| コメント(11) | トラックバック(0)

IMG_3452.JPG

「ああ〜いいな〜!・・・」
とマックはサメジーのリムキャットを撃ってみて言いました

ほんならワシのを使えってことでマックも今年はリムキャットで
チャレンジすることになりました。

なにしろマックは優勝候補の一人ですからね〜
リムキャットはワシが使うよりマックが使うべきかと。

そこでワシはSIGを再び引っ張り出しましたよん♪
スライドをセイリアントに頼んで軽量化してあったので
そいつも試したくてウズ救命丸だったんですよん(^_^)

で、新人サメジーはモーレツ巧いです!
とくに初弾はマックより早くて安定度も高いです。
ただターゲット間でよく外すので、これを克服できたら
トップグループの仲間入りです。
本人の目標は83秒、、これが出せたらベスト5入りかと。
柔軟な思考をもって練習できれば達成できるのですがね〜

サメジーはリロードもしっかり習っているらしくやってました、、
ただ後でふとゴミ箱を見ると作り損ないのタマが捨ててあり、ギョッと
させられました。

ムカシ、ミッキーのところに火薬入りのタマを捨ててはいけないという
警告がきており、もしこれをゴミ捨て場で子供が拾って事故がおこり
指でも飛んだヒにはミッキーが訴えられて大変な金額が・・・(@_@;)

だからタマ捨ては厳禁なんですよん。

なのでこういった危険物はまとめておいて埋めるんですね〜

サメジーに捨てられた不良弾が発見できてよかった〜(^◇^;)

新人の監督不足で叱られたマックはゴミ箱をすっかり調べて一件落着でした。

マジ、ヒヤリとしましたね〜
これだから新人はコワイんですよん。

じつは本日の午後には5人ほどのシューターがやってきます。
毎回いろいろと起こるので内心ヒヤヒヤなんですよね〜

で、リムキャットをドライヴするマックの昨日の成績は80秒斬りでした!
これは優勝できるタイムなんですよ〜!!

もうこれが最後になるかもしれないマックの挑戦、、
グッドラックが星いところです。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ichironagata.com/blog/mt/mt-tb.cgi/1112

コメント(11)

おはようございます。
不良弾の件、申し訳ありません。1050の調整で出来損ないの弾が一杯出たのですが、それをゴミ箱に捨てるのではなく、どうのように処理をするのかをキッチリとマックさんに確認するべきでした。
インターネットの件にしても、様々な点でご迷惑をお掛けし、本当に申し訳ありませんでした。

マックさんは調子が戻ってきたようで、安心致しました。
僕も試合までに1回ぐらいは80秒を切れるように挑戦してみたいと思います。

どーもどーも。
新たな進展ですね。
マックさん!サメジーくん!はずめますて。
ほんとマックさんのご活躍を期待せずには居れません。
サメジーくんは、以前YOUTUBEで拝見さしてもらったことがありまして、
その恐ろしいまでの速さのマガジンリロードを見て驚愕いたしました。
初めてこのブログに載った時に「はて、何処かで・・」と、思っておりましたら、
その驚愕青年じゃないですか!
アメリカにご留学だそうで、そのバイタリティあふれる行動力が羨ましく思えます。
自分は日々自動販売機の釣り銭口を漁っているのに・・。って、
冗談ですよ。ウソですよ。ちゃんと働いてますよ~。
最近は、マジでMatchを意識しながら、所詮ゴッコですが、撃て撃てです。(?)
会社の廊下歩いてても、ドローのカッコを無意識にしてしまうんですね~これが。
クビに成らない様に気をつけないとね。
Team日の丸 頑張ってくださいよ~~。
って、お前が頑張れよ。と、突っ込んで下さい。(前にも使った落ちですが。)

皆さんお元気そうですね。

自己目標をしっかり定めて、本戦に臨んでください。

チキューの裏より応援しています!!

皆さん集まってきてどんどん本格的になってきましたね。

昨日の出来事ですが、ヒストリーチャンネルの射撃王(海外ではTopShot)を観ていたら、僕の母親がやってきて、番組や銃に対しての文句をいきなり言ってきました。

挙げ句の果てには僕は大声で怒鳴るように反論し、その夜は非常に気分は最悪でした。

僕の母親は銃やミリタリー等を嫌うようでサバゲーに対しても

「あんな撃ち合いしたら死ぬがな」(`Д´)

とか

「頭おかしい」

銃関係の本やDVD買ったり観たりしている奴は警察にマークされてる(アンタは秘密警察か!)

…など無知と頑迷、偏見を丸出しにして言ってきましたね。

サバゲーは威力が0.98ジュール以下のBB弾を発射する合法的なエアソフトガンのみを使っているっつーのにアホか!って思いましたね(怒)
日本だと実銃扱いになる空気銃や実弾で撃ち合いしてる訳でも無いってのに(怒)

確かに撃ち合うと痛いし、ゴーグル無かったら目に当たった際は失明するかも知れない…しかしいくらなんでも死ぬ程ではねーのに。

反論したら今度は、

「それはお前が世間をしらねーからだ」

…なーんて返ってきて…。

海外に行ったら、家族でシューティングレンジ行って銃撃ったりするしミリタリー臭い趣味も普通な訳だし。

確かコンバットマガジンのリポートでイギリスにWar&Peace Showというリエナクトイベントがリポートが載っていた時があり老若男女問わず色んな方がいたみたいです。

しかも海外ではペイントボールというサバゲーのルーツの撃ち合いゲームがあってナショナルマッチやプロチームも存在し、これも老若男女関係なくやっているみたいだし、日本でもやっているとミリブロで読んだことがあります。

母さん、ホントに世間しらねーのはどっちだ? アァ?

って感じます。

その時は母もビールを飲んだ後だったので酔った勢いで言ったのかも知れません。

しかしその夜言ったことに関してはマジ許せないです(怒)


…(´Д`)はぁースッキリしました。

思いつくままに書きました。長文失礼しました。

みなさんいい表情されてますねぇ、楽しそ〜♪
作り損ないのタマ埋められる広大な土地〜いいですねぇ。 9㍉だったらウチに送りつけてくださいって感じなんですけど〜送料が高くつきそうですね。 ブレットの残りが少なくなったので、先日イチローさんオススメのモンゴルに115FMJ頼みました〜。 前に他社に注文した時、受領の署名をしなきゃいけない扱いで送られて来たんですね、配達員の人、急ぎ過ぎ〜でいっつもこっちが応答する前に不在配達票を残してさっさと去ってしまうんですが、箱の大きさから想定する重さを遥かに超えた重量のブレット入り箱、、、不在配達票にHEAVYって書いて署名がいる荷物なのにドア前に置いて去ってしまいました。ちょっとの距離なのにトラックに戻すのあきらめたんですね。ふふっ。
ようやく10,000ヶリロードしたことになるのですが、作り損ないがたくさんありすぎなので、これらを買って再利用したいと思います↓
Hornady Cam-Lock Bullet Puller と Collet #9 35 Caliber 9mm
いまウチにあるのはトンカチタイプのKinetic Bullet Pullerで、これまた超原始的、カンカンうるさい、つかれる(!)んですね ^_^;;; $17で買いましたが、Hornadyのやつだと送料抜きで$30程なので最初からこっちを買えばよかったです。。。
さらにシューターさんたちが集結されるのですか?!にぎやかになりそうですねぇ。
グッドラックでございます〜☆

PS:今日はヒストリーチャンネルでTOP SHOTというTV番組が中西部時刻で9PMからあるので見ようと思います、部活風に週1で行っているUSPSAクラブメンバーでもあり警察官でもある女性(まだ会った事ないんですが)が出演するんです〜。旨の谷間が健康的お色気の写真はこちらです。^_^
http://www.history.com/shows/top-shot/bios/sara-ahrens

ht1991さん、前からここでコメントを読ませて頂いていますが、はじめまして。宮本と申します。イチローさんは何やらお忙しそうなので、すみませんが私が書き込みをします事、お許し下さい。
先日はかなりお母様に御立腹だったようですね。心中お察し致します。

私は銃とナイフが原因で、連れが実家に家出をしました、永遠に。お互いにもう少し歩み寄る方法が有ったのではないかと思うこともあります。やはり女性には、特に日本の女性には武器を嫌う方が多いようですね。なかなかリリコさんやイチローさん、トモさん、石井さんの奥様方のような方は少ないのではないかと思います。

しかし我が家では両親とも大正生まれの戦中派でしたが、銃に関してはなぜか寛容でした。なので少し環境が違いますね。でも親、特に母親は自分を生んでくれたと言う絶対に切れない絆があります。何か月並みで偉そうなコメントですが。ただ自分の趣味の域を超えた、銃の魅力を否定されると自分を全否定されたように腹が立ちますよね。私も散財についてはかなり小言を、約50歳の男が言われてもいます。

その母も80後半になり、腰もかなり曲がりこんなに弱くなってしまったのかと思う今日この頃です。ですので今は普通の家に買い直し、同居しています。私も米国に渡り、米国人になる事を夢見ています。しかし今の母を見ていると、とても独りで置いておく事はできないと思っています。本当に明日には私独りになるのではないかと思い、毎日を過ごしています。一期一会は他人同士だけでなく、身近にもあります。

私は交通事故で若い女性を死なせてしまいました。ご遺族の方からすると東京の大学に送り出したばかりのお嬢様と今生の別れになるとは思っていなかったでしょう。明日には何が起きるか、誰にも解りません。

長くなりすみません。親子喧嘩は日常の風景ですが、ht1991さん今度は一つ息を飲み込んでから、言い返してあげて下さい。(^o^)

また悶々としたらここでぶちまけて下さい。イチローさんが忙しそうなときは、私も居ますので。

不良弾のこと。

昔、昔 私がまだ若かった頃・・・息子がハイハイをしていた頃です。

家内が実家に息子連れて帰っていたのです。

MGCのガバ(モデルガン)にこれ幸いとキャップ火薬詰めて遊んでおりました。

勿論、カートとキャップ火薬数は勘定しながら、机から落とさないようにしてです。息子が口に入れたら大変ですからね。

十分気をつけてやっていたはずでしたが・・・キャップ火薬一粒落としました。

それから大変です。もう~這いつくばって探しました。30~40分位。

見つかりましたぁ~。

もうヒヤヒヤでしたよ。子供が小さいうちはやめました。

ましては実弾ですからね。ゴミ箱は行けませんね~。

皆さまの 『 USスチールチャレンジ 』 のご健闘と無事のご帰還をお祈りいたします。

先日黒穴であったのに。もうメリケンとは驚きのおーちゃんでした。

えー!?マックさんは最後の挑戦になるかもしれない、ですって!?

かつて、超速のエアガンシューターとして知られつつあった頃、
「練習の鬼」としても有名だったと記憶しています。
強くなるに従って、「あれだけ練習すれば勝って当たり前だよ」と、
負け惜しみとも陰口ともとれる言葉を吐く御仁もいらっしゃったとか(苦笑)。

でも、「勝って当たり前」と言われるほどの練習をやってのけるのは、
ちっとも「当たり前のこと」じゃないですよね。
いわゆる「射撃の才能」といわれるものも大きいのだとは思います。
けれど、それよりも「努力を続けること」「気持ちを持ち続けること」自体が大きな才能なのではないかと。
これがマックさんを支えているように思えます。
(面識もないのに勝手なことを書いてしまいますが。)


「才能」、という言葉がありますが、こんなイメージを私は持っています。

人それぞれが、違った大きさの薪の山を背負っている。
これが、才能。
薪が燃えて炎が起こることが、才能を発揮するということ。
大量の薪を持っている人は、それだけ大きな炎を起こせる可能性があるけれど、
全部燃やせるとは限らない。
逆に、少量の薪しか持っていない人であっても、すべて燃やし尽くすことができれば
大量の薪を持っている「だけ」の人より大きな炎を起こせるかも知れない。

そう考えると、持っている才能の大きさと同じくらい、
いや時にはそれ以上に、才能に火を付けて炎を起こす力が大切なのではないかと。
それは、継続の意志であったり、愚直なまでの素直さであったり、向上心であったり・・・
その人物の人柄に根ざしているように思います。
これが一番大きくて、大切な「才能」なのではないかと感じています。

肉体に根ざした「才能」は、別分野への応用が難しかったりしますが、
人柄の部分に根ざした「才能」は、肉体の衰えにも関係なく、
人生の様々な場面で力になってくれると思います。

才能がある人だって努力する。
ましてや「凡人」の自覚がある自分が
努力もせずに何を望むというのか!

怠惰な自分を戒めるとき、こっそり呟いてまーす。
それはともかく、マックさんのチャレンジに幸あれ!!

ルシファさんへ

お褒めいただきまして、ありがとうございます。

とても人様の目標になるような努力家では無いと自分では思っています。
自分が好きでやってくれていることに対して
応援してくれていると思うと嬉しく思います。

事故等起こさぬよう、安全に注意し試合を楽しみたいです。

背中に背負った薪を燃やすって
カチカチ山のたぬきさんやんかー

すみません
どうしても突っ込みたくて

ふざけた小者の桃炉です

過去のコメに失礼します。

htさん!「世間」を知らないのは貴方の方だ!!

はい。
なんでも「世間」なんて概念は日本固有の概念だそうです。

主に西洋は個が認められた世界と認知されております。
日本は、集団があってその中で自分を合わせる世界なのですね。
ここで日本に使った世界は、その集団の中でしか通じない、
市郎さんの言う所の「井の中の蛙」、徳川時代は崩壊したのに
よく言われるところの「農村的社会」、私はこの言葉、嫌いで
して、農家は好きなので、「百姓根性引きずり社会」と言って
てますが、「世間」というのは「個」を侵食する概念なので、
それを知らないことは、世界へ出ることを疎外される隠避な楔
が無いという意味で有利に働く事でしょう。

それに、可哀相じゃないですか!!
htさんの精神が。
そんなことで気分害するの勿体無いですよーヽ(´ー`)ノ

と、傍観者の利己主義を発動させて頂きましたm(_ _)m

コメントする

このブログ記事について

このページは、Ichiroが2011年8月 8日 09:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ぶらほにて」です。

次のブログ記事は「はじまり〜!!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。