところでは安物皿は
使っていないので気をつかいましたね〜(^_^;

奥さんの妹さんは台本のライターですが「まあ切れること!」と驚いてました。

とにかく魚練は実用一点張りの人にはおすすめしません、、
優雅に使い、そのことを楽しむ人に適します。
毎晩手にしたまま眠りこけていますが、なんだか安心なんですよん♪

ナイフでありながらナイフにない魅力があります。
不思議ですね〜

寝ま〜す。。。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ichironagata.com/blog/mt/mt-tb.cgi/1094

コメント(3)

イチローさん、お仕事お疲れ様です。せっかくアメリカンなのですから、たまにはTボーンステイクなど豪快に食ってもよろしいんではないでしょうか。え?すみません、私は大好きです。牛肉アレルジィなのですが・・・。今日も病院だったので半日はデイオフです。
ウォーレンさん+イチローさんの「ひっど~い」がまた来ましたね!さすがに大物だと速攻予約が出来ないです。いくら位かによってリボか分割か?月いくらになるかシミュレイトをしないと・・・とほほ。
ところで私が小学生のころ、やはり「ボンナイフ」と言うフレイムに剃刀を鋏んだ様なフォールダーが、必携品でした。鉛筆は自分で削れ、と言うのが目的でした。だから学校でも放課後でも皆持っていました。放課後はそれにかんしゃく玉に爆竹、銀玉鉄砲が加わりました。あ、夏は更に昆虫採集の防腐剤と言う得体の知れない赤や緑の液体を注射器!に入れて遊び回っていました。遠い日の夏休み。いつからこんな国になってしまったのでしょう・・・。
また子供たちには楽しみな夏がやってきました。でも爆竹などで悪さをして、母親に尻をひっぱたかれるような悪ガキはもう居ないのかな?と思う夏の午後でした。

こんばんは。中田と申します。
質問です。

今回の庖丁フォールダーは、美的鑑賞用のですか? それとも、ウォーレンが追い求めている刺殺用?タクティカルな物なのでしょうか?コンセプトを教えて下さい。

実用一点張りな人には進めません→この部分をもう少し詳しく教えて下さい。

コメントする

このブログ記事について

このページは、Ichiroが2011年7月29日 02:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ナイフは箸と同じよん」です。

次のブログ記事は「最終日で〜す」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。