むーさんへ

| コメント(1) | トラックバック(0)

今、ふと想い出したんですけど
子供を作るべきやいなや、、という質問がありましたよね?

重要なことなので後で書こうと想い、ついぞ忘れていました_(._.)_

で、我々は何のために生きているのかとつらつら考えるに
それはまったく解りませんが、ただひとつ生き物全般を観察するに
どうも我々は「生命のリンク」ではないかと想えるんですよね。

過去から受け継いだ自分の生命を未来につなぐための一つの輪、、
それが個人ではないかと、、

端的にいうと「ただ子供さえ作れば、後どう生きるかは好き勝手でよい」
と創造の神は唱えているように想えるんですよね〜

とはいえ、日本の社会では子供を作るのは不安だというのが実情であり、
このような社会を形成してしまった金欲、権力欲の追求を優先する
政治家たち、そしてそれを許している国民、、、
日本は国作りで失敗してしまったと想われますね〜

それと、言えることは
子供を作って後悔するということはよほどの事情によるものではないかと
想いますよん。

子供って初めの数年間で人間としてもっとも幸せな気持ちを
親に与えてくれるとワシは想うんですよ。

これは少なくとも90%の人々に当てはまるのではないかと想いますよ。

一人前の人間とは、子供を育て上げた人のことかもしれませんしね〜

もちろん、何らかの事情で子供を持てない人は別ですよん。
ただ、子供がほしくないというのは心が自然な状態ではないという気が
するんですよね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ichironagata.com/blog/mt/mt-tb.cgi/1110

コメント(1)

お疲れ様です。

ご回答ありがとうございます。

>過去から受け継いだ自分の生命を未来につなぐための一つの
輪、、それが個人ではないかと、、
>「ただ子供さえ作れば、後どう生きるかは好き勝手でよい」

非常に、肩の荷の降りるお言葉だと感じました。
また、やはり私は自分の考え、意識に囚われ過ぎていることが
感じられました。

盲目的な義務感、使命感、存在理由、存在意義、しかもそれが
狭い世界でのものなので、閉塞感、息苦しさを感じるというの
が私の見ている日本像なので未来のビジョンが暗いです。

でも、ネガティブ思考の根底にやはり私自身、狭い視野、観え
ていない、観ていないものが沢山なのだと思いますし、このま
まですと、狭い視野から産まれた思想の暴走が喚起されると思
い、確かに手も掛かるけど、小憎らしい時もあるけど、子供が
産まれてくれて嬉しいという方々の言葉を自分の心に増やして
います。

意味に囚われた生き方こそが近代人の病因という言葉を嫁の親
戚から頂き、存在に意味などない。意味がないのだから稲穂の
揺らめきに自然への感動を覚えたら共に踊れば良いのだという
様な言葉も頂戴したり、四の五の五月蝿い適当で良いぜ!→テ
ーキットゥイーゼ~!→Teke it easy !とクー
ルダウンを促してくれる新潟の方がおられるなど、私は精神が
矮小な状態に逝きそうな時助けてくれる方々がいるので幸せだ
なぁと痛感します。これがなかったらもっと、依怙地になって
ます。

それにしましても・・・う~ん・・・市郎さんのお言葉は、
一見さり気ないですが、ひろーい空間を感じますね。
お世辞っぽく聞こえますでしょうけど、市郎さんが書かれると
平々凡々な言葉にも魂が宿りますね!と思います。

コメントする

このブログ記事について

このページは、Ichiroが2011年8月 8日 02:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「おーちゃんだじぇい、じぇい(^_^)」です。

次のブログ記事は「ぶらほにて」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。