TACTICAL LIFEの最近のブログ記事

指宿さんの長男君へ、
ゲイムもやらず一生懸命に生きている君が試験で勝てなかったとは
意外です。たぶん試験の内容と君の勉強とのあいだにズレがあって
運がなかったのではないのだろうか、と考えています。
人生での勝負とはそういう場合が多いんですよ。
しょせん、人の実力なんて試験などで計れるものではありません。
これは君を力づけるために気休めを言っているのではなく、
世の中の仕組みがそうなんですね。
つまり、我々は本人の人格や能力よりも「運」というものに左右
される場合が多いということです。
で、良い運を掴みたかったら、それをゲットするために粘り強い
努力が必要となります。

さて、運を掴むということは、
たとえば、君がいつも川に行って魚を探している、すると
あるとき突然に目の前に大きな魚が泳いでくる、
それを咄嗟に掴み穫る、、といったようなことです。

ここで大切なことは、いくら川に行っても魚はいない、
だからと言って家に閉じこもっていたらチャンスはゼロだと
いうこと。つまり行動的である必要がありますね。

それと、いざ魚を見つけた瞬間、そいつに飛びつくという根性、
そして掴む技術と体力が必要なんです。

解りやすく言うと、
報道関係に就きたい君は、その厳しい競争に参加するわけで、
まず決して「へこたれない」という根性を持つこと。
デカい相手とスモウをとるつもりで幾度投げられても
立ち上がり、かかってゆくような強い粘りが要ります。
同時に、報道とは何か、現実にはどういう仕事をするのか、
と、そういったことを識るために学ぶことも大切です。
社会に出られたら即戦力として仕事ができるよう、学生のうちから
ひたすらに勉強することです。

そして、どちらかというと試験に受かってエスカレイター
に乗ってスンナリと昇るよりも、幾度も幾度もシクジッて、
打たれ強い人格を身につけたほうが、それが将来的な武器となって
良いだろうとワシは想っています。

なぁ〜に、公立学校というターゲットをミスッたら、
心にダメイジは残っても、経済的に困窮しても、
とにかく次のターゲットを狙って撃たなければならないわけで、
これしきでへこたれるのではイケナイよ。

ワシが鹿児島市の甲東中学校に通っていたころの夢は
「早く就職して食うにも困っている親に送金したい」ということで、
三年生になったら早々と名古屋の木工所で働くことを決めていました。
本当は無線技士になり、写真を趣味にしたかったのですが、まずは
生きて食うことが最優先だったのです。
しかし、卒業直前に兄に呼ばれて東京に出ることになり
進路は急転換しましたが・・・。
これも運ですね。

長男君は、試験の結果もさながら、親に申し訳ないという気持ちで
かなりツライのではないかと、、でも親はそんな君を包み込むくらいの
愛を充分に備えているので自分の過去は許していいかと、、
それよっか、次なる挑戦のためにしっかりと勉強し始めるのが
なによりの恩返しですよ。

今こそ「泣くよっかひっ跳べ」のときです。
自分の復元力を親に見せたら安心してもらえますよ。
で、こうして親子の絆は強くなるものです。

今日はこれくらいにします。

タバコ吸う人はそれを愛しているのではなく、中毒で哀させられているんです。心をタバコに侵され牛耳られているんです。煙に巻かれているんです。自分の心を操縦できなくなっているんです。ガッツがなくタバコのいいなりなんです。このままダメになる人々なんです。。。ハッと気がついて止める人もいますが、そういう人は精神の勝ち組に入れるタイプですが、めったにはいません。それには強い決断力と、新世界に向かうという勇気さえ必要になるので、そういう人はほとんどいません。いるとしたら天から選ばれた人です。でもそんな人は極めて少なく、ほとんどのタバコ吸いは身体がしぼみ運動能力が衰え、やがては癌などに侵されて消えてゆくんです。。タバコを止められる人はあまりいません。止められる人は、その時点ですでに立派なんです、が、そこらの無能な人間だとけっして止めることができません。。。。ここまで書かれると「なにー! オレは止められるぞー!」と想う人もいます、が、想うだけでけっして実行しません。なぜって彼らは無能で思考力がないからなんです。。と、もうここまで書かれても動こうとはしません。なぜって彼らは本当に賢くない人々なんですからね。。「どーせおらー無能でバカだよぉ〜、、タバコ吸ってる人で長生きしてるのもいる死なぁ〜」とこんな調子なんです。世の中にはそういった人間が大多数なんです。そして大多数の人間は無能なんです。賢い人ってほんの一握りしかいないんです。。。考えてもみてくださいな、君には知人がいっぱいいるでしょ? そん中で「友人」と認定できる人って何人います? 尊敬できる友人ってどれだけいます?。。タバコさえも止められない人をどう尊敬できます? もっと延々と続けたいですが、原稿書きにもどります〜。。。嗚呼、気持ちがスッキリしたわい。。。。で、タバコに脳ミソを侵されている諸君! どうせいつかは止めないといかんのよ。倒れて医者に止められるか、入院と同時に止めさせられるか、手遅れで死ぬのと同時に吸えなくなるのか、どうせそんなところだよ。ここでひとつ10年後の未来にたって過去の自分を見つめてごらんよ。あの時点でやめられていたら今の自分は強くなっていた、なんて想わないかい? そーなんだよ、たった今、止めると決断しタバコを捨てるんだ! 今なら充分に間に合うんだよ。いつかは止めるのだから、それは今がいいんだよ。\(^O^)/。。。もしもこれを読んでタバコを止めるという人がいたら書き込んでください。いないとは想いますが・・・。いたら嬉しいけど・・・。でもいないでしょうね。・・・でもほんといたら嬉しいな・・・おお、仕事にもどらなくっちゃ〜\(◎o◎)/!。。
そうそうこんなバカが現実にいましたよ。「●○さん、タバコは身体によくないから止めたらどうです? 」とワシは言いました、すると「オレねぇ〜、他人に言われて止めるなんて嫌いなんだよぉ〜」。。。どーですこれ? 愚の骨頂ですよね? バカちゅうか愚かですよね? こんな奴とはつきあえませんよね? ほんとにイヤな野郎ですよね? 二度と会う価値もありまんよね?。。。ワシはこうして交際相手を仕分けしてきました。もともと人嫌いなので、どうしても会うのなら尊敬できる人とだけ会いたいです。素晴らしい人だったらどんどん逢いにいきたいですよ。。尊敬できる人には近付いて学び、愚か者とは会わない。これってすごく良い方法ですよ。。。でも今は愚か者とも会っています。ちょっと教育してやりたいので・・・。中には成長できる若者もいるんですよね。。。嗚呼、仕事にもどらなくっちゃ〜!
そうそうかくいうワシも愚か者ではあるんですよ。それは事実。だども、タバコに犯されて生きるほどは愚かじゃないと・・・まあそれほど変わりませんがね。。でもさ、タバコや麻薬みたいな有害なものを断固としてはね除けるワシは、これが生きる強さにつながっているんですよね。これが価値観ってやつですよね。成功の源ともいえますよね。

ミエンゲル係数

| コメント(9) | トラックバック(0)

 第1話
 監視のスキをついて1羽の名古屋コーチンが快晴の青空を突いて飛翔した。
 彼は養鶏所で飼われていたニワトリだ。
 コーチン種なので黄褐色の地味な服装をしていた。容貌もハンサムという評価をうけてはいなかった。だが、愛知県で改良されていたので体格は良かった。
 大空高くで上昇気流に乗ったコーチンは住み家を物色した。やがて、奥入瀬川の上流に狙いをつけ翼を三角にして降下する。そこにあった岩の上に慌ただしい様子で不器用に降り立つ。
 それを藪からじっと見ている白い鳥がいた。
 彼女はオイラセ川に隠れ住んでいた白色レグホンの美人鶏だった。
 羽色が白く美しいレグホンは鶏界の白鳥としてコケココバレー団に入れる資格さえ持っていた。そんなレグホン娘だったが、コーチンの行動力に惚れて恋をした。
 二人は、正式ではなかったが結婚し、早熟で多産なレグホンは大勢の子供を生み、大家族に恵まれながらコーチンは楽しく生きることができた。
 人生だけが出逢いだ、とは限らない。
 鶏生も出逢いなのだ。なんのこっちゃ?

     市郎の
    タクティカル ライフ 2
     ★ 玄米を食べよう ★
  
 えー、今回は電車の中とか公衆の面前で読まないこと。君が健康な人だったら"ぎゃははは"と独りして笑ってしまうからだ。
 それと、ウン子の描写が続くので、イヤだったら飛ばして読んでくんろ。一度くらいはハメをハズしてクソネタを書きたいのだよ。これも表現力へのチャレンジの一環なんだ。すまんね。
 それでは独りになって・・・ハイ始まり。

 コンバット マガジンの今月号よりタクティカル ライフの連載を始めた。
 稲葉編集長にお願いし、雑誌掲載から2週間遅れで公開できることになった。
 ブログを整備してくれているヨシに頼んで
読者からのコメントも受けられるようにしたので感想など書いてくれると嬉しい。
 ただし、君のコメントをブログに載せたり返事を書いたりする時間は限られているので、ワシ自身が読むだけにとどまる可能性もある。
 しかし君の感想文はしっかりと読みます!
     ではっ!      市郞
  イチローのエッセイ集
          タクティカル ライフ 1 

 人生は出逢いのドラマだ 

 「幸せ」
 これが目標なのだと想う。
 大金を握りしめるとか、有名になるとかの目標を持っていたとしても、それはそれでよいが、そこからくるブレのために痛い精神の代償を支払うことになる。それより、もっと遠いところにある「幸せ」というターゲットを見失ってはイケナイと想う。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちTACTICAL LIFEカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはR226です。

次のカテゴリはクナイです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。