し、、信じがたいことです・・ウラをとらなきゃ(@_@;)

| コメント(5) | トラックバック(0)


( ゜д゜)y-~ 全て引用ですよ~。
『パチンコは元々細々と景品交換していた庶民の娯楽にすぎなかった。ところが
敗戦後、駅前の一等地を襲撃・不法占拠した朝鮮人が、米軍から横流しされたタバ
コを景品にしはじめたことで、タバコを欲しがる庶民を急激にパチンコへと向かわ
せた。

さらに、彼ら朝鮮人はバックの朝鮮系ヤクザ共々、その"不逮捕特権"を武器に
して、公然と換金行為まで行いはじめた。

このようにして現在パチンコは公然の民営ギャンブルとなってしまった。
賭博は運営者が必ず儲かる産業。
賭博に参加する者から集めた金をすべて配分するのではなく、
何十%もそこからちょうだいし、あとの資金を参加者に競わせ還元しているにす
ぎないヤクザな商売。

だから競馬やボート、自転車などのギャンブルと呼ばれるものは国が管理してい
る。

ギャンブルは国しか運営できず、
ギャンブルや富くじなどで起業することも法律で禁止されている。 それなのに
なぜかパチンコは民営のギャンブルとして公然と存在したまま......

今や脱法ギャンブル産業パチンコは社会病理の根源として深く根をおろしている
が、主婦のパチンコ依存症は人格形成に最も重要な時期にある幼児の育児放棄、消
費者金融地獄・主婦売春・ソープ転落という朝鮮産業たらい回しを生みだし、彼ら
に根こそぎ日本の資金を奪われる構図となっている。
またそのようになるよう射幸心を煽り、意欲を弱体化させる。

暴力団への利益供与、特定顧客への出玉、遠隔優遇、裏ロム、北朝鮮への送金資
金源、

そして毎年のように超高額脱税が摘発されるなど、
表15兆、裏15兆とまで言われるまでの異常な現実になってしまっている。

これは、パチンコ店を警察が天下りの対象として癒着構造を形成していて、公権
力がその最重要の捜査・警戒・監視対象と特別な関係を持つことになり、さまざま
な裏社会の悪行取り締まりを不可能にしてしまっているからだ。
だから今日もパチンコは堂々とギャンブル産業で企業活動をしている・・・』


パチンコと警察の癒着の実態(『パチンコ30兆円の闇 溝口敦著 小学館』より
引用)

なぜこうも警察はパチンコ店を庇うのか。東京・池袋の指定暴力団系幹部がいう

「パチンコ業界がおいしいからに決まっている。大都市の繁華街を管轄する署の
署長ともなれば、異動すると業者からの餞別が凄い。額からいえば退職金の2度も
らい、3度もらいと一緒だ。盆暮れの付け届けは当然、生活安全課長や係長クラス
に対しても、何かと理由をつけちゃあP店(パチンコホール)がカネを運んでくる
。下っ端のお巡りもそのことを知っているから、こぞって生活安全課に行きたがる
。あそこは質屋や古物商、風俗営業、銃砲刀剣なんかが担当で、女の子でもやれる
。しかも刑事試験を受けずに行ける。安全課の連中は楽でカネになるから、刑事に
ならなくてもいいというわけ」

パチンコ業界に詳しい研究センター主宰のA氏も指摘する。

「だいたいパチンコホールは警察署単位で組合をつくっている。鎌倉なんか1店
だけのくせに、1組合という異常事態です。いかに警察がパチンコ店を意のままに
操っているか、自明じゃないですか。署長は一回動くたびに400万~500万円入る。
場所がよければ、3回異動すれば家が一軒建つとさえ言われている。県単位の業者
の集まりに出ると、だいたい地元の警察でテーブル2つを占めている。生活安全部
長や暴力追放センターの専務理事なんかが筆頭です。しかも彼らのいうことは『お
い、組合長、最近、顔見せんじゃないか。どこでゴルフやってんだよ』と暗にゴル
フ接待を強要する。かと思えば『どうも俺、クラブが合わなくなってな』とゴルフ
クラブを贈れと迫る。実に露骨です」

パチンコと警察の癒着はパチンコ業界を悪くするだけではない。同時に警察も劣
化させている。品性の下劣さでは開発途上国の警官と同一レベルだろう。

業界関係者のB氏の発言

「うちの店でも警察に睨まれたら怖い。だから接待係を置いているほどだけど、
まず対象となる人間の趣味、嗜好を見抜くのが鉄則です。おおざっぱにいえば、飲
みに連れていく。店で女が接待する。その女に興味を持つ。と、自分でカネを出し
て一人で行きたくなる、そのためカネが要る。店で使えばカネが不足する、カネが
欲しくなる。業者を回って餞別を集める署長や副署長でも、自分だけこっそり挨拶
回りする奴、署の車を使って部下に業者を案内させる奴、いろいろです。餞別でマ
ンション一戸ぐらいは買える。主任、係長クラスでも力量がある奴は上の課長を丸
め込み、しっかり業者の面倒を見て、その見返りにたっぷりカネを集める。もちろ
んカネを臭わせたら『バカなことをいうな』と怒り出す警察官もいるけど、就職斡
旋なんか県本部に担当がいて、パチンコチェーン相手に交渉していたりする。警察
機構に組み込み済みなんです」

業界関係者のT氏の発言

「問題は警察の暴走を止める機関がどこにもないことです。本来、公安委員会が
その任に当たるわけですが、委員5人は警察が指名し、県議会が何も分からず承認
している。公安委は企業トップや有名人ばかりで実際は仕事をしない。単なる肩書
きだけ。公安委を直さないと警察が直らない。」

警察とホールの癒着は構造化し、もはやホール側がパチンコ台に不正ロムを取り
付けても、チェック、摘発する能力を持たないという。地域によっては一人で数十
軒のホールを担当する上、台の入れ替えが激しく、検査に手が回らないのが実情の
ようである。 


( ゜。゜)y-~引用ですよ~。
擁護派やパチンコ業界で従事する人たちはこういった側面もあるということを知
らなければいけません。
この情報をどうとらえるかはあなた次第です。

コメント投稿者: ( ゜。゜)yー~~

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ichironagata.com/blog/mt/mt-tb.cgi/1100

コメント(5)

先日は有りがたきコメントを頂きまして誠にありがとうございました。

自分の弟も含めて月刊GUN誌の頃の読者としてはイチローさんはまさしく「イーチ」であり「イチロー・ナガタ様」であり「市彦(@大藪)」であったりしております。

自分の弟及び自分も大喜びでして改めてイチロー・ナガタ氏のお言葉を噛みしめております。そう云えばお言葉を返すようですが、敬称について「様」はNGだそうで(敢えて笑)
改めて「イチローさん」と呼称させて頂く事をお許しくださいませ。

(いつだかのGUN誌でビアンチだかサファリだかのショールダー・ホルスターの品番にまで言及していて不逞の弟が伊達邦彦も真っ青と追求したのがイチローさんのGUN誌の例の書き物に突っ込んでましたが)
あまつさえ、件のモーゼル・ミリタリーの「ランディー」とかの主人公だったりするのがイチローさんご本人のあらゆるご覚悟の象徴と思われます(o^-')b
件の月刊GUN誌「殺しのライセンス」のランディー氏ってイチローさんのご子息がモデルですよね?
自分は少なからずそうおもっております。
それを踏まえてモデルガンのコレクションにて、
ブラウニング・ハイパワー+ホルスター・ストック
ルーガーP08-6インチ+板ストック
モーゼル・ミリタリー+ホルスター・ストック等を所持しておられるイチローさんにあこがれて
無理繰り所持しますた(*´∀`*)
こんなモデルを未だに所持出来る環境がウレシイです。
全てはイチローさんのお教えに従っております。
従って、先人達の狂おしいコレクションには
一切手を触れておりませんです。
あまつさえ、業界を利用して下らぬ商売をした事も
一切ないです。
まぁ、自分は業界内でも小物中の小物だったので、
そんな販売関係の力なんぞ無かったのですが(笑)
全ては健全なコレクションの賜物です(o^-')b


前略、でも私はファンでいたいなあと思います。今まで通りでお好きな事をやって、悔いなく過ごして頂ければよいなあと。。。多分、ほとんどの人はイチローさんの全てが正しいと思っている事はないと思いますので、ただファンになりたいからなってるのであって、見返りは何も求めてないと思いますよ。。。
PS.DVDの最後のボブチャウ、もう見ほれてしまいました。

前略、おはようございます。なるほどファンの定義などは考えた事がありませんでした。自分の感覚ではちょっとひいきの有名人とか尊敬できる先輩という感覚だったのですが、深いですね。今後は、「学ぶところの多い人生の先輩」でいきます。

コメントする

このブログ記事について

このページは、Ichiroが2011年7月31日 23:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ちらつかせてます(^o^)」です。

次のブログ記事は「警察とパチンコ業界」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。