市の仕事の最近のブログ記事

表紙試作

| コメント(9) | トラックバック(0)

A_NAG1710coverWith Blet.jpg

これはベレッタを使った表紙の試作なんです。
表紙は雑誌の顔みたいなもので、見る人の興味を
そそる絵でないといけなく、けっこー責任重大なんですよね〜

でもコンマガは自分から観るとツマンナイ方の絵を表紙にしてましたが
日本ではあれがいいんですかね〜?
どうも日米では好みの差があるんですよね〜

B_NAG1722okA2.jpg

今日はセッセと働いて1枚の写真を仕上げました。
フォトショップでの合成って楽しいですよ〜
んで、今月号のコンマガ見たらこの写真が載ってましたよん。
ずいぶん前に作ったフォトです。
アタマに浮かぶ発射の瞬間のイメイジ映像というわけですが、
いかがなものですか?

タマはバレル内を通してライフリングも付けてあるんですよ〜
芸がこまかいんですから・・・ふふふ (^。^)

IMG_1148.JPG

http://www.ironwooddesigns.com/IWDsite/IWDHome.html
昨日は、この会社の記事撮影でした。
木製ストックやハンドガードなどを作る工場です。
ここのマット社長は銃に対する高度な知識をもっており驚きました。
また行きたいところです。

NNAG4514.jpg

かなり忙しくて書き込みができません。
マグプル訓練のフォトは1600枚を超え
その中から300枚ほどの使えるものを選び
さらに90枚ほどに絞るんです。
んで実際に使うのは40枚ていどなんですね。

たとえばこのフォトなどはコスタの良さが
出ていて好きなんですが、使わないと想います。
背景の黄色がイイでしょ?

なのでコスタ ファンにプレゼントです。
好評なようでしたら他のも載せますよん♪

ガメラの映画

| コメント(23) | トラックバック(0)

IMG_0516.JPG

そのムカシ、突然電話がなりました。
受話器を取りました。「ハロー」
すると相手はいきなり
「あの表紙の8連カスタムリヴォルヴァを5000ダラで売れ」
と言いました。
「あれは試合用だから売れませんよ、ところでどなた?」
「ジョン ファサーノだ、わはははは」
彼とはそのあたりからのつきあいです。

ジョンはハリウッドでは名の知れたプロデューサーで
いろいろな映画を手がけています。
今は来年公開の「ガメラ」をやっているそうです。
ゴジラなどの怪獣が大好きで家にはすごいコレクションが
あります。

このJohn Fasanoさんとはたまに組んで仕事をします。
彼は銃に関してはプロなんです。
自分の気に入った銃があると記事を書いて雑誌に載せます。
そのときのフォトグラファーとしてヒロソガやワシと組む
わけです。今回はCZスナイパーライフルの撮影でした。

それはともかく、ガメラ映画が楽しみです。
このアイフォンにあるのがアメリカガメラで、描いたのは
ファサーノさん本人です。なかなかの絵描きさんでもあります。

Blog_Ichi0101.jpg

朝飯付きで4000円のホテルにいます。
隣の部屋にトモがいます。
明日は早朝より、某駐屯地に行きます。
この二級酒、なかなかおいしいです。

サンディエゴを回ってニューポートビーチに来とるでごんす。
マリアットちゅう高級ホテルに泊まらさせられたので部屋は豪華ながらマイクロオーヴンも湯沸かし器もないので玄米やラーメンを作れないでごわす。
じゃので、今日もジャンクフードの一日となるでごんす。
ほんだらばペンデルトンでの撮影に行くでごんす。

NNAG0286NVok.jpg

壁紙参号

| コメント(6) | トラックバック(0)

_NAG2938har.jpg


この雲と月は以前に使用した背景ですが、なんだか物足りなくて岩を土台として加えてみました。支えなくして立っている銃の不思議な存在感で超現実的な形象を感じてみたかったのです。明るい月夜ってこんなイメイジだったりしませんか? 言っちゃナンなんですが、ブルーをキレイに見せるのって難しいんですよ、ヘエンプイプイ(薩摩でユーモアをまじえて威張るときの表現です)

壁紙弐号

| コメント(2) | トラックバック(0)

006-HK30c.jpg


シュアファイヤの仕事をもらうには、これくらいの絵は創れないと追放される可能性があると考え、頑張った絵です。撃ったのはトモで、1/8000秒で撮りました。下のヤッキョウはオリジナルで上のは後で加えました。銃口付近の煙はオリジナルですがライトのビームをイカニモ自然っぽく見せたのがミソですね。こうして先に進んでいないとアメリカの競争では生き残れないのです。他人の真似は二流なのでオリジナリティーの勝負なんですよ。

壁紙市号

| コメント(5) | トラックバック(0)


これは想い出の深い絵なんです。ちゅうのは、始めて本格的に切り抜きをやってレイヤー作業で二つの背景を重ねたものなんです。よく見ると稚拙なんですが、でも銃に対するワシの気持ちがよく表れているのです。この夕日はウチの庭から撮りましたが、年に一度のチャンスなんですよ。355KBでアップしてみます。これでも小さいという人はユーテくだっさい。いくらでも大きくしますぜい。

2-ok.jpg


13-k.jpg

フロントグラスから傷クナイを抜き去り、コントラストとヒビの走りを調整し、そこに切り抜き画像を挿入するとこうなるんだよ。この絵を作りたいばかりに頑張ったとゆーわけ。ワシの仕事はノロいので、撮影→切り抜き→仕上げという行程に5時間はかかったよ。
自分の想う映像とキャメラが撮れる画像には大きな隔たりがあるわけで、それを自分の絵に近付ける助けになるのがフォトショップというものだね。PSはまさに奇跡の発明だよ。
デジカメはPSの入ったパソ子と連携してこそスゴイ威力を発揮するものなんだ。
ちなみにワシのPSはナマイキにもアドビのCS4とゆー強力なヤツ。実は先週手に入れた。その前はCS3で、それもゼンゼン良かった。なんでも学割(半額ほど)とかなんとか安く買う方法もあるようなので欲しい人はよく調べて買おう。定価だと20万円くらいもしてモッタイナイかもしれないからね。
これを書いてる今、日本から「はじめてのフォトショップ CS4」という本が届いた。LEMのピギタンが送ってくれたものよ。この本のオビには「はじめてでもプロ級」と書いてあるよ。
サーサ、もっと勉強するぞぉおおぉぉ!





12-k.jpg

これはトモが撮影したものだけど、一番の狙いは、このフォトをもっとキレイに見せることにあったんよ。つまりクナイを新品にすり替えようという作戦だね。
11-k.jpg

グリーンの背景はただ遊びなだけで、実はこういった使い方を目指して切り抜いたんよ。
クナイの影なんか入れちゃって芸のこまかいこと・・ククク、でも影がちょっと太めだね。まだ未熟なもんで。コツとしては、背景フォトを撮影するときもクナイとの組み合わせを意識して画面の右側にゆとりを持たせて撮るこっちゃね。
10-k.jpg

浮いてる感じをやわらげるために緑の影を作ってみた。こっちの方が気分としてイイよね? ワシは影の無い絵はニガテちゅうか、好きになれないんだよね。
08-k.jpg

んでもってクナイの輪郭をテイネイになぞっ
て背景を切り抜くわけだ。これは簡単な作業
で誰にでもできるよ。そんでもってここでは
グリーンな背景を作ってそこに乗せた。まず
は料理の準備というわけね。

84-ol.jpg


んでもって白い空を不気味感のある
曇り空にし画像全体はコントラスト
をつけて明るくし、
オマケに他の写真から飛び散った
ガラス片を移植して完成ですねん。
つまり三重映像ですねん。
これくらい簡単で、2時間ばかしで
できますねん。なんたてワシみたいな
パソ音痴でもやってるんやから
誰でも出来ますねん。
ちなみに、フォトショップを教えて
くれたのはトモの奥さんとナナリン、
息子のランディーとユージーン
ですねん。それと教科書を5冊ばかし
読みましたねん。
ワシ、ガッコの学習なんか大キライ
なんやけんど、こんなのになると
楽しくてシツコク粘ってベンキョ
するねん。皆もそうやろ?
ホーテー式やブンポーやリロンよっか
世の中で真っ直ぐに役立つモンを
先に学びたいわな〜・・・

NNAG2356.jpg


なんかエエ雲はあらへんかち思て
宇津井ケンのスーパージャイアンツに頼んで
火星だの冥王星だのにつれてって
もろて空見たんやけど、あっちの空は
真っ暗やったけん、やはり地球で曇り空を
待って撮ったねん。キレイな雲やぁ〜!
これウロコ雲ちゅうのかいな?
これを使こてみよう思たねん。

TOMO0445bit8.jpg


この写真はトモが撮ってくれたんやけど
天気が悪くてコントラスト低いし
曇り空は青空でなく退屈な白一色やんけ。
タイミングはええし構図もええけど
いまひとつイヤやんか?

NNAG0510.jpg


オリジナルはなんか色気がたりんなぁ〜
ち思たら、ちょちょいとカラーバランス
をイジリ倒して赤にでも青にで
も変えられるねん。
昔はフィルターを使ったもんやけど
今は後でどうにでもなりますねん。
これなんか極めて初歩ですねん。
つまり、自分のイメイジによって
絵作りをする、これがフォトショップ
ですねん。フォトグラファーにとって
デジカメは「奇跡の贈り物」やねん。
ほんまでっせ、これ!

NNAG0510OR.jpg


フォトショップて何ですか?
ショップて買い物ちゅう意味やけん
イチローさんは写真を仕入れて
売るんですか?
ワテはてっきり自分で撮るんやて
思ってましたねん。
と、いう質問がメル友の関西恐竜から
きましたねん。
そこでフォトショップとはナンゾヤを
説明させていただきますわん。
まずこの写真を見てくんなはれ。
これオリジナルですねん。
自分で撮りましたねん。
仕入れちゃおらんちゅうに・・・

47-tpcovertif.jpg

五台のパトカー

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_1636.jpg

夜の撮影にはパトカーを五台使った。
うち三台は、ライトを使うために配置した。
あたりがコーコーと明るくて殺人現場の
ような雰囲気だ。
ここのポリスも張り切って協力してくれる。
ほんとにアメリカンポリスはフレンドリー
なので嬉しい。

ロケハン

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_1629.jpg

この機知害たちはそれほど狂っているのではなく、
ちょっと変わった背景がほしいので、
歩き回ってこの場所をみつけ、
キャメラ写りはどーかと試し撮りをしたところよん。
となりは、HK社のロウエンフォースメント販売の人。
メイルでのやりとりはあったが、会うのは初めてで
すごくしっかりしていながらユーモアのある人だ。
朝、いきなり、
"イーチ、オレのクルマに三脚を入れといたろ、
あれは20ダラで売り飛ばしたからな"
と言った。そこですかさず、
"なんで最初にワシに売らんの、ワシなら50ダラ払うのに"
と切り返し、すっかり仲良しになった。
彼は、サンタモニカPDのサージェントだった人だ。

IMG_1585.jpg

ごらんの通り、集められた装備などで
ポリスのミーティング ルームが埋まってます。
すごくオカネがかかってます。
もしもフォトグラファー様がしくじったら
ちぇすとーん! と叫びながら
切腹または屋久島に逃げるかです。
やり直しはききません。
ワンショット ワン キルなんです。
これが緊張の理由です。
これが終わればキンチョー 力取り線香なのです。
ちなみに「力取り」の力はチカラと書きました。
ちなみに若いころ「チカラうどん」を「かうどん」と
ヤケになって呼んでいました。
はい、お察しのとおり、今夜はワインを
ごくごくとグラスに2杯も飲んで、2杯気分なのです。
Good night! とヒッチコック調でお休みを・・・

撮影スタッフ

| コメント(2) | トラックバック(0)

IMG_1580.jpg

元マリーンのスナイパーティーム教官、
元サンタモニカPDのサージェント、
そして現役のSWATティーム。
いずれもこの世界で知られた連中だ。
ミリタリーやポリスで活躍した者は、
リタイヤしてから企業に就職し
再び活躍する。日本の天下りと違い、
彼らは現場を踏んだプロなので本当に活躍する。
まずは腹ごしらえにチキンのバーベキューを食う。
コールスローというキャベツを千切りにしてドレッスィングで
あえたサラダはフォトグラファー様の好物なので
ゴキゲンなのでアル。

IMG_1579.jpg

窓辺で撮ってみた、
ちょっとさわやかかな・・・
しかし今三つとゆーところ。
クナイの上を風が吹く、だって、ブッ
風なんか吹いとらん、だって窓は閉まってるしの。ぷぷっ
あー、べんきょした!
ボチボチお迎えが来るんでしたくするっち。

IMG_1576.jpg

そこでクナイを撮影してみる。
感動的な広告写真へのあくなき追求である。
チェストー!
市兵衛は斬った。シャッターをだ。
しゃった、とシャッターはきれた。
なんじゃこりゃ?
きたない絵だな、キャメラが悪いのかいな・・・
いえいえ、写真はキャメラではなく、使い方なんです。
キャメラアングルと光のアングルが
ビシリと一致しないとキレイな絵にならないのです。
しかしてこれは「虚匠の駄作」とゆーことで・・・

ブログの新兵器

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_1575.jpg
どげんすればよかろか?
一眼レフではデカすぎる・・・
熟考したすえ、浮かんできたのが
キャノンのTX1とゆーヤツ。
これを愛する妻から強奪しブログ専用キャメラ
として使用する。
まさに鬼神の発想である。
「愛は限りなく奪う」これでイイのだ。
盗んでも殺してでもワタシは生きる!
こうして市彦はTX1を持ってテキサスに
風と共に去りぬったのである。
そしてこんな写真を撮って喜んでいる。
まさに奇人ではないか。
しかしこれでイイのである。

IMG_1570.jpg

クライアントがヒルトンの部屋をくれて、
朝食券もあるんだけどオイラは部屋で食べるんだよ。
玄米パックをチンしてラーメンにお湯を注いで完成、歓声。
スタッフは朝から撮影のための支度をしてくれ、
フォトグラファー様の出番は午後からでイイんだと。
で、この広告撮影に関しては企業ヒミツとやらで、
ちょっとの間だけは内容を漏らせないんだと。
フォート フッドはキャンセルにして、
ポリスの協力で撮影するんだと。
おかげでコメントへの返事が書けて嬉しかよ。
ちょっとばかしブログにも慣れたしね。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち市の仕事カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは市からの返事です。

次のカテゴリは市よりの便りです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。