ジゲン流で・・・

| コメント(10) | トラックバック(0)

永田様、はじめまして。
ブログの内容と関係が無い事、現職のため匿名での書き込みである事をお許し下
さい。
1年ほど前の事ですが、田村装備開発の田村様に、お手合わせ頂いた事がありま
す。
といいますのは、田村様のブログに武術の記載があり、その内容が私には理解が
できず、力試しをしたい。という、今考えてみれば本当に失礼な事をしてしまいま
した。
突然訪問した、いわば道場破りにもかかわらず、田村様は快く応じて下さいまし
た。
結果は、私の惨敗です。
幼い頃から武道ずくしの人生だったため、負ける事など考えていなかったのです
が、何も出来ぬまま叩きのめされました。
前歯が欠け、肋骨にヒビが入りました。しかし、それは自業自得であり恨んでお
りません。それどころか、良い勉強になり、感謝しております。
その後、半日、田村様から訓練を施して頂きました。
鮮明に記憶している事は、サバイバルゲームを例に、実戦と格闘技の違いを話さ
れた事です。
長くなりましたが、永田様に一つお尋ねしたい事があります。
訓練後、田村様に「格闘の先生は誰ですか」と尋ねたところ、「多くの方から教
えを受けましたが、一番影響を受けたのはイチロウさんです」と答えられました。
どのような事を習ったのか聞いたところ、「人から教わった事を許可無く教える事
はできない。」との事で、何も話しては頂けませんでした。
それが、いまだに気になっております。
技では無く、精神的な事とのことでした。
個人的な書き込みで申し訳ございません。
お答えできる範囲で教えて頂ければ幸いです。
by りく


市より
現代の武道には二つのタイプがあると想います。
ひとつは健康維持のための運動として、、
もうひとつは人を倒す、あるいは殺すため、、

まず、自分はどちらの武道を選択しているのかを認識すべきかと。

りくさんの気持ちとしては後者を選択、ですよね

自分の身体に殺しのワザをダウンロードするにあたって
まずはできるだけ「崇高な精神」という気持ちを持つ必要が
あるかと想います。
すうこうな精神という意味は「気高いこと、気品があること、尊いこと」
そういった意味です。

こういうと難しく想えるでしょうが、
ようするに「自分の技は正義のためにだけ使う」という決断をすることです。

じつは、ワシは「正義」という言葉はあまり好きではないのですが
ここでは解りやすいので暫定的に使います。

どうして正義という言葉に疑問を持つのかといえば
世の中には正義も悪義もなくて、これは人間が作った自己欺瞞の言葉では
ないかと想うからです。

それはともかく、、

「殺しの技は正しく使う」ということです。
しかしワシとしてはこの「正しい」という言葉もあまり好きでは
ありません。というのは世の中には正しいも間違いも無いだろうと
考えているからです。

武道をやる人間は、そういった言葉をひとつひとつ咀嚼しながら
脳みその配列を整頓すべきかと、、

これらを語るには長くなりますからこのへんで・・・

空手道場経営の家に生まれ、幼少から空手を習い
喧嘩だけはもうれつに強くなった男がいました。
この男には素敵な彼女がいました。
しかし彼女は自分がセックスの対象にしかされて
いないと感じ、心が空手男から離れてしまい
他の心優しい男に惚れてしまいました。
この優しい男は自分から彼女を誘ったのではなく
飛び込んでこられたので受け止めたわけなんです。

ここで、その男が「武道家としての教え」を受けていたら
〝君をもっと幸せにしてくれる男がいたら行ってくれ・・・〟
というのではないかとワシは想うのです、

が、この男は闘うすべもない優しい男を幾度かにわたって
待ち伏せなどし、殴る蹴るの暴行を加えたそうです。

この暴力行為が正か悪かといえば、なんとも言えません。
だって人間ってそのように作られているんですからね〜

こういった人間は武道家じゃないと言っても武道家なわけで、
ただ自分はこのような男には絶対になりたくないという
気持ちを持ってほしいわけですね〜

素手、ナイフ、刀、弓、銃などなど・・・

こういった道具を使って闘う練習をすることが
武術訓練だとワシは考えていますが、これらの殺し技は
やむにやまれぬ正当防衛だけに使うのだという心を
持たない者には教えたくない、、というのがまあワシの
独断なわけで・・・

心に美しいものを秘めている人、
こういうタイプは武道家の素養を生まれながらに
持っているのではないでしょうか・・・

ようするに正義らしいことに使ってほしいわけですね〜

で、りくさんはそこらについてはクリヤーされていると
想います。ただ、この大切な精神の基礎を理解できていない
若者が多すぎるので、こうして書いています。

そこでワシの「格闘論」のさわりを説明しますね、、

「闘いにさいして、ここが死に場と心得よ」

「正義のために死ぬことを喜んで受け容れよ」

「相手も手練れならば、相打ちをもってよしとすべし」

「闘うときは相手を殺すか自分が死ぬまで闘うべし」

「闘いにルールなど無し」

とまあ、思いつくままに書きましたが、いかがですか?

ただ、これらの五箇条に関してだけでも、噛み砕いて
自分の心に刻みつけるには数年かかると考えながら
ゆっくりと咀嚼してみてください。

解ったつもりが、じつはなかなか解ってないものなんです。

「常に咀嚼せよ」

これもすごく大切ですよ。

ね?・・・この教え、かっこいいでしょ?

オイラ、えらいでしょ?

いえいえ、ジゲン流からのパクリなんですよん(^。^)

なにもえらくないんですよん・・・
えらくある必要もないですしね (^_^)

剣術では薬丸ジゲン流が最強だったと想っています。

なぜ強かったかというと、精神と技が素晴らしかったからかと、、

ジゲン流は上段の構えで飛びかかりながら肩からヘソに向けて
斬り下ろすというのが主流でした。いかに速く相手に一撃を
加えるかという訓練に明け暮れたそうです。

刀は相手のモノより太くて厚くて重い豪刀「ナミノヒラ」が
好まれました。相手が受けてもその刀を折りながら切り込む
というコンセプトでした。

これに対抗するには突きしかなく、突かれると自分も死にます。
自分も死にますが相手も死にます。

「相手が死ぬなら自分も死んでよい」

この究極のコンセプトがあったのでジゲン流は
最強だったわけですね。

自分は傷つかず相手をやっつける、、、

こんなウマイ話など格闘にはないのです。

一生に一度だけ、自分の真義にかけて闘う、、
そしてそこで死ぬ。

ワシの武道へのイメイジはこれなんです。

ちなみにワシが生まれた鹿児島の加治屋町は
西郷隆盛が育った町でした。

当時の薩摩人にはジゲン流の心が残っており
「弱い者をいじめるな」「がたがたモンクを言うな」
「喧嘩は自分より強い者とやり、決して負けるな」といった
風潮がありました。

中学の時は理科の石堂先生が「チェスト行け〜!!」という気合いの
かけ方を伝授してくれ、この突撃精神で社会の困難を乗り切れと
教わりました。

チェストー!!

というかけ声とともに困難に挑みかかり

いゃぁあああ〜!!!! と大猿のような叫び声を上げて
勝負の技をかけるのです。

「失敗を怖れるかぎり勝ち目は無い」

このコンセプトがないと人生においても強くは
闘えないのではないかと想っています。

ワシはことさら優れた人間ではなくごく普通のヤローです、、
ただ「ジゲン流のコンセプト」で生きているだけなんですよん。

これで 少しは役にたちますか?

タムヤンにはもっと射撃訓練に来るようにと伝えてください。(^o^) はっはっは

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ichironagata.com/blog/mt/mt-tb.cgi/1127

コメント(10)

健康維持のための運動としての武道?
太極拳とかボクササイズとかでしょうか?
私には、そっちの方が合ってそうです。
この年で乱闘等したら傷害罪ですし・・・
もっとも
「闘いにさいして、ここが死に場と心得よ」
と考えれば、その点もクリアされますね^^

以前に護身にペンを持つ事を指導されたので
クナイ入手は未だ先になりそうなので
レフィルが互換できるパーカーのペンを買いました。

ところが、問題が発生しました
やはりペンなので文字を書いてみました
すると・・・
なんと滑らかな書き味
まるで、氷上のフィギアスケーターの様
改めてペンをみると、優しい曲線で上品なデザイン
う~、このペンは芸術だ

市様すみません
私は、このペンを武器にできません

なんか変な内容になってすみません

武士道ですね~

イチローさん、こんばんわ。りくさん始めまして。
今時の日本で道場破りとは、素晴らしい事ですね。私は三十余年前に一度だけお相手をした事があるだけです。そのころは太極拳を学んでまだ数年と言うところでした。その時はおじさん、おばさんの健康の為の稽古が終わった後で、トモダチから実戦について学んでいました。お相手の方はかなりの現場をこなしているのがわかる方でした。特に中足が分厚く、凄まじい蹴りを持っているんだろうな、と思った事を今も覚えています。静かに稽古が終わるのを道場の隅で、正座して稽古が終わるまで待っていらっしゃいました。私たちは高校生で、先の方はどのような稽古をしているのか聞いただけでお帰りになりました。
時はその数年後、某実戦空手の道場に通いだしたのですが、そこは某有名実戦空手から独り立ちされた師範の元だったので、一度も道場破りの方はいらっしゃいませんでした。その代わり師範がお知り合いの某大学の空手部との対抗戦が、異文化交流でお互い維持の張り合いになり燃えました。
さて、私が一番多く経験したのは街中での、知らない方との異文化交流?です。その時に多く経験したのが「俺は○×空手をやっているんだ!」などと、自己紹介をする方が多いことです。私からすると自分の手の内を先に晒しているようなもので信じられませんでした。実戦では相手がどういう技、武器、戦法を持っているか解らない所が怖くもあるのですが?日本では侍時代に「やあやあ我こそは・・」と名のりを上げていた遺伝子が染み付いているのでしょうか?正々堂々としているのがやはり日本人の証でしょうか?皆さん、如何思われますか?

TROOPERさん、道場破りって自分の腕を試すという意味ではとても素晴らしいですよね。

スポーツやホビーとしての格闘と実践や護身として使える格闘は、ルールの有無等もともと似たようで異なる部分もありますね。僕は勿論後者の格闘を学ぶんだったら学びたいですね。

戦い、或いはそれに近いテクニックを学ぶときは心の教育も必要になってきそうですよね。適切な判断が出来れば強くなることは決して悪くはないでしょうね。

よく僕は射撃のインストラクターに成りたいと書いています。しかしもしかしたら、なれないかもかもしれないです。そうなったら今度は格闘のインストラクターになるのもアリなんじゃないかなと思っています。空手かブラジリアン柔術のどっちが良いですかとTROOPERさんに質問しましたが、まずは地元で習えて週一でもいいから通える場所を見つけそこから始めていきたいなと思っています。

僕が一番興味が有ると言っていたクラウ゛マガのサイトがあるので紹介しておきます。

http://www.kravmaga.co.jp

以前のコメントで僕と母親の銃についての言い争いも考えてみたら何だか馬鹿馬鹿しく思えてきました。

「何で俺こんなことでキレてんのかな」なんて思ってしまいましたね。

でもみんなで色んな意見を出し合うことが出来たので、それについては良かったですね。

初めてコメントいたします。

空手道場のくだり、
その話しをさっそく開陳されるあたり、
イチローさんの可愛さをちょっぴり感じました。

しかし、そんな環境で厳しく鍛えられて育った人間が
その程度の精神性しか持ち合わせていないというのは、
武道は精神の鍛錬に役立たないということでしょうか。
銃の腕前もかなりの域に達しているのですから、
ますますわからなくなりますね。

健全なる精神は健全なる肉体に宿るとも限らず、ですかね。

永田様
ご教授ありがとうございます。
永田様のおっしゃる事と似た事を、田村様もお話して下さいました。遠まわしに教えてくれていたようです。
私なりに咀嚼しました。
「相手が死ぬなら自分も死んでよい」
その精神、気合が、相手の隙を作り出す要因になる。
この見解は間違っていないでしょうか?
突然のコメントにご対応下さり、本当にありがとうございました。勉強になりました。今後の人生に生かします。

射撃訓練ですが、田村様とは以前お会いしたかぎり、連絡をとっておりません。時間を見つけて訓練に参加しようと思っておりますので、その際にお伝え致します。


市郎さん。射撃訓練、お邪魔させて下さい。
ここ最近BB弾しか撃っておらず、、、、
元々上手くありませんが、さらに勘が鈍っていると思います。
宜しくお願い致します。

りくさん。まず、田村様はやめてください。
何か勘違いされている様ですが、あれはマグレです。
たまたま勝てたので、調子に乗って自分の考えを話したまでです。もっとご自分に自信を持ってください。

TROOPERさん。はじめまして。
同感です。正々堂々戦う必要はないと思います。

すみませんmm
名前を入れずに投稿してしまいました。

イチローさん、タムヤンさん、ht1991さん、こんにちは。

ht1991さん、以前のコメントより気になっていたので、近況良い方向に行っているようで安心しました。
私も父よりのDV、母よりの言葉の暴力で一人暮らしが何十年と言う生活でした。
父は20余年前に亡くしましたが、母とは3年前より同居しています。孝行したい時に親は無し、と言いますが私は間に合って良かったと思っています。
イチローさんも仰っていた様に、一人になると言うのも良いとおもいますよ。後悔の無い時点までにまだ時間が有るでしょうから。

タムヤンさん、やはり日本人は変ですよね。私も戦闘中に禁じ手をいくつか寸止めで試して見ましたが、隙だらけでそのまま続きをやれば相手は深刻なダメイジを受けて倒せる事を確認しました。やはり大勢の目に触れるここでは詳しくは書けませんが、お解かり頂けると思います。

ひでかずさん、言い訳のようになりますが、男は10代後半から20台半ばまで若さゆえ、自分がどれほど強いのか?また世間で伝え聞く方々が本物か?と試したくなります。全員とは言いませんが私も含め、あまり誉められたものではなかったと思います。しかしまず大多数の者が、その後に気づいていると思います。

競技はいつか引退する時が来てしまいますが、武道とはまたイチローさんの仰る銃道は自分の生きる道であり、いつでも敵は自分の中にあり、死ぬまでけして終わらないものであります。
宮本武蔵の鍛錬とは千を持って鍛となし、万を持って錬とするように人は内面まで鍛えるのに時間がかかるのです。

ht1991さん、道場は良いですよ!クラヴマガやシステマが悪い訳ではなく、戦闘技は如何に効率良く素手で武装した相手を屠ると言うのが根底だと思いますので。唯一日本がアメリカより良いな、と思うのが戦いを学びたいと思った時に、これほど良い道場が身近に在る事でしょう。

こんにちは。 新潟の高橋です。無事に帰国しました。 スティールチャレンジではお世話になりました。ありがとうございました。

コメントする

このブログ記事について

このページは、Ichiroが2011年8月21日 08:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「注意を受けましたよ (;O;)」です。

次のブログ記事は「小隊陸曹」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。