想い出の北海道

| コメント(1) | トラックバック(0)

なんと!北海道ではありませんか!
道民として、恥ずかしいし、胸糞が悪くなってきますね!

44歳になって、なんということを!しかも無職ですか!
女性を殴る蹴るの上、唾まで吐いたというではありませんか、
その唾からDNA判定で逮捕されたわけですが。
先ほどニュースにも出ていましたが
「これぐらいで何故捕まる」
と言っていたようです。
まったく反省がありません。
この容疑者、名前のほうに私の本名で使っている文字
がありましたので、田村さんと同じ気分です。

北海道は本当に車の運転マナーは最悪です!
街から少し出ると、もう車道は貸し切りみたいになりますが、
本当にキケンです!
時速100数十キロで抜かして走っていきます。
私はゆっくり走りたいので、あえてスピードを落として、
先に抜かして行ってもらいます。
「この間。160kmで走った!」
とか悪自慢をする人もいます。
困ったもんです。

街中でも黄色の信号で止まろうとすると
後ろからクラクションをならしたり、
無理に追い越して進んだりもしていきます。
私の会社の従業員も会社の車を運転していて、
右折をしようと待っていたら、黄色信号で無理やり進んできた
車にあてられました。
by ピーター

市より
今でも北海道は運転マナーが悪いのですか? う〜ん(@_@;)

日本でパブリカが売り出されたあたりから自動車ブームが始まりまして
すぐに日本人ドライヴァーのマナーの悪さが新聞ネタとなり交通渋滞も
新しい頭痛のタネとしてクローズアップされ、だんだんに国民もクルマ社会
に揉まれて運転のオトナに成長してゆきました。
この間、マナーの悪さによって多くの通行人が殺され、死亡事故も多発し
毎年1万人以上もの人の命がモータリゼイションのつゆとなりました(=_=)

そんなときワシも会社のホンダN360で北海道を20日間以上かけて
走り、恐ろしい目に幾度も遭ってびっくりしました。
まず多かったのは小さな道路や家の路地からの飛び出しです。
こっちは本道を60キロくらいでクルーズしているのに
すぐ目の前から飛び出すクルマが多くて急ブレーキの多かったこと!!・・・
運転手はこっちをみて目が合っているのに飛び出すんですよね〜(-_^:)

「クルマはすぐに止まれない」という標語が東京で流行っていたころ
ですが北国までは行き渡っていなかった、、というかまだなんですかね〜?

「北海道の人ってどんなに自分勝手な人種なんだろう?」
と想ってしまいましたよ〜( -_-)

ところがです、

たしか女満別あたりの河原でキャンプすることにして
近くの家に水をもらいに行ったんです。
すると心やすく自由に汲んでよいと言われました。
で、一泊し次の夕方のことです、、

「あなたたち、こんなところで何してるのっ!」
とおばちゃんが怒ったような口調でやってきました。

「キャンプしてますが・・・」
「こんなとこに泊まってちゃダメじゃないのっ! よくないですっ!
さあさウチに部屋があるからいらっしゃい、気の済むまで
泊まってらっしゃい」

と強引に手を引っ張っていかれました。

それから三食つきの無料民宿となりました。
そこの父親は狩猟のときに熊に噛まれ入院中、その熊を射殺した息子さんがいて
中学生だったかの妹もいて近所の子供達も集まりトランプ遊びやなんやで
大変な賑わいとなりました。

もうまったくの家族扱いで、いつまでも居てくれと毎日いわれました。

そして北海道ではどこに行っても人々は穏和で優しくて東京や大阪のような
イライラギスギス感がまったくなくてとても良い所だという印象でした。

いまだもって、あの乱暴運転をする人々と優しい心をもって助け合っている
人々とが一致しないでコマッていますよん(*_*)

今朝は5時起きでこれを書いています。
7時になったら玄米ニギリをしこたま持って、玄米と玄米釜も持って
試合場に向かいます。

では・・・


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ichironagata.com/blog/mt/mt-tb.cgi/1122

コメント(1)

北海道には温和で優しい人達はたくさんいます。
これは間違いありません。

「なんも、なんも」と言って、おせっかいのごとく、
優しくしてきます。

ところがその優しい人が車の暴走をしているのも
また事実なんです。
北海道の広い大地がそうさせるのかはわかりませんが、
車のハンドルを握ると、性格が変わるという人が
結構います。
「160kmで走った」
と言っていたひとも、
色々なことに気配りができる仲間思いのとても良い人なんですが、車の運転ではこうなっています。


と、暗いことかきましたが、
ここで気分を変えまして、
タクレットを入手でしきました!
さっそくドロウの練習をしています。
前を見ながら、タクレットを開け、銃をろうと
するのですが、これがなかなか難しくて、
やりがいがありますね。
M1911タイプを使っていますが、
グリップセーフティーに手があたったりしています。
http://www.youtube.com/watch?v=sDSmJ2fYmVw
そちらから、見られるかわかりませんが、
一応、画像も乗せておきます。

コメントする

このブログ記事について

このページは、Ichiroが2011年8月17日 08:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「無料の水浴び場 (^O^)/」です。

次のブログ記事は「ちょっと心配が・・・」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。